UPnP

(コンピュータ)
ゆーぴーえぬぴー

ユニバーサルプラグ&プレイ(Universal Plug & Play)の略。Ethernetや無線LAN、IEEE1394(over IP)ネットワーク上にある様々な機器を「接続するだけで」ネットワーク上での利用を可能とする技術の総称。

基本的には以下の機能の総称である:

  • IPアドレス割り当て
    • DHCP、およびプライベートアドレスの自動割り当て技術が用いられる
  • 名前解決
    • DNS、およびIPブロードキャストによる。
  • デバイスの発見と機能の把握
    • SSDP(Simple Service Discover Protocol)と呼ばれるプロトコルを用い、IPブロードキャストでデバイス同士のマッチングを行う。またLDAPサーバがある場合は、それによりネットワーク上にある機器の管理を行うこともできる

最近よくいわれる「UPnP対応ルータ」や「ホームゲートウェイ」は、これらのコアとなる機能を提供する。従来P2P的なプロトコルをIPマスカレード環境で利用する際に必要だった「ポートを開ける」といった機能もSSDPを通じて提供される。Windows/MSN Messengerはこれを用いてP2P通信を成立させている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ