香取海

(地理)
かとりのうみ

日本の江戸時代まであった霞ヶ浦、印旛沼、手賀沼をひと続きにした広大な規模の内海。干拓と新田開発が進み、次第に減少していった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ