神経芽腫

(サイエンス)
しんけいがしゅ

神経芽腫は、こどもの癌の代表的なものの1つで、神経を作る細胞の若いものが悪性化してかたまりになる悪性固形腫瘍のひとつ。「神経芽細胞腫」ともいう。
子どもにできる固形腫瘍では、脳腫瘍に次いで多く、日本では毎年320人前後の新しい患者が診断されている。診断される年齢は0歳が最も多く、次いで3歳前後が多くなっており、10歳以降は非常にまれ。
約50〜65%は腎臓の上にある副腎髄質から発生するが、なぜ神経芽腫ができてくるのかについては解明されていない。ただし、遺伝によるものではないとされている。

治療

  • 外科手術
  • 放射線照射
  • 化学療法

を組み合わせた 集学的治療が行われるが、化学療法が現在の主な治療法となっている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ