スマートフォン用の表示で見る

今川義元

社会

今川義元

いまがわよしもと

室町時代後期の武将。三河駿河を治めた戦国大名今川氏親の子。正室は武田信虎の娘(信玄の姉)。子に氏真。

初め仏門に入っていたが、兄・氏輝が死ぬと還俗し、花倉の乱で家督を掌握する。

その後、勢力の拡大に努め、「海道一の弓取り」といわれた。

また、太原雪斎の献言により、甲斐の武田信玄相模北条氏と同盟を結ぶなど、外交政策も精力的に行った。

1560年、上洛途中の桶狭間の合戦で戦死、以上のような実績がありながら、「桶狭間で信長に奇襲で討たれた人」として有名。