構成主義

構成主義

(一般)
こうせいしゅぎ

【constructivism】「コンストラクティビズム

概説

構成主義(数学)
数学的対象はひとの思考活動から独立に存在するものではなく、一定の証明手続きによって構成されたものであるという考え方。
構成主義(藝術)
1910〜20年代にロシアで起こった、抽象芸術の思想的潮流。幾何学的なフォルムを重視し、彫刻、建築、絵画、演劇等幅広い分野に影響を与えた。
構成主義(哲学)
カントの認識論:認識・概念などが後天的な経験に依存せず、それに論理的に先立つものとして与えられているという認識に基づいた主観により、経験的認識の対象が構成されるという考え方。
構成主義(心理学)
真理とされているものは、人間が頭の中でつくりあげたものであるとする認識論。社会構成主義。
構成主義(神学)
エルランゲン学派(プロテスタント)の構成的科学論。

構築主義

構成主義(社会学)
社会的な「問題」とされているものは、その社会の中の文脈でつくりあげられたものだとする立場。構築主義。

ネットの話題: 構成主義

人気

新着

新着ブログ: 構成主義