安達泰盛

(一般)
あだちやすもり

鎌倉幕府の有力御家人。秋田城介・陸奥守。評定衆・引付頭人。
妹を養女として執権北条時宗に嫁がせ、得宗外戚としても重きをなした。
元寇の難局にあたり北条時宗を支え、文永の役後には肥後守護となって、息子盛宗を守護代として現地に派遣した。
また、御恩奉行であった泰盛は功績を認めてもらうため訪れた竹崎季長の訴えを聞き、恩賞を取り計らっている。竹崎はその恩を忘れず、「蒙古襲来絵詞」には泰盛の姿も描かれている。
北条時宗が亡くなると、その跡を継いだ北条貞時の外祖父である泰盛が政権を主導するが、内管領平頼綱と対立。貞時の推戴に成功した平頼綱との合戦の末、泰盛以下安達一族とその与党は討たれた。(霜月騒動)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ