薬物中毒者

(一般)
やくぶつちゅうどくしゃ

文字通り、ある種の薬物―多くの場合において違法薬物―の中毒となった*1。短縮してやくちゅうなどとも言う。

最も一般的かつ認知を受けている違法薬物が覚醒剤(メタンフェタミン)である日本では、多くの場合において、この覚醒剤の中毒者に向けられる言葉となっている。

「ジャンキー」(Junkie/Junky)という概念と混用されることがしばしばであるが、この「ジャンキー」という言葉はそもそもヘロイン中毒者を指すスラングであり、英語圏で覚醒剤(Stimulant)の中毒者を「ジャンキー」と呼ぶことはない。*2

種々の薬物中毒者のうちで、「滅び」に至る確率が最も高いのは、言うまでもなくヘロイン中毒者であろう。

*1:しばしば薬物依存者とも。

*2:例えばメタンフェタミンの中毒者は「Meth addict」などという。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ