スマートフォン用の表示で見る

倭寇

一般

倭寇

わこう

13世紀から16世紀にかけて朝鮮半島中国大陸の沿岸部を中心に東アジア地域で活動していた海賊の総称。略奪行為だけでなく、密貿易も行っていた。前期の倭寇は日本人が殆どだったが、その後は朝鮮人などが多くなり、末期には中国人が多数を占めていた。