日はまた昇る

日はまた昇る

(読書)
ひはまたのぼる

アーネスト・ヘミングウェイの著作。

禁酒法時代のアメリカを去り、男たちはパリで“きょうだけ”を生きていた――。戦傷で性行為不能となったジェイクは、新進作家たちや奔放な女友だちのブレットとともに灼熱のスペインへと繰り出す。祝祭に沸くパンプローナ。濃密な情熱と血のにおいに包まれて、男たちと女は虚無感に抗いながら、新たな享楽を求めつづける……。若き日の著者が世に示した“自堕落な世代”の矜持。

日はまた昇る (新潮文庫) 新潮文庫(高見浩訳)

「ロスト・ジェネレーション(自堕落な世代)なんて、くそくらえだ」
若きヘミングウェイの注ぎ込んだ情熱のすべて、青春の痛切な渇きが、古典の枠を超え現代に生き生きと甦る。45年ぶりとなる画期的な新訳。

日はまた昇る
ISBN:4102100059 新潮文庫(大久保康雄訳)
ISBN:4087600297 集英社文庫
ISBN:4003232615 岩波文庫
ISBN:4010620951 旺文社文庫
ASIN:B00AQRYPMQ グーテンベルク21(Kindle版)
検索:amazon:日はまた昇る

ネットの話題: 日はまた昇る

人気

新着

新着ブログ: 日はまた昇る