三方ヶ原の戦い

三方ヶ原の戦い

(読書)
みかたがはらのたたかい

1572年、上洛をめざした武田信玄軍と、迎え撃つ徳川家康軍が三方が原(現在の浜松市北区三方原地域)であいまみえ、徳川軍が惨敗し、徳川家康は脱糞しつつ逃げ帰ったとある。徳川家康はその哀れな姿を絵に描かせたという。
戦い自体は翌1573年、武田信玄が病没したことでけりがつく。
武田信玄という強敵に対し、篭城せずに野戦を挑んだという点で、徳川家康は武士としての箔がつき、以後の彼の運命は好転する。
※ 表記ゆれ:三方が原の合戦三方々原の戦い

新着ブログ: 三方ヶ原の戦い