Blackcomb (黒こんぶ) の日記 RSSフィード

  Stay Cool, Fool. Take one day at a time. Go ahead, make my day. Glory through suffering
  Everything will be okay in the end. If it's not okay it's not the end.

2015-07-05 (Sun)

[] インドアサイクリングの決定版 ZWIFT を試してみた

巷で*1話題の ZWIFT を試してみました。

http://zwift.com によると、ソロサイクリストのためのソーシャルサービスのようです。確かにそういった楽しみができるのは実際にチーム練とかやってみると想像以上の面白さがあるかも。

必要なものは、

  1. ローラー台
  2. ANT+ 規格のデバイス。パワーメーター、心拍計、スピードセンサーやケイデンスセンサー*2
  3. PCまたはMacに ZWFIT アプリをインストール (現在 Beta なので無料)
  4. ANT+ デバイスからの信号をPC側で受信するためのUSBドングル

です。

私の場合は、普通の ELITEの固定ローラー台、パワーメーター(Quarq)、Windows 8 PC、USB アダプタ。USBアダプタは知人から教えてもらったBC-ANT-USBです。Garmin 純正のUSBアダプタと比較するの価格は半分以下なのでかなりお得。

最初にZWIFTを起動すると初回のみプロファイル設定やデバイスの検出などが行われます。プロファイルの設定は難しい内容は何もなくとてもシンプル。デバイスの検出についてもワンクリックで Quarq が問題なく検出されたのでパワーメーターとケイデンスセンサーが認識されました。そうなるとスピードセンサーなどは認識不要でした。セットアップはいたって簡単。この辺りの完成度はなかなか高いです。

f:id:Blackcomb:20150705221748p:image

コース中にはいろいろな国の人が走っているので、一人で黙々とトレーニングしているのとはまた違った雰囲気です。山岳ポイントやスプリントポイントなどが設定されており、このポイントが近づくとやっぱりつい頑張っちゃいますねw 同じようなパワーの人が走っていると、抜きつ抜かれつになるのでこれまたちょっと頑張っちゃいます。パワーなどメインのデータはリアルタイムに画面に表示されているので、サイコンとにらめっこする時間はほとんどなかったです。

どれくらい走ったらゴールになるのかわからないので、取り敢えず65分(私としては頑張った...)ほど走ってバイクを降りましたが、ここのところ練習不足なことも手伝ってへとへとになりましたw ついつい頑張っちゃうので回復走みたいなメニューには向かないかもしれません。

いや〜、これ完成度が想像以上に高くて感動しました。とっても楽しい、でもキツイw

告白すると USBアダプタを買ってから1ヶ月以上箱から出していませんでしたが、梅雨のおかげで重い腰を上げることができました。そして、最後にローラーに乗ったのがいつだったのか覚えていませんが、もしかすると去年の冬かも。そうなると1年5か月ぶりとかかもしれません。

走っているといろいろ Unlock されていったので、そういうゲーム特有のエンターテイメント性がいつも使っているパワーメーターとローラーで出来るというのは画期的。

ローラーは嫌いだけど、またやってみたいと思います!

f:id:Blackcomb:20150705221749p:image

*1:正確に言うと私の周りの自転車関係の知人

*2:すべて必要なわけではないです

2015-07-04 (Sat)

[] 気になるサイクリング ウェア ブランド (その2)

「気になるサイクリング ウェア ブランド」の第2弾です。今回は7つのブランドを紹介したいと思います。

(順不同) 中には既にメジャー級のものも含まれていますが、個人的に好きだったり知らない人もいるかもと思って含めてみました。カッコ内はそのブランドがどこの国をベースにしているかで、[Men's] と [Women's] はそれぞれ男性用、女性用のウェアがあるかどうかを示しています。

VOLERO

http://volero.com.au (Australia) [Men's]

シンプルなデザインと水色がきれいなジャージが目を引く。$50 で送料、ニュースレターのサインアップで10%オフだそうです。

f:id:Blackcomb:20150628234506j:image:h210 f:id:Blackcomb:20150628234505j:image:h210

Machines For Freedom

http://machinesforfreedom.com/ (USA) [Women's]

Machine For Freedom も Lexi Miller 同様に女性用のみの展開という今はまだ珍しいショップです。写真を見ると光沢のある素材の通気性とかが心配になるけど、さすがにそこは大丈夫なんでしょう。ぜひ日本の女性にも。Happiness Guaranteedプログラムは品質に対する自信の表れなんでしょう。写真でモデルになっている女性も綺麗 :)

f:id:Blackcomb:20150327165932j:image:h210 f:id:Blackcomb:20150327094105j:image:h210

Cream

http://creamcycling.myshopify.com/ (Australia) [Men's] [Women's]

Black Sheep Cycling のように Season 1, Season 2 のように順次展開している様子。袖はレーザーカットが施されているのでフィット感は高そう。女性用は今日時点では1種類しかありませんでした。

f:id:Blackcomb:20140706070305j:image:h210 f:id:Blackcomb:20150628234500g:image:h210

Café du Cycliste

http://www.cafeducycliste.com/ (France) [Men's] [Women's]

日本への送料は€15、€130以上で送料無料。派手さはないもののシンプルなデザインは好みです。モデル着用写真を見た感じだと、ジャージのサイズとフィット感はピタピタというよりも少しリラックスしたフィットなのかなという印象。女性用も充実しています。直販より http://www.alwaysriding.co.uk などで買う方が安いことが多いです。

f:id:Blackcomb:20150628234503j:image:h210 f:id:Blackcomb:20150628234504j:image:h210

WARSAW

http://warsawcycling.bigcartel.com/ (France) [Men's] [Women's]

空力特性に優れた素材/カッティング/フィットのようです。お花が好きな人にはいいかも。男性モデルの髭とピアスが個性的。:-)

f:id:Blackcomb:20150628234507p:image:h210 f:id:Blackcomb:20150628234508p:image:h210

Q36.5

https://www.q36-5.com/content/en-1/home-q36-5.html (Italy) [Men's] [Women's]

Q36.5 の36.5は健康な体の体温の値を示しているそうです。キットの上下だけでなくベースレイヤーやアクセサリー類もひと通り品揃えがあります。

f:id:Blackcomb:20150628234502j:image:h230 f:id:Blackcomb:20150628234501j:image:h230

Cadence

http://shop.cadencecollection.com/ (USA) [Men's]

ウェア類だけではなく、Ritchyのステムやハンドルバーのカスタムペイントなど自転車のコンポーネントやパーツ類などもあります。Tシャツやボトルも豊富。セール品もあるのでチェックしてみるといいかも。今日時点は独立記念日の$50 OFFクーポンコード FIREWORKS もあるようです。

f:id:Blackcomb:20150704221542p:image:h220 f:id:Blackcomb:20150704221541p:image:h220

今回は以上です。次回第3弾も書きますのでお楽しみに〜

2015-06-27 (Sat)

[] 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話

f:id:Blackcomb:20150627234931p:image:w140:right学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」(坪田信貴 著)

今年の2月に読了した大ベストセラーです。その後映画化もされたけど見逃してしまいました。表紙とタイトルのインパクトもありますが、純粋に読み物として面白かったので一気に読んでしまえます。ベストセラーになったのもわかります。

受験を控えた子どもはもちろん、子どもを持つ親、部下を持つ人はここで紹介されているテクニックは教育や指導に大いに役立つと思います。

高校生でサンタを信じてた学年ビリのさやかちゃんが慶応大学に現役合格したお話し。坪田先生とおバカなさやかちゃんのやり取りがとっても面白い。例えば、「生類憐みの令」がどうしても言えないさやかちゃんは「しょうるいあまれるのめい」になったり「しょうるいあらめりのめい」になったりします。(笑)

そういうやり取りの合間に心理学や学習法などが沢山紹介されています。でもとても平易な言葉で書かれているので堅苦しさや難解なものはまったくありません。

メンタル〜目標〜計画。誰でも知ってるしわかっているけど、多くの人がきちんとできていないこと。モチベーションを保つための6割と4割、臨在性と迫真性、山田詠美の「ぼくは勉強ができない」、コーネル式ノート、小論文と作文の違い、「14歳からの哲学」、「教えない、支える指導」、相手の行動を変えるのではなく自分の行動を変える、行動療法、ツッコんで笑いにして重畳効果をリセット、ツァイガルニック、Beingで評価、プロスペクト論、やる気の順番などなど、へーなるほどねーという内容がてんこ盛りです。

また、坪田先生とさやかちゃんの次に重要な登場人物は、やはりお母さんのああちゃんでしょう。良識にとらわれない我が子を信じて取った素晴らしい行動は素晴らしいです。さやかちゃんが素直で優しいのはああちゃんという素晴らしいお母さんがいたからなのでしょう。

合格発表のあたりから目頭が熱くなって、泣いてしまいました。

「子どもが夢を語って努力を始めた時、周囲は、それを信じて温かく見守る」--- ただそれだけでよいのです。

受験直前に先生がさやかちゃんのボロボロになった英和辞書に書いた一文がすてきです。

Where there is a will, there is a way.
   (意思のあるところに、道は開ける)

2015-06-21 (Sun)

[] 気になるサイクリング ウェア ブランド (その1)

私がロードバイクに乗り始めた頃って、サイクリングウェアの種類もそれほど多くなくて正直これはオシャレでカッコいいというものはほとんどなかった気がします。だから Rapha を知ったときは嬉しかったのを覚えています。サイクリングウェアって、高機能ということもあり高いですよね。Rapha はその中でも高級ブランドのひとつですが、好きなデザインが多いです。

サイクリングウェア市場に新しいブランドが沢山生まれて活性化してきたのは、ここ数年ではないだろうかと個人的には感じています。残念ながら、その中で日本のブランドがあるのかどうか私は知らないのですが、日本発のものが出てきて欲しいですね。

今回は、その第1弾として、ほんの一部の13のブランドを簡単に紹介してみようと思います。(順不同) 中には既にメジャー級のものも含まれていますが、個人的に好きだったり知らない人もいるかもと思って含めてみました。カッコ内はそのブランドがどこの国をベースにしているかで、[Men's] と [Women's] はそれぞれ男性用、女性用のウェアがあるかどうかを示しています。

BRANDT-SORENSON

http://brandt-sorenson.com/ (USA) [Men's]

質感はなかなか良さそうです。シンプルなデザインのジャージが多く、配色がいいのが特徴ですね。いつか買いたいなとは思っているのですが、それほど安いってほどでもないので、後回しにしています。セール品をチェックしてみるのもいいかも。

f:id:Blackcomb:20150621185159j:image:w210 f:id:Blackcomb:20150621185158j:image:w210 f:id:Blackcomb:20150621185157j:image:w210

howies

http://www.howies.us.com/mens/clothing/cycle.html (UK) [Men's]

洋服のブランドがジャージも作りましたってやつですね。とにかくシンプル。ブランド名のテキストがどーんと入っているだけのものとかが結構多いので、こういったロゴもないようなシンプルなデザインはユニクロっぽくてありかも。価格も比較的安い。ちなみに下の写真の背中のポケットに入っている携帯ポンプは私の持っているものと同じPDWのものです。:-)

f:id:Blackcomb:20150621185828j:image:h220 f:id:Blackcomb:20150621185827j:image:h220

Hunter Bros Cycling

http://hunterbroscycling.com.au/ (Australia) [Men's]

これはかなり人目をひくデザイン。目立つならこれ!

f:id:Blackcomb:20150621190702j:image:h230 f:id:Blackcomb:20150621190703j:image:h230

KINDHUMAN

http://www.kindhuman.cc/shop/ (Canada) [Men's] [Women's]

自転車ウェア専門ブランドというよりもバイクメーカーがウェアも作っているという感じ。チームキットがなかなか安くてよさげ。ジャージはセールだと$42〜。上下とソックスのバンドルでUS $125〜。買ったことがないので、質感はまったくわからないけどこの価格は魅力的であることには変わりはないでしょう。

f:id:Blackcomb:20150621191325p:image:h220 f:id:Blackcomb:20150621191323p:image:h220

OPSAL SPORT

http://www.opsalsport.com/ (USA) [Men's]

ジャージも少しあるけど、このOpsal Sportはクラシカルな雰囲気のTシャツやアートポスターの方が好みです。ケイリンのTシャツなんて逆に日本じゃ買えないかも。これ来て競輪場行ったら注目の的になるかも?

f:id:Blackcomb:20150621191745j:image:h220 f:id:Blackcomb:20150621191744j:image:h220

Cycling Souvenirs

http://www.cyclingsouvenirs.com (UK) [Men's]

サイクリングジャージというよりも、その名の通りサイクリング好きのためのお土産物屋さんといった感じ。ファンなら欲しくなるものもちらほら。ジャージも少しだけあります。

f:id:Blackcomb:20150621192143j:image:h220 f:id:Blackcomb:20150621192142j:image:h220

The Wonderful Socks

http://www.thewonderfulsocks.com (Italy) [Men's] [Women's]

上質なイタリアのソックスブランド。Resistex Carbon という高機能素材が含まれているらしい。GiroとかMarcoとか自転車好きには思わず欲しくなるような商品名とデザインもあります。でもちょっとお高めかな。

f:id:Blackcomb:20150621223945j:image:h220 f:id:Blackcomb:20150621223944j:image:h220

SEARCH AND STATE

http://searchandstate.com [Men's] [Women's]

こちらも潔いほどシンプルなデザインですが、見た感じジャージもジャケットも良さそう。特に S1-J ジャケットは個人的には買ってみたいもののひとつです。ベストやBIB、ウォーマーなどもどんなジャージにでも合いそう。こういうシンプルなモノトーンのウェアを女性が着こなすと絵になりますね。

f:id:Blackcomb:20150422192349j:image:h220 f:id:Blackcomb:20150621225211j:image:h220

Tenspeed Hero

http://store.tenspeedhero.com (USA) [Men's] [Women's]

言わずと知れた TSH です。ここはシクロクロス スキンスーツや女性用ウェア、ソックスが充実しているのも特徴。私も TSH が好きで沢山買いました。ジャージやBIBは Nalini 製です。胸囲で合わせると背が高い私には丈がちょっと短めなのが唯一の悩み。送料はジャージだと$20くらいかかります。不良品の返品などは驚くほどスピーディでスムーズでした。

f:id:Blackcomb:20150621225734j:image:h220 f:id:Blackcomb:20150621225733j:image:h220

Ornot

http://www.ornotbike.com (USA) [Men's] [Women's]

Ornot はClassic Black Ornot のジャージとビブくらいしかなかったけど、今は女性用も含めてかなり種類が増えてきました。人が着ているのや写真を見た感じは、光沢があってフィット感のある素材が男っぽく見えていいですね。割とリーズナブルな方だと思います。

f:id:Blackcomb:20150621231007j:image:h220 f:id:Blackcomb:20150621231006j:image:h220

PEdAL ED

http://www.pedaled.com (Italy) [Men's]

カタカナでペダレッド。ここは日本でも取扱が多いのでかなり有名じゃないでしょうか。でも日本で買うより(直販で買うより) AlwaysRiding.co.uk などの海外通販で買った方がお得ですね。Kaido, Okabe jersey が2枚看板。後姿のラインが好きなので、どちらか買ってみたいです。日本の取扱店舗はhttp://www.pedaled.com/stockists

f:id:Blackcomb:20150621231539j:image:h220 f:id:Blackcomb:20150621231540j:image:h220

Black Sheep Cycling

https://blacksheepcycling.cc (Australia) [Men's] [Women's]

Movement に参加すると先行リリースで少し割引価格で購入できます。こういうビジネスのスタートの仕方もあるんだなと見てて思ったことを覚えています。シンプルなデザインが基本だがときどき派手なものもある。Essentials シリーズのジャージを一着欲しいところです。最初はなかった女性用も充実してきました。

Black sheep という名前もいいですよねw

f:id:Blackcomb:20150621232224j:image:h220 f:id:Blackcomb:20150621232223j:image:h220

Lexi Miller

http://leximiller.com/ (USA) [Women's]

サイクリングウェアという限定されたマーケットは、まだまだ男性の方が需要が大きい。そんな中で Lexi Miller はあえて女性用ウェアだけで勝負しようとしているところが素晴らしい。ニュースレターにサインアップすると15% off クーポンコードが送られてきます。$250で送料無料。美しいビデオはこちら: https://vimeo.com/95033884

f:id:Blackcomb:20150621232603j:image:h220 f:id:Blackcomb:20150621232604j:image:h220

まだまだ他にも沢山あるので、第2弾を別途書きたいと思います。

2015-06-14 (Sun)

[] 2年ぶりの Mt.富士ヒルクライム

2年ぶりに Mt.富士ヒルクライムに参戦してきました。

f:id:Blackcomb:20150613095051j:image:w350:right今年もあんまり自転車乗れていないので、エントリーする予定はなかったのですが、知人の猛烈な包囲網に会ってw 半ばヤケクソ気味にエントリーw ゴールデンウイーク前後から毎週峠計画のもと最低レベル(2年前)までは一旦は戻せた。

ところが、その後出張とか風邪とかオフサイトとかいろいろあって、たぶん直近の3週間で2回しか自転車に乗っていない模様。しかもジテツウと近所を30km走っただけ。特に先週の日曜日から風邪をひいてしまい、かなり回復したとはいうものの、諸症状は続いているので、最悪のコンディションでした。

今回は男性11名、女性6名の大所帯となり、民宿いわきに初めて泊まってみました。決して新しい感じではないけど、よく掃除されていて、親切でした。

f:id:Blackcomb:20150613190205j:image:h350

朝から雨予報だったのが、かなり回復してスタート前も小雨がぱらついている程度。そしてスタートしてからはすっかり止みました。下山するころには路面もドライになり、お昼前には晴れ間も出て日焼けしちゃうほどの天気になりました。

風邪と練習不足なので、いくら秘密兵器の ZIPP 303 を履かせても焼け石に水でしたね。結果は90分*1と圧倒的なワースト記録を作ってしまいました。いくら風邪とは言え、悪くても 85分では登れるだろうと思っていたけど甘かった。

スタート地点から200-300m走ってしまってからサイコンのスタートボタンを押すのを忘れていたり、スタート地点からの総タイムを表示していなかったり、ヒルクライムで重要なことが軒並みできていませんでした。おまけに脚がつりにくくなるという漢方薬も風邪をひいてから1度も飲まず。挙句の果て、ゴール直後に斜め前の人がいきなり斜行してきてぶつかりそうになったということがあり、サイコンのストップ押し忘れていたり、とにかくダメダメでしたね。

それから、ペース配分も間違えたようです。踏み過ぎて消耗しない全体的に出力を低めに抑え過ぎたのかもしれません。

いくら風邪で辛かったとは言え、それとは無関係の部分でもミスが多すぎましたね。

*1:自己ベストから13分も遅い!