Blackcomb (黒こんぶ) の日記 RSSフィード

  Stay Cool, Fool. Take one day at a time. Go ahead, make my day. Glory through suffering
  Everything will be okay in the end. If it's not okay it's not the end.

2017-11-04 (Sat)

[] Cannondale SLATE Experience - 紅葉八溝山 & 国有林道

f:id:Blackcomb:20171103094224j:image:h250:right少し前の話になってしまいますが、備忘録として書いておこうと思います。

11月4日に Ride Experience 主催のイベント「Cannondale SLATE Experience - 紅葉八溝山 & 国有林道」に参加してきました。facebook か何かで見つけて興味を持っていたところ、Sさんがすでにエントリーしたという話を聞いて私も勢いでエントリーしたのがこちらのイベント。Ride Experience 主催のこのイベントは少人数制のグループライドでレースでもよくある大規模なロングライドイベントでもない、もっとこぢんまりとしたグループで走行する、個人的には自分の趣向に合うタイプのものです。しかも今回は自分のバイクで走るのではなく、参加者全員が Cannondale SLATE という現在注目を浴びているバイクをレンタルして走るんです。*1

この SLATE というバイクは、今までになかったタイプのもので、700x23c の一般的なロードバイクと同じタイヤ外径となるように 650c ホイールにワイドな42c タイヤを装着。しかもフロントは片側のみのフォークで、かつそれがサスペンションフォーク。ダートを走っていても抜群の安定感に驚かされます。そんなアドベンチャーにもってこいのバイク SLATE を参加者全員が乗っているというのもワクワク感を増長させます。

f:id:Blackcomb:20171103094407j:image:w300 f:id:Blackcomb:20171103114716j:image:w300

2016年に自転車部合宿と称してみんなで那須に走りに行ったとき、ランチ処でたまたまお知り合いになったのが Ride Experience の山本さん。あの Rapha Prestige 那須のルートを引いた方です。そのときは八溝林道なども走り、那須の林道の楽しさを満喫したのを覚えています。今回は、その山本さんがガイド役で一緒に走ってくれるコースなので悪いわけがないですね。しかも山本さん、さすがいつも那須を走っているだけあって登りが強い!しかもサポートカー付きなので、ポイントポイントで荷物を預けたりといった技もできちゃいます (^^)

f:id:Blackcomb:20171103111848j:image:h200 f:id:Blackcomb:20171103134125j:image:h200

コースは前半は割と舗装路が多めでときどきあぜ道を交え、峠越えで最高の紅葉と眺望を満喫します。そして、山の中でテントを張ってのクオリティの高い贅沢なランチと淹れたてのコーヒーがこのライドの満足度をさらに高めてくれます。

f:id:Blackcomb:20171103134747j:image:h210 f:id:Blackcomb:20171103134101j:image:h210

途中で立ち寄ったおばあちゃんがやっている昭和にタイムスリップしたかのような商店での小休止も格別でした。こういったポイントは、地元の人じゃないと絶対わからないですね。

f:id:Blackcomb:20171103120755j:image:w300 f:id:Blackcomb:20171103150811j:image:w300

そして後半は、落ち葉の林道やグラベルロードの登りと下りで、SLATE の性能を存分に堪能できます。私のシクロクロスバイクも割とどこでも行けちゃうけど、この SLATE はさらにオフロードバイク寄りですね。

色々あって、思いの外時間がかかってしまったので段々辺りが暗くなり、結局最後のグラベルロードの峠越えは断念して迂回路を回ることになったのが少し残念ではありましたが、あのときのあの判断はそれ以外はないものだったので仕方がないでしょう。

f:id:Blackcomb:20180102180641j:image:h300 f:id:Blackcomb:20180102180642j:image:h300

車や信号も少なく、紅葉も綺麗で、舗装路だけではなくダートもガンガン走るという個人的にはとても満足度の高いライドでした。やはり、バイクで那須を走るのはお勧めですね。

こちらはそのときに撮ったGoPro映像を約2分半にまとめたものです。きっと楽しさが伝わるはず!
D

*1:SLATE 所有者は自身のバイク持ち込みだと少し割引あり

2017-08-27 (Sun)

[] マウンテンサイクリング in 乗鞍 2017

もう2か月前のことなんだが、一応記録として残しておくことにします。

過去に何度か応募したけど抽選で外れたりで結局一度も参加したことがなかった乗鞍。国内のヒルクライムのレースでは、距離/獲得標高/難易度/景観で総合的にベストなヒルクライムと言われているだけにレースではなくとも一度は走りたいと思っていました。今回友人が誘ってくれたのをきっかけに参加することにしました。

f:id:Blackcomb:20170827095953j:image:w400

前日受け付けして、前夜は松本でプチ宴会。出張とかが重なったこともあり殆ど乗れていないのでコンディションはかなり悪い。中途半端ではなくホントに乗れていなかったのである意味開き直っての出走となりました。朝はさすがに寒かったけど、これでもかというくらいの快晴になり、乗鞍を走るにはこれ以上ないお天気になりました!

今年で第32回を迎える歴史あるこのヒルクライムのコースプロフィールは、松本市安曇乗鞍高原観光センター前を出発、CP1/三本滝レストハウス(7km)、CP2/位ヶ原山荘(15km)を経て長野・岐阜県境がゴールの全長20.5km、標高差1,260mの堂々たるコースです。いや〜、正直かなりきつかったです。(^^;;

f:id:Blackcomb:20170827090742j:image:w330 f:id:Blackcomb:20170827091624j:image:w330

5km毎のラップを見返してみると、確かに前半はそれほどないが、後半にかけて勾配がきつくなってきます。そして、最初の5kmでそれほど頑張りすぎたわけでもないのに、時間とともにみるみるとケイデンスもパワーも下降していっているのがわかりますね。典型的な黄金のタレっぷりを発揮しています。かといって序盤の貯金とかがあるわけでもないので、最初から最後まで全然パフォーマンスが出ていませんでした。気持ち的にも全然追い込めていおらず、この先どんなにしんどい坂が待ち受けているんだろうということを考えて頑張りすぎないように抑え気味に走っていたのはありますが、かと言って楽だったかというと決してそんなことはなく、疲労困憊で九十九折で斜度が上がるときなどはかなり辛かった。そして残り距離1kmくらいから少し悪あがきをしてペースを上げようかと思ったけど、残り距離の標識と私のGarmin距離表示が全然合わない。700-800mほど合わない。今思えば標識を信じるべきだったのにGarminの表示が正しいと勝手に思いラストスパートのタイミングを待っていたら、急にゴールが残り100mとかになり、「あれ?」っと思ったけど時すでに遅し。500W弱出てたな...

SplitsTimeDistanceElev GainAvg SpeedAvg CadenceNP
1 18:345.00 262 16.2 75 235
2 20:245.00 278 14.7 72 220
3 24:255.00 328 12.3 68 210
4 24:434.87 318 11.8 63 204

f:id:Blackcomb:20170827095018j:image:w330 f:id:Blackcomb:20170827100334j:image:w330

でも、辛いだけじゃないのが今回の乗鞍です。もうとにかく最高のお天気に恵まれて景観が素晴らしい!富士ヒルクライムスバルラインは富士山という絶対的なシンボルがあるものの景観自体はそれほどでもないですよね。乗鞍は、特に森林限界を超えてからの景色が素晴らしい。位ヶ原辺りから雪渓も見え始め、体力的には辛いけどこの景観の中を走っているのがめっちゃ気持ちよかったです。おの絶景を見ることができたので、本当に参加してよかったと心から思えました。そう言えば、誰かが「もう何度も乗鞍は走っているけど、こんなに遠くの方の山々がきれいに見えたのは今回が初めてかも」と言っていました。初めて参加したのに私は何てラッキーだったんでしょう。

f:id:Blackcomb:20170827094621j:image:h330 f:id:Blackcomb:20170827095739j:image:h330

レースの結果は、想定範囲内とはいえ散々でした。クラス別だと完走 888人中 173位でした。

f:id:Blackcomb:20170827100334j:image:w330 f:id:Blackcomb:20170827100346j:image:w330

2017-08-06 (Sun)

[][] スイス旅行 番外編 (スイスで見かけたサイクリスト達)

スイス旅行の番外編として、旅の色々なところで見かけたバイク、サイクリスト、それにまつわる写真などを集めてみました。今回の旅行では残念ながらバイクに乗るチャンスはなかったのですが、アルプス大自然を前にして乗りたくならない訳がなく、実際に乗っている人たちを見ると本当に羨ましかった。普通にバイクを列車に乗せて移動し、ソロ、仲間、家族でライドを楽しむのが特別なことではなく身近なことで、そういうことを始めるのが家族や周りの環境からするとごく自然なことなんだろうなと思った。ヨーロッパでは自転車というスポーツが強いのも大いに頷けますね。

ロードバイク、TTバイク

ロードバイクはソロや少人数のライドを楽しんでいる人が多かった気がします。ここにはないけど、あのカフカ峠をすぐいスピードで登っていたローディーとか、ソロで九十九折の下りを見事なライン取りで下っていた美しい女性ライダーとか、みんな手足が長くて速そうでしたね。(^^; ウェアはさまざまでしたが、アソス比率が若干高めなのはスイスならでは?TTバイクは1度だけ見かけたけど、それがなんとCervelo P5X でした。

f:id:Blackcomb:20170801214811j:image:w330 f:id:Blackcomb:20170801210713j:image:w330

f:id:Blackcomb:20170801210749j:image:w330 f:id:Blackcomb:20170801204741j:image:w330

f:id:Blackcomb:20170801215352j:image:w330 f:id:Blackcomb:20170805165716j:image:w330

f:id:Blackcomb:20170805171040j:image:w330

MTB

私が訪れた場所がアルプスの山群という地域の特性に大きく影響しているのだとは思いますが、ロードバイクよりはMTBの方を沢山見かけました。東京辺りだと(当たり前ですが)ロードに比べてMTBを見かけることの方が圧倒的に少ないのでこんなに沢山MTBを見たのは初めてでした。私はMTBのことはまったくわからないのですが、列車やケーブルカーなどにMTBを積んで山の上の方まで行くというのは、スイスではフツーに見られる光景でした。ケーブルカーのように小さめのものは別として、普通の列車だとバイク専用の車両があり、皆さんそこにバイクを乗せてから、自分たちは別の車両の座席に座るという感じです。ああー、なんとも羨ましい。こういう人達はガチな感じから、カップル、子連れのファミリーまでさまざまでした。東京に住んでいると、MTBが活躍する場所は限られているのですが、スイスならMTBにぜひ乗ってみたいなと思わせる魅力がありました。MTBのレンタルバイクも結構ありました。

f:id:Blackcomb:20170801203738j:image:w330 f:id:Blackcomb:20170801204426j:image:w330

f:id:Blackcomb:20170801211006j:image:w330 f:id:Blackcomb:20170801212716j:image:w330

f:id:Blackcomb:20170801214126j:image:w330 f:id:Blackcomb:20170802170545j:image:w330

f:id:Blackcomb:20170803181822j:image:w330 f:id:Blackcomb:20170803185702j:image:w330

f:id:Blackcomb:20170805160127j:image:w330 f:id:Blackcomb:20170805213132j:image:w330

f:id:Blackcomb:20170805220545j:image:w330 f:id:Blackcomb:20170805220840j:image:w330

f:id:Blackcomb:20170805221104j:image:w330

その他のバイク

スネガからツェルマットへ下るのにキックバイクというバイクのレンタルもありました。これは楽しそうでしたね。:-)

f:id:Blackcomb:20170803223445j:image:w330 f:id:Blackcomb:20170803224018j:image:w330

f:id:Blackcomb:20170803224023j:image:w330

サインなど

MTBバイクコースを示す標識なんてのがあることがそもそも素晴らしくもあり羨ましくもある。日本ももっと自転車の地位が上がるといいなぁ。

f:id:Blackcomb:20170801203839j:image:w330 f:id:Blackcomb:20170802165513j:image:w330

f:id:Blackcomb:20170804200455j:image:w330

f:id:Blackcomb:20170805213145j:image:h330 f:id:Blackcomb:20170805213638j:image:h330

2017-08-05 (Sat)

[] スイス旅行その5 (グリンデルワルト〜ユングフラウヨッホ〜チューリッヒ)

6日目 ユングフラウヨッホ

8日間のスイス旅行もいよいよ最終章です。6日目のメインはユングフラウヨッホ。7日目は朝チューリッヒを出発してミュンヘン国際空港に向かうので実質6日目が旅の楽しみとしては最後ですね。

朝ホテルを出発して、徒歩ですぐのグリンデルワルト駅(1034m)から登山列車に乗って33分、クライネシャイデックに到着(2061m)です。ここでユングフラウ鉄道に乗り換えます。氷河特急も確かに素晴らしかったけど、個人的にはこのユングフラウ鉄道からの景色がとにかく感動しました。これ以上の景色を誇る列車の旅が他にあるのだろうかと思わせるほどでした。

f:id:Blackcomb:20170805172037j:image:w330 f:id:Blackcomb:20170805213257j:image:w330

f:id:Blackcomb:20170805213206j:image:w330 f:id:Blackcomb:20170805213123j:image:w330

f:id:Blackcomb:20170805173255j:image:w340

ここからアイスメーアー(3160m)を経て、約35分でユングフラウヨッホ駅(3454m)に到着です。ユングフラウ鉄道では乗車記念パスポートがもらえ、なんと日本語版もあります。これはとてもちゃんとした作りのものなので必ずもらうことをお勧めします。パスポートによると、ユングフラウ鉄道が開通したのは 1912年だそうです。

Top of Europe と呼ばれるユングフラウヨッホは標高が3400mを越えているので、さすがに酸素が薄い(地上の65%しかない)です。走らずゆっくり行動を心掛けました。ここにはユングフラウヨッホ トップオブヨーロッパ周遊ツアーがあり、<TOUR> のガイドサインに従って通路やトンネルを進んで行けば迷うことはないので助かります。とても綺麗な建物と展示がされており、景色以外でも楽しませてくれます。例えば、360°のパノラマシアター、アイス・パレス、レストラン、お土産屋さん、スノーパークなどです。アイス・パレスにはウイスキー樽があり、ここでできたウイスキーが売店で買えるそうです。うーむ、よく冷えていそうなので氷は不要ですね (^^)

f:id:Blackcomb:20170805182721j:image:w330 f:id:Blackcomb:20170805185146j:image:w330

f:id:Blackcomb:20170805184635j:image:h330 f:id:Blackcomb:20170805184256j:image:h330

そしてハイライトはもちろんスフィンクス展望台(3571m!)です。この展望台に上がれば、一面銀世界が広がり明峰メンヒ・ユングフラウアレッチ氷河などパノラマ絶景が迎えてくれます。ホントにすごい!今回の旅行で標高の高いところにはたくさん行きましたが、雪の上をざくざくと歩いたのはそう言えばここが初めてでしたね。過酷で厳しい氷河は、それ自身が放つ美しさで深い感動を与えてくれます。登山家でも登るのが大変なところに、へなちょこな私でも来れるように100年以上も前に鉄道を作ってくれたスイスの方々に感謝したいです。

f:id:Blackcomb:20170805190101j:image:h330 f:id:Blackcomb:20170805192641j:image:w350

f:id:Blackcomb:20170805193142j:image:w340 f:id:Blackcomb:20170805185425j:image:w340

ユングフラウヨッホからクライネシャイデックまで戻って昼食をとってから再び高原列車に乗って反対方向へ下ります。その後はバスでチューリッヒまで約180km (2.5時間) の旅です。チューリッヒまで来ると、さすがに街の景色ががらっと変わり都会的な感じになりますね。今回のスイス旅行ではアルプスを満喫するという意味では要所はかなり訪れることができたとは思いますが、あの感動を味わうためにまたいつか訪れてみたいなと思いました。トレッキングやマウンテンバイクなどのアクティビティをもっと取り入れると更に楽しくなるだろうけど、そうなるとあまり歳を取ってからだと厳しいですかね。(^^; ドイツ語イタリア語フランス語もできませんが、想像以上に英語が通じるのでなんとかなるもんだということもわかりました。

旅が終わってから2か月弱かかってしまったけど、これで一応旅行記っぽいものはお終い。でもバイクに焦点と合わせた番外編を近いうちにポストしようと思います。

2017-08-04 (Fri)

[] スイス旅行その4 (ツェルマット〜シャモニー/エギーュ・デュ・ミディ〜グリンデルワルト)

5日目 ツェルマット〜シャモニー/エギーュ・デュ・ミディ〜グリンデルワルト

(1か月以上前のことなので記憶を振り絞って書いてみました。なので内容が薄い...)

ツェルマット2回目の朝。朝焼けマッターホルンを見ることができる最後のチャンスです。昨日はてっぺんが雲に覆われていたので残念でしたのが今日はぜひ!と祈る気持ちで5時過ぎに起床。ホテルのカーテンを開けてすぐさまバルコニーに出てマッターホルンの様子をチェック。おおおおぉぉぉー、今日は雲一つない!マッターホルンのてっぺんもしっかりと見えてます。これは朝焼けマッターホルンを拝めるかもと期待が膨らみます。日の出が6:00〜6:15頃なので、身支度をして昨日の朝と同じ橋の鑑賞ポイントに向かいます。到着したときもまだ雲はありません。それから辛抱強く待っていると、少しずつてっぺんの方が朝日に照らされて赤くなってきました。そして、その赤い部分はゆっくりゆっくりと下の方に伸びていきます。こんなに美しくも神秘的な朝焼けの山はみたことがありません。ラストチャンスに無事最高の朝焼けマッターホルンを見ることができました!

f:id:Blackcomb:20170804133830j:image:h300 f:id:Blackcomb:20170804134258j:image:h300 f:id:Blackcomb:20170804134356j:image:h300

f:id:Blackcomb:20170804134611j:image:h350 f:id:Blackcomb:20170804135339j:image:h350

朝食後は電車でテーシュに行き、そこからはバスでフランスシャモニーへと向かいます。シャモニーまでは143km、3時間弱です。昼食はレストラン L'Impossible にて。その後、エギーュ・デュ・ミディ展望台へ行きます。天気が良ければ、ヨーロッパアルプス最高峰モンブラン(4,807m)が鑑賞できるということでテンション上がります。シャモニーロープウェイ乗り場に着いた頃は快晴で暑いくらいでした。そしてさすが有名な観光地だけあって、今までになく人が多い。ロープウェイに乗れるまで1時間はゆうに待ったと思います。

シャモニーの標高が1,037m、そこから1つ目のロープウェイでプラン・ドゥレギュイ(2,317m)に到着。2つ目のロープウェイに乗り換えて、塔状氷塊や氷河の上を通り10分でエギーュ・デュ・ミディ駅(3,777m)に到着。さらにその上に移動すると3,842mというから驚きですね。

f:id:Blackcomb:20170804202232j:image:w320 f:id:Blackcomb:20170804215715j:image:w320

f:id:Blackcomb:20170804221025j:image:w320 f:id:Blackcomb:20170804223249j:image:w320

自分は大丈夫だと思っていたけど、さすがに高地だけあって酸素不足をかなり感じ少しくらくらしました。そんなときはゆっくりと歩く、ひどいときはその場で座り込むという教えを守ってゆっくり歩くことを心掛けました。シャモニーにいるときは快晴だったのに、上に登るにしたがって天候が変化し、みるみると雲に覆われてしまいました。風と雲の動きを注視し粘り強く待っていると少しの間だけ一部雲がなくなる瞬間があったのはよかったです。本格的な登山家みたいな人達も沢山おり、壁のような断崖絶壁を登っていました。凄すぎます...

f:id:Blackcomb:20170804223151j:image:h310 f:id:Blackcomb:20170804223814j:image:h310 f:id:Blackcomb:20170804224106j:image:h310

f:id:Blackcomb:20170804224545j:image:w400

f:id:Blackcomb:20170804224119j:image:h310 f:id:Blackcomb:20170804224624j:image:h310 f:id:Blackcomb:20170804224652j:image:h310

降りるときもロープウェイ乗り場は大混雑。展望台からはモンブランを拝むことを楽しみにしていましたが、雲に覆われてしまい叶わず。仕方がないのでシャモニーの売店でモンブランのTシャツ購入w

シャモニーからは再びバスでグリンデルワルトに移動です。距離は約250km、約4時間。グリンデルワルトに到着すると既に9時。夕食はチーズフォンデュ、オイルフォンデュでした。グリンデルワルト泊で旅もそろそろ終わりに近づいてきました。