川島裕二

(音楽)
かわしまゆうじ

1960年生まれ。キーボード奏者。
つのだひろのバンド「ジャップスギャップ」にて若干19歳でデビュー。
1980年頃に井上陽水のバックバンドに起用され、以降、主にKITTY系の星勝や矢野誠セッションに数多く参加する。(上田正樹など)


また、板倉文やPINKのメンバーと、太田裕美などのアレンジや作曲を行うほか、越美晴や南佳孝、ちわきまゆみのユニットMenuのレコーデイングやライブに参加。
土屋昌己のレコーデイングに参加し、後に小比類巻かおるGLAYの1STにも参加する事になる.
スタジオミュージシャンとしても引っ張りだこで安全地帯のサポートメンバーとなる。


1983年、京都のデイスコ、「クラブモダン」のスタッフを中心に結成されたニューウエーブバンド「EP-4」に加入。


独特な世界を持つシンガー、原マスミの1st&2ndアルバムをプロデユースし、「くじら」の1STアルバムに全面参加したほか、ニューウエーブ集団であったPINKやちわきまゆみのレコーデイングに参加。


1986年にはオムニバスアルバム『別天地』にピンクやキリングタイムのメンバーを迎え 自身のユニットUPLMで2曲参加。
PINKの矢壁アツノブとユニット”ドラムトラックス”を結成する。


手塚眞のプロデュースアルバム「ファンシイダンス」に参加。小川美潮のライブバンド”エウロパ”に約1年参加する。
板倉文メッケン青山純矢壁アツノブとバンド”シンクロヘヴン”を結成、彼がドラマ『お茶の間』の音楽の一部を担当し、1曲、シンクロヘヴンの曲が収録される。


その他、参加レコーデング作品としては、中崎英也倉本ひとみDr.Tommy白竜窪田晴男ZELDATHE東西南北谷山浩子大沢誉志幸三上博史HALO喜納友子アマゾンズ三波春夫高橋洋子ゴンチチ溝口肇戸田誠司福岡ユタカ玉置浩二などがある。


長年、井上陽水のレコーデイング、星勝セッションや板倉文の音楽制作に参加し続けるほか、織田哲郎らの「Don’t Look Back」や布袋寅泰ウヨンタナのサポートを中心に活動。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ