玉藻前

(読書)
たまものまえ

平安時代末期に鳥羽上皇の寵姫であったとされる伝説上の人物。九尾の狐の化身であり、安倍晴明の子孫である安倍泰成(またはその父親である安倍泰親)に正体を見破られ、逃亡するも那須野が原で討伐されたという。遺骸は殺生石となり、その毒気で近づく人も動物も殺したという。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ