減損会計

(社会)
げんそんかいけい

事業資産帳簿価額を収益性の低下に応じて切り下げ、損失を将来に繰り延べない会計処理
棚卸資産の場合、期末日において、売却可能価額が簿価より下回っていれば、売却可能価額まで簿価を切り下げる。
固定資産の場合、回収可能価額*1まで簿価を切り下げる。
なお、評価差額は当期の損益と処理される。

*1:使用価値と売却可能価額のいずれか高いほう

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ