新府城

新府城

(一般)
しんぷじょう

山梨県韮崎市の城郭。
天正九年(1581)、武田勝頼が新たな居城として築くも、翌年完成を見ぬうちに武田家は滅亡。
本能寺の変後、甲斐領有をめぐり後北条氏と徳川氏が争った際、徳川家康が本陣として利用するが、その後に廃城となった。

新着ブログ: 新府城