千鳥ケ淵戦没者墓苑

(地理)
ちどりがふちせんぼつしゃぼえん

英文表記:Chidorigafuchi National Cemetery
東京都千代田区三番町にある無名戦没者のための墓苑・日本の戦没者慰霊施設
1959年(昭和34年)に政府によって元・宮内庁管理地につくられた。
第二次世界大戦の戦没者の遺骨のうち、遺族に引き渡すことができなかった約35万柱の無名遺骨を安置している。公園としての性格を有する墓地公園とされており、環境省が所管する国民公園等のひとつである。
環境省千鳥ケ淵戦没者墓苑管理事務所が管理している。また、公益財団法人千鳥ケ淵戦没者墓苑奉仕会が清掃等維持管理に協力している。

昭和天皇は竣工の際に
「国のためいのちささげし人々のことを思えばむねせまりくる」
という短歌を下賜された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ