仲ノ町駅

(地理)
なかのちょうえき

仲ノ町駅 銚子電気鉄道

仲ノ町駅は、千葉県銚子市新生町に存在する、銚子電気鉄道銚子電鉄銚子電気鉄道線の駅。
単式ホーム1面1線を有する地上駅で、側線および車庫を有する。かつて構内にあった変電所は笠上黒生駅へと移転し、その跡地に名物「銚電のぬれ煎餅」の製造工場が建てられている。
駅舎は銚子遊覧鉄道時代から建つ木造平屋建てで、銚子電気鉄道の本社も併設されている。
また、観音駅よりホームに、「しあわせ三像」のひとつ、「貧乏がサル」像が設置されている。

沿革

1913年12月28日、銚子遊覧鉄道の駅として開業。
1917年11月21日、銚子遊覧鉄道の廃線と共に廃止。
1923年7月5日、銚子遊覧鉄道時代の施設を利用し、銚子鉄道の駅として再び開業。
1982年11月1日、宅急便の取り次ぎ開始。
1984年2月1日、貨物取り扱い廃止。
2007年8月4日、「貧乏が去る」像設置。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ