池上彰

池上彰

(テレビ)
いけがみあきら

ニュースをわかりやすく伝えるジャーナリスト
NHK総合で、1994年から土曜日に放映されていた「週刊こどもニュース」の初代“お父さん役”(メイン司会)で出演。
NHK退職により、同番組は2005年3月末で降板した。
著作多数。amazon:池上 彰

プロフィール

1950年8月9日、長野県生まれ。
1973年、慶應義塾大学経済学部卒業後、NHKに入局。松江放送局、呉通信部勤務を経て報道局社会部へ。
記者としてさまざまな事件、災害、消費者問題などを担当。
首都圏向けニュース番組のキャスターを5年間つとめた後、1994年からNHK『週刊こどもニュース』に携わる。
元NHK報道局記者主幹。
現在、フリージャーナリスト、東京工業大学教授、信州大学特任教授、京都造形芸術大学客員教授。
テレビ東京の選挙特番では創価学会及び公明党を深く斬りこんでいる事で知られている。

主なテレビ番組

  • そうだったのか!池上彰の学べるニュース(テレビ朝日、2010年4月14日〜)
  • ズームイン!!SUPER(日本テレビ、2010年4月2日〜、毎週金曜日)
  • 池上彰スペシャル(フジテレビ、2011年4月から『土曜プレミアム』枠を中心に不定期で放送)
  • ちちんぷいぷい(MBSテレビ、2011年10月から『顧問』として出演)
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング〜沸騰現場の経済学〜(テレビ東京、2011年11月14日から「沸騰ナビゲーター」として不定期で取材・スタジオ出演)

主な著書

1998年

  • 『ニュースの「大疑問」―わかる、みえる、世の中のからくり』(講談社、11月)

1999年

  • 『ニュースなんでも探偵団 〜NHK「週刊こどもニュース」5年間の制作現場から こどもに「わからん!」と言われたら』(ホーム社、4月5日)
  • 『ニュースの「大争点」―世の中のアレコレ、そうだったのか!!』(講談社、6月)
  • 『みんなの「学校問題!」』(講談社、9月)

2000年

  • 『日本語の「大疑問」』(講談社、3月1日)
  • 『日々の経済ニュースがすぐわかる本』(講談社、7月)
  • 『これが「週刊こどもニュース」だ』(集英社、9月20日)
  • 『NHK週刊こどもニュース まるごとわかる20世紀ブック』(日本放送出版協会、11月)
  • 『最新ニュースが一気にわかる本』(講談社、12月)

2001年

  • 『ニュースの大疑問 最新版』(講談社、5月)
  • 『危機に備える!災害・事故のニュースがよくわかる本』(講談社、7月)
  • 『わからなくなった世界情勢の読み方』(講談社、12月)

2002年

  • 『大人も子どももわかるイスラム世界の「大疑問」』(講談社、4月18日)
  • 『子どもの教育の「大疑問」』(講談社、5月)
  • 『なるほど!日本経済早わかり』(講談社、6月)
  • 『相手に「伝わる」話し方』(講談社、8月20日)
  • 『きみの家族はだれ?―家族と法律 (家族ってなんだろう)』(ほるぷ出版、10月)
  • 『2003年日本の問題点がずばりわかる本―ニュースのかしこい読み方を知る』(青春出版社、10月)
  • 『おこづかいはなぜもらえるの?―家計と仕事 (家族ってなんだろう)』(ふるぷ出版、11月)
  • 『家族ってなんだろう なぜ命はたいせつなの?―家族と命』(ほるぷ出版、12月)
  • 『イラスト図解ニュースの地図帳―なぜ「そこで」おきるのか』(講談社、12月)

2003年

  • 『家族って変わっていくの?―家族の歴史 (家族ってなんだろう)』(ほるぷ出版、1月)
  • 『池上彰が聞く「僕たちが学校に行かなかった理由」―不登校シンポジウムより』(オクムラ書店、6月)
  • 『イラスト図解経済ニュース虎の巻―「なぜ」「どうして」がこれだけでわかる』(講談社、9月)
  • 『考えよう!ぼくの町の国際化―となりは何をする人ぞ? (「こころ」をつなぐ国際交流)』(光村教育図書、11月)
  • 『イラスト図解世界情勢の地図帳―日本はどうなる』(講談社、12月)

2004年

  • 『経済のこと よくわからないまま社会人になってしまった人へ―ひとめでわかる図解入り』(海竜社、1月)
  • 『池上彰の情報力』(ダイヤモンド社、1月29日)
  • 『知っているつもりで説明できないニュースのことば』(幻冬舎、8月)
  • 『ニュースの現場で考える (イワサキ・ノンフィクション)』(岩崎書店、11月)

2005年

  • 『ずばりわかる!ここが日本の問題点―ニュースのかしこい読み方』(青春出版社、4月)
  • 『あなたの会社は狙われている!?―ライブドア騒動が教えてくれるもの』(講談社、4月)
  • 『こどもにも分かるニュースを伝えたい ぼくの体験的報道論』(新潮社、5月17日)
  • 『会社のことよくわからないまま社会人になった人へ―ひとめでわかる図解入り』(海竜社、7月)
  • 『池上彰の お父さんが読んで聞かせる楽しいおはなし』(主婦の友社、8月1日)
  • 『憲法はむずかしくない』(ちくまプリマーブックス、11月)
  • 『これから3年!「世界はどう変わる?」―アメリカから中国問題まで最新ニュースを読み解く』(青春出版社、12月)

2006年

  • 『発想力を鍛える数字の読み方―練習帳』(小学館、2月)
  • 『これで世の中わかる! ニュースの基礎の基礎』(大和書房、2月9日)
  • 『日本の問題よくわからないまま社会人している人へ―ひとめでわかる図解入り』(海竜社、6月)
  • 『池上彰のこれでわかった!政治のニュース』(実業之日本社、8月31日)
  • 『池上彰の新聞勉強術』(ダイヤモンド社、9月15日)
  • 『ニッポン、ほんとに格差社会?』(小学館、10月11日)
  • 『おしえて!ニュースの疑問点』(ちくまプリマーブックス、11月)
  • 『北朝鮮問題 よくわからないまま社会人している人へ』(海竜社、12月)

2007年

  • 『池上彰のニュースでわかる世界の裏事情』(青春出版社、3月)
  • 『伝える力』(PHP研究所、4月19日)
  • 『池上彰の「世界がわかる!」―国際ニュースななめ読み』(小学館、9月)前述の連載「国際ニュースななめ読み」を書籍化
  • 『いまの日本よくわからないまま社会人している人へ―ひとめでわかる図解入り』(海竜社、9月)
  • 『ニュースの読み方使い方』(新潮文庫、10月)

2008年

  • 『池上彰のメディア・リテラシー入門』(オクムラ書店、2月)
  • 『政治のことよくわからないまま社会人になってしまった人へ―ひとめでわかる図解入り』(海竜社、4月)
  • 『「見えざる手」が経済を動かす』(ちくまプリマーブックス、4月)
  • 『14歳からのお金の話』(マガジンハウス、4月24日)
  • 『記者になりたい!』(新潮社、8月28日)
  • 『大衝突 ―巨大国家群・対決の行方』(集英社、9月26日)
  • 『アトラス キッズ世界地図』(主婦の友社、10月24日)
  • 『あした選挙へ行くまえに (14歳の世渡り術)』(河出書房新社、11月1日)
  • 『世界一ニュースがわかる本 オバマ政権と金融危機編』(毎日新聞社、12月20日)

2009年

  • 『池上彰の「世界が変わる!」~金融危機と国際ニュースの「なぜ」を読み解く決定版~』(小学館、1月16日)
  • 『45分でわかる! 14歳からの世界金融危機 (45 MINUTES SERIES 1)』(マガジンハウス、2月26日)
  • 『日銀を知れば経済がわかる』(平凡社、5月16日)
  • 『45分でわかる! 14歳からの世界恐慌入門。 1929年を知れば、2009年が見えてくる! (MAGAZINE HOUSE 45 MINUTES SERIES)』(マガジンハウス、5月28日)
  • 『池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」』(集英社、6月26日)
  • 『わかりやすく〈伝える〉技術』(講談社、7月17日)
  • 『小学生から「新聞」を読む子は大きく伸びる!』(すばる舎、7月21日)
  • 『池上彰の政権交代がわかる!』(毎日新聞社、8月22日)
  • 『見通す力』(日本放送出版協会、10月)
  • 『25歳の補習授業―学校で教わらなかったこれからいちばん大切なこと』(10月1日)
  • 『45分でわかる! 新型インフルエンザの基礎知識(MAGAZINE HOUSE 45 MINUTES SERIES)』(マガジンハウス、10月15日)
  • 『知らないと恥をかく世界の大問題』(角川SSコミュニケーションズ、11月)
  • 『今日の総理』(ビジネス社、11月19日)
  • 『日本がもし100人の村だったら』(マガジンハウス、11月26日)
  • 『経済のことよくわからないまま社会人になってしまった人へ』(海竜社、12月)
  • 『45分でわかる!政権交代と日本の未来。 (MAGAZINE HOUSE 45 MINUTES SERIES)』(マガジンハウス、12月10日)

2010年

  • 『池上彰の親子で新聞を読む!』(毎日新聞社、2月19日)
  • 『ニュース年鑑2010』(ポプラ社、2月26日)
  • 『「1テーマ5分」でわかる世界のニュースの基礎知識』(小学館、3月26日)
  • 『こうすれば発表がうまくなる』(小学館、4月14日)
  • 『世界のしくみがよくわかる!ニュースを読む技術』(ビジネス社、5月28日)
  • 『<わかりやすさ>の勉強法』(講談社、6月17日)
  • 『池上彰の知らないと恥をかく世界の大問題37 イラスト図解版』(角川SSコミュニケーションズ、6月24日)
  • 『池上彰の講義の時間 高校生からわかるイスラム世界』(ホーム社、9月24日)
  • 『池上彰の新聞活用術』(ダイヤモンド社、10月1日)

世界を救う7人の日本人〜国際貢献の教科書〜(日経BP社、10月14日)

  • 『新版 やりたい仕事がある!』(小学館、10月21日)
  • 『池上彰の大衝突 終わらない巨大国家の対決』(集英社、11月19日)
  • 『ダライ・ラマ法王に池上彰さんと「生きる意味」について聞いてみよう』(講談社、11月26日)
  • 『池上彰 国際問題がわかる! 世界地図の読み方』(小学館、11月29日)

2011年

  • 『知らないと恥をかく世界の大問題2』(角川マーケティング、3月10日)
  • 『その日本語、伝わっていますか?』(講談社、3月22日)
  • 『先送りできない日本 “第二の焼け跡”からの再出発』(角川書店、5月10日)
  • 『東日本大震災 心をつなぐニュース』(文芸春秋、6月28日)
  • 『池上彰の宗教がわかれば世界が見える』(文芸春秋、7月)
  • 『池上彰の就職読本―就職難もまたチャンス』(オクムラ書店、7月)
  • 『教えて!池上さん 最新ニュース解説』(毎日新聞社、7月7日)
  • 『知識ゼロからの池上彰の世界経済地図』(幻冬舎、7月22日)
  • 『世界を変えた10冊の本』(文芸春秋、8月9日)
  • 『[図解]池上彰の 経済のニュースが面白いほどよくわかる本』(中経出版、8月27日)
  • 『知らないと損する 池上彰のお金の学校(朝日新書)』(朝日新聞出版、10月13日)
  • 『伝える力2(PHPビジネス新書)』(PHP研究所、12月15日)
  • 『図解 先送りできない日本 日本の課題40』(角川書店、12月15日)

2012年

  • 『ニュース年鑑2012』(ポプラ社、1月31日)監修
  • 『政治と経済のしくみがわかるおとな事典』(講談社、3月6日)監修
  • 『池上彰の「ニュース、そこからですか!?」』(文春新書、3月16日) 前述の週刊文春の連載を書籍化
  • 『知らないと恥をかく世界の大問題3』(角川マーケティング、5月25日)
  • 『池上彰の講義の時間 高校生からわかる原子力』(ホーム社、5月25日)
  • 『こうすればじょうずに節電できる (こどもスーパー新書) 』(小学館クリエイティブ、6月1日)
  • 『カラー図解 池上彰の経済のニュースが面白いほどわかる本 』(中経出版、6月15日)
  • 『池上彰の知らないと恥をかく世界の大問題42 イラスト図解版』(角川マガジンズ、7月1日)
  • 『池上彰と考える、仏教って何ですか?』(飛鳥新社、7月19日)
  • 『池上彰のお金がわかれば世の中がわかる(Magazine house mook)』(マガジンハウス、8月27日)
  • 『池上彰の政治の学校(朝日新書)』(朝日新聞出版、9月13日)
  • 『ノ−ベル平和賞で世の中がわかる』(マガジンハウス、10月11日)
  • 『この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう ― 池上彰教授の東工大講義 世界篇』(文藝春秋、11月15日)
  • 『日本の選択 - あなたはどちらを選びますか?(角川oneテーマ21)』(角川書店、12月10日)
  • 『図解 池上彰の政治のニュ−スが面白いほどわかる本(中経の文庫)』(中経出版、12月14日)

2013年

  • 『学び続ける力(講談社現代新書)』(講談社、1月18日)
  • 『英語で読む 池上彰の経済のニュースが面白いほどわかる本』(中経出版、2月16日)
  • 『この日本で生きる君が知っておくべき「戦後史の学び方」 池上彰教授の東工大講義』(文藝春秋、3月27日)
  • 『日本の選択 あなたはどちらを選びますか? ─ 先送りできない日本2(角川oneテーマ21)』(角川書店、4月11日)
  • 『池上彰のニュースから未来が見える (文春新書)』(文藝春秋、4月19日)
  • 『聞かないマスコミ 答えない政治家』(ホーム社、4月26日)
  • 『池上彰の知らないと恥をかく世界の大問題 学べる図解版 第3弾』(角川マガジンズ、7月2日)
  • 『池上彰が聞いてみた―「育てる人」からもらった6つのヒント』(帝国書院編集部、7月3日)
  • 『お茶の水女子大学特別講義 世界を変えた10人の女性』(文藝春秋、7月12日)
  • 『先生!(岩波新書)』(岩波書店、7月20日)
  • 『[図解]池上彰の 世界の宗教が面白いほどわかる本 (中経の文庫) 』(中経出版、9月2日)
  • 『池上彰の憲法入門 (ちくまプリマー新書)』(筑摩書房、10月9日)
  • 『情報を200%活かす 池上彰のニュースの学校 (朝日新書)』(朝日新聞出版、10月11日)
  • 『学校では教えない「社会人のための現代史」 池上彰教授の東工大講義』(文藝春秋、10月15日)
  • 『池上彰が読む小泉元首相の「原発ゼロ」宣言』(径書房、12月20日)

ネットの話題: 池上彰

人気

新着

新着ブログ: 池上彰