必殺仕切人

(テレビ)
ひっさつしきりにん

必殺仕事人IV → 必殺仕切人 → 必殺仕事人V

人気時代劇「必殺シリーズ」第22弾。豪華な配役と派手な殺しショーが話題となった作品である。

1984年(昭和59年)8月31日より12月28日まで全18回にわたって放送された。


仕事人シリーズで人気を博したキャラクター・三味線屋勇次をスピンオフさせ、『必殺仕舞人』で活躍した京マチ子高橋悦史西崎みどりをキャスティング。更に、『必殺からくり人』シリーズでお馴染みの常連・芦屋雁之助、『太陽にほえろ!』の小野寺昭、ジャニーズの若手・山本陽一など、シリーズ屈指の豪華メンバーが起用された。

当時、必殺シリーズのプロデューサーであった山内久司(朝日放送)は、世間が必殺ブームに沸き返る中「これからは主水と勇次の二枚看板で行きます」と今後の必殺シリーズの方向性を明確にし、事実必殺シリーズ歴代作品において最高視聴率も記録したが、終わってみれば時代性無視、話題性重視で中身の無い作品として、シリーズのファンからは酷評されることが多い。

      • -

特に、物語の根幹となる時代設定が破綻。第1話、第2話は作品の設定固めとして手堅い作劇がなされているが、第3話で江戸にピラミッドが出現し、第4話で狼男が出現、第5話では鳥人間コンテストが開催されるなど、『必殺仕事人IV』で顕著になりはじめた現代社会へのストレートな関連付けがピークを迎えたことにより、古参のファンの間からは見放される形となった。

また、出演者も揃わないことが多く、第6話で高橋悦史が降板。また、主演の京マチ子も出演しない期間があるなど、足並みが揃わない作品でもあった。

しかしながらトリの殺しは大変豪華で、中でも芦屋雁之助演じる勘平の殺しも途中で変更し、当時大流行であったプロレスを取り入れるなど、話題性に長けた演出が人気を呼んだ。

バラエティー色が強く、本格的な時代劇を期待すると拍子抜けをするかもしれないが、華麗な殺しショーとして割り切った楽しみ方が出来る作品とも言える。

ナレーション、あらすじ、スタッフ、キャスト、登場人物紹介、各話タイトル

ナレーション

花が咲いても 人は泣き

その泣き声は蝉時雨

月は晴れても 心は闇で

逃げてさ迷う 雪の中

一年三百六十五日

鴉の鳴かぬ 日はあれど

悪人笑わぬ 日とてない

恨みを断ち切る 仕切人

浮世の気晴らし なすってくだせえ

(作:山内久司/語り:市川段四郎

内容

大奥中臈頭・お国(京マチ子)と、それに仕える女中・お清(西崎みどり)は、大奥の醜い権力闘争に巻き込まれ、対立関係にあった歌橋(谷口香)によって罠に嵌められ大奥を追放の身となってしまう。

市井の暮らしなど全く分からず、また無一文で大奥を追放された二人の姿を見て哀れと思った御広敷御用人・虎田龍之介(高橋悦史)は施しを与えるのであった。

大奥の権力を一手に握ることとなった歌橋は、自らの権力を維持するため、将軍と関係を結び赤子を宿した女中たちを斬殺していく。

将軍のお種を宿した女中のうち、お袖(井上ユカリ)だけは身の危険を感じ、お宿下がりとして生家である井筒屋へと身を隠した。城外で始末ができないことを歯痒く感じた歌橋は、金を殺しを請け負う仕切人の存在を知り、お袖殺しを命じるのであった。

中村主水と別れ一匹狼となった勇次(中条きよし)は、今では殺し屋稼業から足を洗っていた。そんなある日、仕切人の元締・鬼アザミ(菅貫太郎)から呼び出しを受ける。大きな仕事を引き受けたために、助っ人を欲していた鬼アザミは勇次をスカウト。鬼アザミが受けた仕事というのは、実は歌橋からの依頼であるのだが、依頼の筋を知らされない勇次は、渋々依頼を引き受けるのであった。

大奥を追放されたお国とお清は、長屋に住むこととなる。庶民の暮らしなど全く分からない二人に、同じ長屋の住人であるお勝(ひし美ゆり子)と勘平(芦屋雁之助)は優しく接するのであった。

易者として第二のスタートを切ったお国であったが、庶民の暮らしには慣れないことばかり。そんな中、お宿下がりとして市中に逃げだしたお袖と出会ったお国は、歌橋の卑劣な行為を耳にする。そして、仇を討ちたいと願うお袖は、金で恨みを晴らす仕切人を探しているのだ。その事について相談しようと虎田龍之介を訪ねるのだが、大奥での変死事件を調べたことにより歌橋の機嫌を損ね、御役御免となり、武士を捨てた後であった……。

お袖とお国がコンタクトを取っていたことを知った鬼アザミは、早速お国を殺すため、仕立て屋の新吉(小野寺昭)に命じて勇次を動かし、二人でお国を始末しようとするが、お国のあどけない純粋な言葉に、二人は仕掛けることが出来なかった。

一方、鬼アザミたちは井筒屋を強襲。一家を斬殺する。お国が駆けつけたときには、お袖は虫の息であり、お国に恨みを晴らすように伝言。お国は何とかお袖の恨みを晴らしたいと殺害現場の野次馬だった勘平に仕切人のことを尋ねるのだが、勘平は知らないようだった……。

長屋に帰ったお国は、ある男から国分寺の境内に呼び出される。龍之介からの使いだそうで、仕切人が見つかったと言うのだ。境内には龍之介がおり、お国は仕切人が見つかったことを確認するが、龍之介はお国に呼び出されたのだと言う。「なるほど……こりゃどうやら罠のようですな……」その予感は的中し、勇次と新吉が二人の前に現れる。

「仕切人……晴らせぬ恨みを晴らしてくれるのが仕切人ではないのですか?歌橋様は心の歪んだお方です。そんな人に雇われて、罪も無いお袖さん一家をあんなに無残に殺す。それが仕切人というものですか!?」

お国の訴えに、勇次と新吉は手が出ない。手をこまねいている二人を見て業を煮やした鬼アザミは、反発する勇次と新吉に襲い掛かるが、返り討ちに遭う。遂には短筒まで取り出した鬼アザミであったが、隙を突いて現れた勘平によって仕置される。実は勘平は、ベテランの仕切人であったのだ。

手を引いて欲しいと頼む勘平であったが、仕切人の掟によりお国と龍之介を消そうとする勇次と新吉。しかし、歌橋がどうしても許せないお国と龍之介は、一日だけ待って欲しいと懇願する。歌橋一味を始末する、その一日が欲しいのだ。お国は勇次たちに、仕事にして欲しいと依頼する。一度は断る勇次と新吉であったが、お国たちは自分たちも仕切人になると言うとんでもない条件を提示。その覚悟を見届けた勇次たちは、お国たちと共に歌橋一味を仕掛けるべく、肥汲船で大奥への潜入を試みる。

そして歌橋を前にしてお国は言う。「お命……終わります」

スタッフ

キャスト

登場キャラクター

お国(京マチ子)
元・大奥中臈頭。おっとりとした上品な物言いで、世間知らずな面もあるのだが、知識は豊富で芯が座っている。また、どこでどう学んだのか護身術も心得ており、合気道でチンピラを投げ飛ばす様子は、坂東京山を彷彿とさせる。一応主役としてクレジットされてはいるが、やはり当時の必殺シリーズは仕事人のイメージが強いのか、勇次の影に隠れてしまうような印象がある。得物は筮竹の一本を鋭利にしたもの。これで急所を刺す。仕置前に筮竹を相手に投げつけ、それを払いのけている間にいつの間にか相手の背後へワープして刺殺する……ようだ。
新吉(小野寺昭)
勇次の向かいに仕立て屋を構える仕切人。裁縫を女性に教えているのだが、女嫌いで言葉遣いがオカマっぽい。そういうキャラクターなのか?と思わせるのだが、裏の稼業となると厳しい口調となり、急に男らしくなる。第6話で髪型を少し変え、二枚目的なキャラクターとなった。勇次とは性格的に相成れず、深く干渉はしないけれども、男同士の奇妙な友情で結ばれている。得物は物差しの中に仕込んだ刀。体に差し込むことが目的となっているため、普通の刀のようには使用できない。仕置前には急所へ発光する待ち針を投げつけ、光る部分目掛けて刀を突き立てる。(後のスペシャル版『大奥春日野局』に登場する「人蛍の五郎」の原型か?)
お清(西崎みどり)
お国に仕える女中として大奥で奉公していたのだが、権力争いの巻き添えを食ってお国と共に大奥を追放される。当初仕切人稼業は全然知らなかったのだが、第2話において幕閣に強姦され、お国がその恨みを晴らす姿を見たことをきっかけに仕切人チームに加入する。何だか仕舞人のような加入の仕方である。最初はおしとやかな町娘のようであったが、髪型と衣装を変えて若々しさを演出。年の割りにはぶりっ子な性格、というキャラクター像となった。仕置の際には日増と共に仕置をサポートするために、ダイナマイトのスイッチを入れる。
日増(山本陽一)
興味を示したものについては、何でも「スキスキ」と関わりあいたくなる好奇心旺盛な若者。職業は坊主なのだが、熱心にお清を追い回している辺り、既に坊主の修行などどうでも良いものと思われる。仕切人のことを目撃したのだが、なぜか消されず仲間に入ってしまった。獲物はダイナマイト。色々突っ込みどころはあると思うのだが、陽動や門扉の破壊などで仕切人たちの役には立っている……と思う。
お勝(ひし美ゆり子)
お国たちと同じ長屋に住み、髪結いをしている勘平の女房。子供が欲しいらしく、夜になるといつも勘平を寝床へと誘う。
勘平(芦屋雁之助)
お勝の女房。髪結いの亭主であるが、実はベテランの仕切人。鬼アザミのことは前々から知っていたらしく、自らが手を下し引導を渡した。怪力の持ち主で、それを利用した仕置きを得意とする。また、当時芦屋雁之助が歌った「娘よ」が大ヒットしたせいか、第11話では祝言のシーンで自ら「娘よ」を歌っている。仕置の方法が途中で変更する。小指に挟んだ刃物で結わえている髪を解き、髪を手に絡め相手の自由を奪い、怪力により勢いよく放り投げ壁などに衝突死させる『仕業人』の赤井剣之介のマイナーチェンジバージョンであったのだが、当時はプロレスが大流行していたことから、急遽プロレス技に変更。大きな縄を庭や部屋の四隅に引っ掛けてロープにすることでリングを作り、悪人をロープに投げ飛ばし、反動がついたところで縄を解き、そのまま灯篭などに激突させるという、何だか暗殺を通り越したような方法で仕置をする。なぜか不自然な位置に灯篭があるため、わざとらしさが拭えない。
虎田龍之介(高橋悦史)
元・御広敷御用人。それなりの職に就いていたのだろうが、権力者に逆らったことで御役御免、御家は改易となった。堅苦しい武士の生活に飽き飽きしていたせいか、それを苦には思わず、好きな小鳥と一緒に生活出来ることを楽しんでいる。豪快で物分りの良い性格。しかし、悪人には決して容赦はしない。鳥と心を通わせており、鳥のさえずりで危険を察知することなども出来るようだ。得物は鉄製のキセル。布で頭を覆い(血を見るのは嫌いらしい)キセルで相手を撲殺するのだが、第1話でキセルが頭蓋骨にめり込むインパクトの強いシーンがあり、なかなかワイルドさを感じさせる……と思いきや、第2話以降普通に殴るシーンだけが映し出され、派手な演出は無くなってしまった。しかしながら、一番勿体無かったのは、第6話〜第17話まで出演していないことであろう。(高橋悦史のスケジュール問題か?)
勇次(中条きよし)
仕事人でお馴染みの勇次。人気も確立し、今後の必殺シリーズでは主水と勇次で二枚看板となるはずであったのだが、この作品で看板を背負おうとしても、それは少々無茶な気がする。本作では仕事人から足を洗っている状態からスタートし、仕切人へと再び殺しの道へ足踏み入れていく過程が描かれている。また、自分の本当の母の顔を知らないことについても言及しているなど、親族のこととなれば必ずおりくが絡んでいた仕事人の勇次とは、少々違ったイメージで描かれている。とは言え、やはり女たらしでイイ男であり、そこが、真面目一本槍の新吉と上手く行きそうで上手く行かない部分であると言えよう。殺しの得物はいつもの三味線糸。ただし今回は工夫がなされており、ただ投げつけるだけではなく、支点となるフックのようなものを糸に通し、相手の首に糸が絡まった瞬間に糸を持ち上げフックを柱などに刺さるようにし、相手を釣り上げていくという、少々手の込んだ作りとなっている。

各話タイトル(全18話)

  1. もしも大奥に古狸がいたら 脚本:吉田剛 監督:松野宏軌 ゲスト:谷口香 菅貫太郎
  2. もしも勇次の糸が切れたら 脚本:保利吉紀 監督:松野宏軌 ゲスト:原口剛
  3. もしもお江戸にピラミッドがあったら 脚本:中原朗 監督:家喜俊彦 ゲスト:藤岡重慶
  4. もしも狼男が現れたら 脚本:林千代 監督:広瀬襄 ゲスト:上野山功一 仁和令子
  5. もしも鳥人間大会で優勝したら 脚本:中原朗 監督:家喜俊彦 ゲスト:黒部進
  6. もしも惚れ薬と眠り薬を間違えたら 脚本:篠崎好 監督:八木美津雄 ゲスト:いわさきみゆき 浜田晃
  7. もしも九官鳥が秘密をしゃべったら 脚本:鶉野昭彦 監督:松野宏軌 ゲスト:森下哲夫
  8. もしも密林の王者が江戸に現れたら 脚本:篠崎好 監督:広瀬襄 ゲスト:阿藤快 高峰圭二
  9. もしも女房が裸婦モデルになったら 脚本:中原朗 監督:家喜俊彦 ゲスト:佐藤仁哉
  10. もしも超能力でシャモジが曲がったら 脚本:三田純市 監督:八木美津雄 ゲスト:小林稔侍 辻萬長
  11. もしも父親が”娘よ”と泣いたら 脚本:中原朗 監督:広瀬襄 ゲスト:小鹿番 黒田福美
  12. もしも江戸が厳戒体制に入ったら 脚本:鶉野昭彦 監督:八木美津雄 ゲスト:遠藤征慈
  13. もしも16000両だましとられたら 脚本:篠崎好 監督:田中徳三 ゲスト:有川博 外山高士
  14. もしも歳末富くじがイカサマだったら 脚本:中原朗 監督:松野宏軌 ゲスト:平泉成 佐野アツ子
  15. もしも珍発明展が開かれたら 脚本:林千代 監督:田中徳三 ゲスト:岡本舞
  16. もしも討入に雪が降らなかったら 脚本:三田純市 監督:八木美津雄 ゲスト:麻丘めぐみ
  17. もしも江戸に占いブームが起こったら 脚本:保利吉紀 監督:松野宏軌 ゲスト:藤岡重慶 原哲男
  18. もしもソックリの殺し屋が現れたら 脚本:中原朗 監督:松野宏軌 ゲスト:水原まき
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ