海禁政策

(読書)
かいきんせいさく

概要

海禁下海通蕃之禁)する政策。中国の明代清代に、領民の私的な海外渡航や海上貿易(密貿易)を禁止した政策。華夷秩序に基づいて、冊封関係を結んだ周辺諸国の国王との朝貢貿易だけに限った。14世紀後半、明の太祖洪武帝のときに本格的に施行された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ