国道5号線

国道5号線

(地理)
こくどうごごうせん

函館と札幌とを結ぶ一般国道。JR函館線のルートの一部にほぼ一致する。
函館から大沼付近を通過、森町からは噴火湾沿いを経由し、長万部で国道37号線と分かれ後志の山間を北へ縦断。余市から小樽市銭函までは石狩湾沿いを経由し、札幌市手稲区を抜ける。札幌市西区宮の沢からは札幌新道となっている。麻生からは創成川沿いを南下し、札幌都心へ。
道南の七飯近辺から函館付近には日本の道百景の『赤松街道』があるが、最近では函館新道が開通し迂回する形になっている。

起点

北海道函館市(函館駅前)

終点

北海道札幌市中央区(北1東1・北1西1交叉点:国道12号線交点)

主な経由地

  • 八雲町
  • 長万部町
  • ニセコ町
  • 倶知安町
  • 余市町
  • 小樽市

道の駅

  • YOU・遊・もり
  • くろまつない
  • らんこし・ふるさとの丘
  • ニセコビュープラザ

並行する自動車専用道路

  • 函館新道(R5の一部)
  • 道央自動車道・国縫IC〜長万部IC
  • 札樽自動車道・小樽IC〜札幌北IC

新着ブログ: 国道5号線