丸井今井

(一般)
まるいいまい

北海道の老舗百貨店

かつては、ファッションビルの「札幌マルサ」という店舗もあった。

地元では「丸井さん」と、「さん付け」で呼ぶ人も多いようだ。

1872年(明治5年)創業。
北海道外で「丸井」といえば関東を中心に展開している百貨小売業の丸井だが、こちらは1931年(昭和6年)創業で丸井今井との関係はない。

2005年、大手百貨店の伊勢丹と提携。
2005年10月23日に小樽店・苫小牧店が、また2006年8月20日には釧路店も惜しまれつつ閉店となった。
かつては地域一番店を誇っていたが、JR札幌駅に直結した駅ナカの好立地を得た大丸札幌店に地域一番店の座を奪われて久しく、三越と伊勢丹の経営統合を機に、同じ大通に立地する札幌三越と連携した動きが見られる。

経営再建過程で不採算事業会社を新設して会社分割を行った際に、室蘭店は当時営業していた小樽・苫小牧・釧路の3店舗と合わせて不採算事業関連会社とともに丸井今井本体から切り離されており、前途は楽観視できないと思われていた。

2009年1月29日、民事再生法の適用を受けることとなった。再建にあたってのスポンサーとして、かねてから提携していた伊勢丹([[三越伊勢丹ホールディングス]])と[[高島屋]]が名乗りを上げた。当時、北海道に系列の店舗をもっていなかった高島屋は札幌・函館・旭川の三店存続方針を掲げ、札幌店の存続を優先させた三越伊勢丹との間で争奪戦になったが、両社の条件面を検討した結果、三越伊勢丹がスポンサーとなって再建を図ることになった。

2009年7月31日、札幌丸井今井函館丸井今井三越伊勢丹ホールディングスに事業譲渡された。
2009年7月20日、旭川店が閉店。
2010年1月20日、室蘭店が閉店。現行の札幌・函館二店体制となる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ