石神井

(地理)
しゃくじい

地名として

 東京都練馬区の西側に存在する地名。
 地図上では基本的に西武池袋線の石神井公園駅から、西武新宿線上石神井を含んだ範囲を指す。
 該当地域には緑が多い石神井公園が存在する。

 石神井の名称の付いた町名は、石神井町・石神井台・下石神井・上石神井・上石神井南町が存在する。

川として

石神井川と言う河川が存在する。
東京都内の小平市から、小金井市・西東京市・練馬区・板橋区・北区(地域呼称では滝野川)を経て隅田川に合流していた。
現在では上流部の開発により、小金井市花小金井が源流となっている。
一般的なイメージでは、練馬区の武蔵関駅近郊の武蔵関公園から、西武池袋線練馬高野台付近、豊島園遊園地内部を経て、十条付近の埼京線が橋梁を通過する個所のイメージが強い。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ