新派

(一般)
しんぱ

国家が犯罪者に刑罰を科す根拠をめぐる刑法の学派。
近代派とも呼ばれる。
旧派(古典派)と対立する。

目的刑論。教育刑論。
ロンブロ−ゾ、フェリー、リスト、牧野らが唱えた。

主張内容は論者により違いがあるものの、おおむね次のようになる。

自由意思否定論
罪を犯す性格は生来的である。
性格責任論
行為者の危険性に着目して刑罰を科す。
社会防衛論
刑罰は犯罪から社会を防衛する手段。
一元主義
刑罰と保安処分は一体のものとして考える。

今日の刑法学界では少数派。


リスト:二文字キーワード

新派

(アート)
しんぱ

新派劇」の略だが、現在は一般的に「新派」と呼ぶ。
旧劇すなわち歌舞伎に対し当代の世話物を演ずる演劇。川上音二郎らの壮士芝居から始まり明治中期より盛んとなった。
演技・演出ともに歌舞伎の影響が強く、歌舞伎と新劇との中間的な性格をもつ。女形を使い、当たり狂言には花柳界を背景にした人情劇が多い。

関連
劇団新派
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ