高速増殖炉

(サイエンス)
こうそくぞうしょくろ

[英] Fast Breeder Reactor (略称:FBR
高速増殖炉は、高速炉*1のうち、核分裂によって消費されるプルトニウムより、燃料となるウラン238から生成されるプルトニウムのほうが多くなる炉のこと。反応速度は速くはない。
冷却材として液体金属(ナトリウムなど)を使用する。おもな理由は軽水炉で使用する「水」を使用するとそれが減速材となり、高速中性子が熱中性子となってしまうからである。
238U(安定元素)を炉の中に置き中性子を吸収させて239Pu(放射性元素)に変え、核燃料の増殖を同時に行う。
1995年12月にナトリウム漏れ事故を起こした「もんじゅ」が有名。
「もんじゅ」は2010年5月に14年半ぶりに運転再開するも3ヶ月後に炉内中継装置という装置が原子炉の容器内に落下、
稼働も停止もできない状態が続いている。
関連:
原子炉、原子力発電、プルトニウム、ウラニウム(ウラン)、ナトリウム、中性子

*1:他の原子炉が遅い中性子(熱中性子)を使用するのに対し、核分裂で生じた速い中性子(高速中性子)をそのまま使用する炉のこと

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ