地役権

(社会)
ちえきけん

民法280条による定義

設定行為で定めた目的に従い、他人の土地を自己の土地の便益に供する権利

関連キーワード

用益物権

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ