賤ヶ岳の戦い

賤ヶ岳の戦い

(社会)
しずがたけのたたかい

天正11年(1583年)に近江国伊香郡(現在の滋賀県長浜市)の賤ヶ岳附近で行われた合戦。
織田信長の後継者戦争における天王山。
羽柴秀吉が柴田勝家を撃破し、そのまま滅亡に追い込んだ。これによって秀吉は旧織田系武将間における第一人者の地位を確立し、「最強の敵」徳川家康との戦いに臨むことになる。

新着ブログ: 賤ヶ岳の戦い