明晰夢

(一般)
めいせきむ

Lucid Dream

夢の中で、自分が夢を見ている、これが夢であると認識できている夢。
慣れると自分の意志で夢の内容を自在に操ることが出来る。

  • 自覚夢:夢を夢と自覚している段階。明晰夢の初期段階。
  • 離脱夢:離脱感をともなう夢。明晰夢と直結する場合が多い。

2014年5月、科学誌「ネイチャー・ニューロサイエンス」上で、脳を電気刺激することで明晰夢を(自発的に)見ることを可能にしたとする研究成果が発表された。*1

カオスちゃんねる : 明晰夢極めたら暗記楽すぎワロタwwwwwwwwwwww

明晰夢を観るには*2

睡眠導入時

  • 身体の異状を改善する。
    • トイレに行く、ご飯を食べるなど。(但しコーヒーや紅茶は覚醒効果をもたらすリスクが高くなるため控える。)
  • 精神的な不安ごとを解消する。
    • 休日の前夜や仕事が無い時が好ましい。
    • リラクゼーション音楽を聴く。
    • 独自のストレス解消方法など。
  • 覚醒状態から睡眠状態へ移行する。
    • いまから見る夢の世界を出来るだけ具体的に想像する。(以前観たことのある夢が好ましい。)
    • 見た夢を回想しながら2度寝する。

睡眠時

  • レム睡眠時に外部から音や光などの一定のシグナルを受け取る。
  • 「夢ではないか?」と疑ってみたり、空を飛んでみようとする。
  • 歩き方などに注目する。(普段からの訓練が必要。)
  • 特定の数字やキーワード、感覚を見つける。(普段からの訓練が必要。)

普段からの訓練方法

  • 覚醒時にこれは「夢ではないか?」と疑って自分の身体と心を観察してみる。
  • 普段から体の一部の動きに注目する。(手の動きや歩き方など。)
  • 普段からある特定の数字やキーワード、感覚に固執してみる。
  • 夢の内容を書き取る。(目を瞑ったままが良い。)
  • 瞑想する。
  • アイソレーションタンクに入り、覚醒時と睡眠時の中間を観察する。


明晰夢―夢見の技法

明晰夢―夢見の技法

夢で会える 体外離脱入門―誰でも異次元探訪できる

夢で会える 体外離脱入門―誰でも異次元探訪できる

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ