諏訪敦彦

(映画)
すわのぶひろ

;映画監督
諏訪敦彦(すわ・のぶひろ)

  • 生年1960年(日本/広島県生まれ)
  • 2002年4月1日母校である東京造形大学に着任。
  • 2008年4月1日同校の学長に就任。

略歴

1982年長崎俊一監督『九月の冗談クラブバンド』に助監督として参加。以後、山本政志監督『闇のカーニバル』『てなもんやコネクション』、長崎俊一監督『妖女の時代』(脚本協力)、石井聰亙監督『半分人間アインシュルテュルチェンデ・ノイバウンテン』、山川直人監督『ビリィ★ザ★キッドの新しい夜明け』などの助監督を務め、多くのインディペンデント作品に参加した。また、1982年に『サンタが町にやってくる』(16mm)、1984年には『はなされるGANG』(8mm/1985年ぴあフィルムフェスティバル入賞)を発表する。1990年「報道スペシャル ニュースが地球を駆け巡る」(テレビ東京)の共同演出をきっかけとして、テレビドキュメンタリーの演出を始め、95年に放映されたドキュメンタリードラマ「ハリウッドを駆けた怪優 異端の人・上山草人」(東日本放送)での独創的な構成・演出が高く評価される。1997年『2/デュオ』で劇場映画監督としてのデビューを果たす。この作品で97年ロッテルダム国際映画祭<NETPAC賞>を受賞するほか、多数の国際映画祭に正式招待される。1999年、長篇2作目『M/OTHER』は、第52回カンヌ国際映画祭にて“現代の日本女性を等身大で描いた初めての作品”などと絶賛を浴び、<国際批評家連盟賞>を受賞。2000年にはフランス全土で公開され、「CHAIERS DU CINEMA」誌内ベスト10の第6位にランクされた。国内でも圧倒的な支持を得、第54回毎日コンクールにて<日本映画優秀賞・脚本賞・音楽賞>のトリプル受賞など、数々の映画賞に輝いた。

フィルモグラフィー

  • 監督作
  • その他
    • 1981年 『豚鶏心中』(松井良彦監督) 狂映舎=欲望プロ (助監督)
    • 1982年 『その後』(長崎俊一監督) (助監督)
    • 1982年 『パン屋襲撃』(山川直人監督) ビーチ・フラッシュ (助監督)
    • 1986年 『ノイバウテン 半分人間』(石井聰互監督) ディレクターズ・カンパニー=オールアーツネットワーク (撮影助手)
    • 1987年 『ロビンソンの庭』(山本政志監督) レイライン (助監督)
    • 1987年 『ゆめこの大冒険』(筒井武文監督) アウトワン (助監督)
    • 1988年 『不可思議物語』(山川直人監督) 4ワン・ステップ・ビヨンド パル企画 (助監督)
    • 1988年 『不可思議物語 8猫はよく朝方帰ってくる』(山川直人監督) パル企画 (助監督)
    • 1988年 『SO WHAT』(山川直人監督) CCJ (助監督)
    • 1990年 『てなもんやコネクション』(山本政志監督) レイライン (演出補)
    • 2000年 『五条霊戦記 GOJOE』(石井聰互監督) サンセントシネマワークス=WOWOW (原作)
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ