後藤又兵衛

(読書)
ごとうまたべえ

1560年〜1615年

戦国武将。黒田家臣。本名後藤基次
最初は別所氏に仕えていたが、のち、黒田如水親子に仕えて勇猛で知られた。
黒田氏の筑前入封後、1万6千石を領し小隈城主となる。が、黒田長政とはそりが合わなかったため浪人となる。
各大名から誘いを受けたが、長政の妨害によって再士官を果たせなかったとされる。
その後、大坂の陣の際に豊臣氏の招きを受けて大坂に入城。夏の陣の際に道明寺河原の戦いで戦死している。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ