近江屋事件

(社会)
おうみやじけん

日本の江戸時代末期の慶応3年11月15日(1867年12月10日)に坂本龍馬と中岡慎太郎が京都の近江屋井口新助邸において暗殺された事件のこと。実行犯には諸説あり、京都見廻組の犯行説などがある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ