相馬黒光

(読書)
そうまこっこう

1876〜1955 実業家、随筆家。本名良、旧姓星。
若いころ押川方義の教会に入り受洗。1891(M24) 宮城女学校に入るが校長と対立して退学、横浜のフェリス女学校に転じ、さらに1895年明治女学校に入り、島崎藤村らに学んだ。
1897年作家志望を すて、相馬愛蔵と結婚して新宿中村屋を創業した。
キリスト教的教育を 受けた知性ある女性として、萩原碌山(守衛)、中村つね彜、ロシアのエロシェンコ、インドのラス・ビハリ・ボースら芸術家や 亡命者の保護者として果たした役割は大きい。
主な著書に「黙移」1936、「広瀬川の畔」1939、「明治初期の三女性」1940。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ