笹沢左保

笹沢左保

(読書)
ささざわさほ

作家。ミステリ、時代劇双方の巨匠。代表作は1970年(昭45)からはじまった「木枯し紋次郎」シリーズ。1930年、横浜市生まれ。父は詩人の笹沢美明

シナリオライターを経て、1960年に発表した処女作「招かれざる客」が江戸川乱歩賞次席になり、作家生活に入る。翌1961年「人喰い」で日本推理作家協会賞を受賞。
1999年日本ミステリー文学大賞受賞。 2002年(平14)10月21日 逝去。

新着ブログ: 笹沢左保