日田天領水

()
ひたてんりょうすい

世界三大名水の一つ。大分県日田市の井戸水。活性酸素除去水。

原水はもともとうなぎ等の淡水魚を養殖する目的で汲み上げられていた深井戸水で、地下1000mからくみ上げられている深層地下水。

特徴は軟水で、日本料理に適しています。

阿蘇山などの火砕流による堆積や河川による侵食拡大の作用などで日田天領水は生まれたとされ、原水井戸は大分県日田市中ノ島町にあります。

最近は全国へ販売を広げている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ