重商主義

重商主義

(一般)
じゅうしょうしゅぎ

国家の産業として商業を特に重要視した経済思想や経済政策のこと。16世紀末から18世紀にかけて西ヨーロッパ諸国において支配的であった経済思想であり、それらの国々では差額貿易や国内産業保護といった政策を行ってきた。

ネットの話題: 重商主義

人気

新着

新着ブログ: 重商主義