保元の乱

社会

保元の乱

ほうげんのらん

保元元年(1156)、鳥羽法皇の死去後に起こった戦乱。

後白河天皇方の平清盛源義朝らの夜討ちにより崇徳上皇方は敗北。藤原頼長は流れ矢の傷がもとで死去。源為義平忠正は捕らわれて斬罪。源為朝伊豆大島へ流罪。崇徳上皇讃岐に配流となった。

慈円の『愚管抄』には、武者の世は保元の乱から始まったと書かれている。