Hatena Blog Tags

武田勝頼

(社会)
たけだかつより

甲斐国の戦国大名武田信玄の4男で庶子。四郎。諏訪勝頼。正室は織田信長の養女(姪)の遠山夫人で、子に武田信勝がいる。継室は北条氏康の娘。

母の諏訪御料人は信玄が1542年(天文11年)に滅ぼした諏訪頼重の娘で、勝頼は1561年(永禄5年)に諏訪家を継承し伊那郡高遠城主になったと言われるが、近年は勝頼が継承したのは諏訪宗家ではなく支流の高遠諏訪家であったとも言われる。

1561年(永禄4年)の川中島の戦いから武田家は尾張国の織田信長に接近し、『甲陽軍鑑』では1565年(永禄8年)に勝頼室として信長養女が嫁いだとしている。同年には今川義元の娘を室とする信玄の嫡男武田義信が自害し義信派の家臣が粛清される事件が起きており、勝頼は武田姓に復して後継者となる。なお、『甲陽軍鑑』では勝頼は信玄の遺言により勝頼嫡男の武田信勝が元服するまでの後見であっあとしている。

1573年(元亀4年)の信玄死後に家督を相続し、1575年(天正3年)の長篠の戦いではで織田・徳川連合軍に大敗する。長篠敗戦後には越後国上杉家との同盟や信長との和睦(甲江和与)を模索するなど外交関係の再編に乗り出し、新府城を築城して国内の防備にも乗り出すが、1582年3月11日に織田・徳川連合軍の侵攻によって自刃し、武田家は滅亡する。

武田勝頼

武田勝頼

武田勝頼のすべて

武田勝頼のすべて

武田勝頼:日本にかくれなき弓取 (ミネルヴァ日本評伝選)

武田勝頼:日本にかくれなき弓取 (ミネルヴァ日本評伝選)

武田氏年表 (信虎・信玄・勝頼)

武田氏年表 (信虎・信玄・勝頼)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

世界大戦の歴史

古代文明から世界大戦はあったーまず白村こうの戦いで朝鮮をうしなったヤマト大王国は、戦略的に中国の皇帝に匹敵する天皇制度を天智天皇天武天皇コンビで作り中臣鎌足が最大の貢献者である。藤原一族の誕生である。聖書コーラン仏典孫子老子荘子孔子等々で理論武装して、まず聖典を研究し ヤハウェアラーに匹敵する皇帝、天皇制を作り出す。日本は光あれ、をもじったものである。まともに考えると中国との全面対決を恐れてあえて皇帝を名乗らず、ヤマト大王国でいながら、朝鮮に領土を持ち大陸を狙っていた、朝鮮で中国帝国の属国朝鮮に朝鮮領土を追い出されると、このままでは ヤマト大王国が属国になってしまう。そこで中野おおえのおうじ、…