内之浦宇宙空間観測所

(サイエンス)
うちのうらうちゅうくうかんかんそ

科学観測ロケットや科学衛星の、打ち上げや運用などを行う施設。ミューシリーズ、現在はM-Vロケットの打ち上げ施設がある。H-IIAロケットを打ち上げる種子島宇宙センターと並ぶ、日本の大型ロケット打ち上げの最前線である。
東京大学生産技術研究所(現在の宇宙科学研究本部:ISAS)が1962年に、秋田県の道川海岸から移設して作った。
日本初の人工衛星「おおすみ」は、1970年2月11日にここから打ち上げられている。世界一小さいロケット発射基地といわれる。

種子島宇宙センターと違い陸に近いため、少しでも早くロケットを海上に出そうということから、ここより発射されるロケットは斜めに傾いたランチャーから発射されている。
写真提供:JAXA

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ