梅宮大社

(地理)
うめのみやたいしゃ

京都府京都市右京区にある神社。旧称は梅宮神社。式内社(名神大社)、二十二社(下八社)の1つで、旧社格は官幣中社。現在は神社本庁に属さない単立神社である。本殿に酒解神、酒解子神、大若子神、小若子神を祀っている。また、相殿に嵯峨天皇、橘清友、橘嘉智子、仁明天皇を祀っている。天平年間に創建されたと伝えられている。現在では酒造の神、子授けの神、安産の神として信仰されている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ