5-HTP

(一般)
ひどろきしとりぷとふぁん

ヒドロキシトリプトファンというアミノ酸の一種。

感情や睡眠、食欲を司るセロトニンという脳で作られるホルモンを増加させる作用がある。
このセロトニンの量が少なくなると、うつ病になりやすくなる。
さらに食欲を抑える効果もあり、減量に役立つ。

5-HTPは不眠症の治療にも効果がある。
セロトニンの量が増えることにより、安眠効果が高まる。

睡眠薬や抗うつ剤は口の渇き、性欲の低下などの副作用があるが、5-HTPにはこのような副作用はないとされている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ