重農主義

(一般)
じゅうのうしゅぎ

国家において農業生産を重視する経済思想や政策のこと。18世紀後半にフランスのケネーなどによって主張された経済思想である。国家の富の源泉は農業生産だけから生じるとの立場から重商主義を批判し、自然秩序および農業生産を重視する思想だった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ