加古川線

(地理)
かこがわせん

兵庫県にある、JR西日本の路線(地方交通線)。

路線

加古川駅谷川駅間 48.5km、単線。
2004年12月19日より電化され、供用が開始された。

列車

普通列車のみ。加古川駅厄神駅間はほぼ1時間に2本、厄神駅西脇市駅間はほぼ1時間に1本、西脇市駅谷川駅間は平日1日9往復の運転。
電化前はキハ40・47系キハ37というディーゼルカーで運転されていたが、電化後は環状線などで走っている103系電車の改造車両および125系電車で運転されている。

歴史

1913年4月1日 播州鉄道 加古川町駅国包駅(現・厄神駅)間 開業
1913年8月10日 播州鉄道 国包駅−西脇駅(鍛冶屋線=現存せず)間 開業
1915年5月14日 加古川町駅加古川駅に統合
1923年12月21日 播州鉄道は路線を播但鉄道に譲渡
1924年12月27日 播但鉄道 野村駅(現・西脇市駅)−谷川駅間 開業により全通
1943年6月1日 播但鉄道を国有化
1995年1月〜4月 阪神大震災 東海道線・山陽線の不通区間に対する迂回ルートの一つとして活用
2004年12月19日 加古川駅谷川駅間 全線電化開業

駅と接続路線

駅名 よみがな
“えき”は略
接続路線
加古川駅 かこがわ JR神戸線
日岡駅 ひおか -
神野駅 かんの -
厄神駅 やくじん -
市場駅 いちば -
小野町駅 おのまち -
粟生駅 あお 神戸電鉄粟生線北条鉄道
河合西駅 かわいにし -
青野ケ原駅 あおのがはら -
社町駅 やしろちょう -
滝野駅 たきの -
滝駅 たき -
西脇市駅 にしわきし -
新西脇駅 しんにしわき -
比延駅 ひえ -
日本へそ公園駅 にほんへそこうえん -
黒田庄駅 くろだしょう -
本黒田駅 ほんくろだ -
船町口駅 ふなまちぐち -
久下村駅 くげむら -
谷川駅 たにかわ 福知山線


リスト::鉄道路線

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ