台記

台記

(読書)
たいき

宇槐記槐記とも。
平安時代末期の貴族、藤原頼長の日記。
著者、頼長は保元の乱崇徳上皇方についたことでも有名。


当時の宮中の様子を記す貴重な史料。
…なのだが、院政期の宮中では一般的だった衆道男色の様子がありありと書かれているため、一部のお嬢さん方にはそういう書として知られてしまっている。