五畿七道

(地理)
ごきしちどう

古代日本の地方区分。現在の近畿地方中心部の5箇国を指す五畿と、それ以外の地方を7つに分けた七道のこと。
転じて「日本全国」の意味にも使う。

  • 五畿
    • 大和
    • 山城
    • 河内
    • 和泉*1
    • 摂津
  • 七道
    • 東海道
    • 東山道
    • 北陸道
    • 山陰道
    • 山陽道
    • 南海道
    • 西海道

*1:和泉が河内から分離するまでは四畿内だった

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ