脳髄にアイスピック このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-07-11

[]一票を投じることの意味について考えてみた。

 僕の一票で何かが変わるとは到底思えないので選挙には行かなかった | WhiteStyleという記事が話題になっており、ブコメでは例によって、「ゴミみたいなブログ書いてる暇あるなら選挙行けばいいのにな」「おまえは選挙に行かなくていいから、とりあえず能書きをたれるのをやめろ」「ウジウジ小学生みたいな言い訳書いてて、男ならもっとしっかりしろよ」と散々な物言いであり、「はてなってクソだわ。やっぱりさるさる日記がナンバーワン!」という気持ちになってしまうし、そもそも「イケダハヤトを天才とか言っている人はちょっと……ま、話題になって良かったね」で済ませていい話かもしれないのだが、blogの内容自体は彼に限らず選挙に行かない若者について幅広く当てはまる内容かもしれないので、一応成人してからはそれなりに選挙に行っている僕の思うところを書いていきたい。

政治に関して無関心な訳ではない

僕は全く政治に興味が無いわけではない。

今回の参議院議員選挙も、憲法改正において重要な選挙だったという事も、何となく理解したつもりではあった。

ただ、重要な選挙だとしても、僕の一票で何かが変わるとは到底思えなかったのである。

 たとえば、自由民権運動だったり、アメリカでの黒人投票権法成立の過程を引き合いに出して、選挙権の大事さを説いてみても彼の考え方に大して影響を与えることはないだろう。

 今の若者にすれば選挙権など、蛇口を捻れば水が出てきたり、当たり前に空気が吸えたりするようなもので、そのありがたみを実感するのはなかなか難しいのではないだろうか。

 僕だって子供の頃は、お爺ちゃんに戦時中はいつも食料が不足していた。毎日三食食べられる今の世の中がどれだけありがたいかという話を聞かされても、その日の食卓にホウレンソウのお浸しがあがれば、「これ食いたくねえな……」とナチュラルに思ったものだ。

 そのような中で一票の価値というものをどのように説明するべきか。

 ここで古くから知られている有名なパラドックス、ハゲ頭のパラドックスを紹介しよう。

「髪の毛が一本もない人はハゲである」(前提1)

「ハゲの人に髪の毛を一本足してもハゲである」(前提2)

ここで前提1に前提2を繰り返し適用していく(つまりツルッパゲの人に髪の毛を一本ずつ足していく)。そして次の結論を得る。

「よって全ての人はハゲである」(結論)

 違う、そんなことはない。世の中にハゲじゃない人はいっぱいいる。少なくとも俺はハゲではない。床屋さんとかで後ろ髪切り終わった後に、「こんな感じでいいですかあ」って後頭部を鏡に映されるたびに不安と恐怖で少し吐きそうになるけど、俺はハゲじゃない。あと最近のエレベーターで、防犯カメラで上部からエレベーター内部を映した映像をリアルタイムで見れるやつあるじゃないですか、あれ見る時もすげー怖くて心臓がバクバクする。

 いや、その話はよくてパラドックスの話である。

 ハゲに髪の毛一本加えたとしても、ハゲはハゲでしかなくとても無力という話だが、そういう無力な一本一本が集まることで我々はハゲじゃないと胸を張って言えるのである。

 このように一見無力な一本一本が頭髪の持ち主に大きな影響を与える……そう、そしてそれは君が持つ一票も同じさ!という話なのだけど、こういう上手いこと言おうとして、全く言えてないたとえ話が出た時点で、大半の人はウィンドウを閉じるという統計の結果が出ているので、そうなる前に次の話題に移りたい。違うんだ。僕は髪の毛とかじゃなくてもっと生産的な話がしたいんだ。

中途半端な興味だと理解しきれない部分が多い

正直な話、政治にちょっと興味がある程度だと、政治に関して理解出来ない部分が多すぎる。

情報収集と言えば、テレビとインターネットが主になるとは思うが、どこを見ても「何が正解」なのかが全く分からない。

これは僕の情報収集における、リテラシーが足りなすぎるのかもしれないが、本当にそうなのだ。

今年から18歳以上の若者にも選挙権が与えられ、高校の授業で色々な議論がなされているようだが、正直あれは羨ましいと思った。

僕は政治に興味がありながらも、選挙に参加をしないのは、政治を完全に理解出来ていないからこそなのかもしれない。

 これに関しては、昔の偉い人の言葉を紹介したい。

f:id:Lobotomy:20160711235709j:image

 選挙権を与えられた以上、投票する権利は18歳以上の国民全員に文句なしに与えられており、別に政治を完全に理解していなかろうが、誰に恥じるなく投票していいのだ。

 むしろ自分が完璧に理解する日が来ると信じて投票に行かない方が不味い。

 かく言う僕も大して政治に興味があるとは言えない人間である。それでも目に入る情報――テレビ見たり、新聞読んだり、ネットでポチポチしたりして――を集め、自分が投票することで最終的に一番自分に利益を還元してくれるだろう人を選んで投票している。だが、その熱心さは「今晩は何で致すか……」とDMMでサンプルを観てる時の十分の一にも及ばない。

 そんな適当でいいのかと言われるかもしれないが、それが民主主義というものである。

 まあ、遠くない将来に起こるであろう、自民党憲法改正に対して真剣に頭を悩ませる憲法学者にも、「このガチャには必勝法がある……!」とか言って毎日特定の条件でソシャゲーのガチャを回し続ける狂人にも、同じ一票が与えられており、それこそが民主主義の最大の美点であり、欠点であるのだが、まあそもそも政治に正解なんてない。

 人生に正解はなく、政治にも正解はない(ドヤ顔

 インターネットにはたまに「自民党に入れるとはお前はきちがいか!?」「お前らが民主党に入れたせいで世の中は悪くなった」などとのたまう人もいるが、そういう人を観かけたら、「この人は民主主義というものをわかっていないのだな」と思ってスルーしておこう。

選挙に行かない人は文句を言う権利がない

選挙に行かないんだったら文句を言う権利なんてない!」

これって良く言われる事だけど、僕はこの主張がそもそも理解出来ないし、別になんの文句も言う気もない。

自分が選挙に行ったとしても結果が変わらないのだから、どんな結果が出ようと受け入れるしかないのだ。

それよりも、選挙に行った人が結果を見て、「こんなの民主主義じゃない!」という文句を言っている人はみっともないとすら思えるが。

選挙の結果こそが民意で、民主主義なんじゃないのか。

 別に投票に行かずに政治に文句を言う権利はあるけど、自身が最小の労力で行える政治活動であるところの投票すら放棄しときながら、文句言うのは権利うんぬんというよりも人としてダサいと思いますね。

 ま、これに関しては各人の美学の問題かもしれませんが。

 また、結果がアレだとしても必ずしも受け入れずにブーたれる権利は十二分に保障されており、だからこそ多くの衆議院は4年持たずに解散するのです。

 あと、後半についてはわりと同意です。

政治を完璧に理解していないと叩かれる

これは特にネット上で見られる事なのだが、政治を完璧に理解出来ていないものが何かを質問すると叩かれる風潮がある。

以前、某タレントが「国の借金は増えていっているのに、何故公務員の給料はあがるのか?」とTwitterで呟いていた事があった。

それに対して、周りから総叩きにあっていたのである。

でも、そのタレント以上に政治を理解出来ていない若者(大人)は大量にいると思っているし、その程度の質問をすると総叩きにあう時代と考えると、若者が政治に参加したくなくなるのも分からないだろうか。

完璧に理解していない人がほとんどで、だからこそ質問をするのに、「そんな事も分からないの?」と返されたらもうそこで終わりじゃないか。

もちろん、フォロワーも大量で影響力のある人物が、誤解を与えるような事を呟いた事に対して、総叩きにあっていたのかもしれないが、周りが丁寧に解説していれば、きちんとした理解を改めて呟くのかもしれないのに。

 そういう危険性がないとは言いませんが、政治を完璧には理解するというのは基本不可能です。

 もし誰もが政治を完璧に理解していたら、選挙のたびに池上彰がもてはやされることはありません。まあそういうことです。

 またこの件に関しては、批判的なリプライが大量に届く一方で、ちゃんと国の借金の仕組みを丁寧に説明するようなリプライもあったので、世の中には優しい人もいるということです。

 そして貴方の質問に「そんな事も分からないの?」と返す大人がいたら、「貴方のような人間に聴いた僕が馬鹿でした」と言って引き下がりましょう。そのような人間とは距離を遠ざけるのが賢明です。

 とはいえ、それでもそういう対応は傷つくというのであれば、自分で調べるのが一番という気もしますが、せっかくのインターネットだし、やっぱ増田ですよ、増田! はてな匿名ダイアリー

 あいつら、馬鹿だから! ダボハゼってあいつらのために作られた言葉だから!!

 こっちが軽い気持ちで適当なこと書くと、顔真っ赤にして反論と称してトラバブクマで大量に説明してくれっから!

 匿名だからこっちのプライドが傷つくこともないし、増田マジおすすめ!!

投票したい人も別にいない

これを言ったら本当に失礼な話かもしれないが、選挙に行った人は、支持している人が当選してどんな事をしてくれるかを完璧に理解しているのだろうか?

今回元タレントが当選したみたいだが、演説を聞いてる限り、夢だ希望だ諦めないだ言ってるが、どんな政策を掲げていて、当選したらこんな事をしてくれそうだなとは思えなかった。

比例選なので、ちょっと違うかもしれないけど。

演説で土下座をしている候補者なんかもいたが、あんなの見ても引いてしまうだけだった。

そもそも、演説では「高齢者の生きやすい社会に!」とか「若者が夢を持てる日本に!」なんて言うけど、その人が当選後本気で動いて日本を変えよう!という気があるとも思えない。

特に、こういう考えが出てきたのは辞めていった都知事の影響もあるかもしれない。

 ぶっちゃけ白紙でもいいです(断言)

 誰に入れるのが正解かとは正直誰にも言えないし、長年選挙に行ってれば、「やっぱあの人に入れるんじゃなかったか……」と思うことも一回や二回ぐらいはあるでしょう。

 世の中ってそういうもんです。

 それはそれとして、世代投票率というのはそれなりに重要でして、もし明日から50代以上の投票率が0%になり、10代20代の投票率が100%になれば、政治家政党はガンガン若者向けの政策を発表するでしょう。

 これはあくまで極論でこんな都合よくことが進むはずないのですが、だとしても、ほんのわずか、たとえ大河の一滴にすぎないとしても、貴方が投票所に赴いて投票活動を行ったということが貴方の世代にとって大事なのです。

 白紙投票は消極的に与党を利することに繋がるのでよろしくない。という反論もあるかもしれませんが、まあ結局投票しないのであれば結果的に与党を利することには変わりません。だったら投票所に行って、貴方の世代政治家に目を向けてもらった方がよろしいでしょう。

 真面目に考えて自分で選んで投票することが本当は1番なんですけどね。

人間は結局自分が第一なのではないか

僕は東京都に住んでいるが、今都知事が二人連続で、「お金絡み」の事が原因で辞めていった。

確かに、ちょっと失望してはいるが、人間なのだからしょうがない事なのかもしれないと思っている。

結局、人間はみんな自分が第一なのではないかと思う。

選挙時、候補者の時点ではみんな「国の為に!」なんて綺麗事言うけど、結局当選後はお金にまみれて国の為に動いているのか?と疑問なのである。

もちろん、国会議員のお仕事は大変なのかもしれないが、どんどん税金が上がっていく中で、そういったスキャンダルが明るみに出ると、もう諦めるしかないよなと思ってしまう。

 しゃーない。

 人間とはそういうものです。理想やロマンだけではご飯は食べてはいけないのです。

 国というのは結局は一人一人の人間の集合体です。

 なので、貴方も国にとって良い投票などと考えず、自分にとって一番良い政策を実施してくれそうな政治家政党を選びましょう。

 

選挙に行かなくても最悪の事態が起こるとは思えない

ここ最近特に選挙が盛り上がっているように見えるのは、やはり憲法改正についてなのであると思っている。

憲法改正されると戦争が始まってしまう!」と主張している人もいるが、さすがにそれはないだろうと思ってしまう。

極論で主張して、それを阻止する為に投票しろと言うのはやっぱりおかしい気がするし、どう考えても自発的に戦争を本気で起こす気でいるんだったら、国民全体が反対するだろう。

無責任な話かもしれないが、僕が選挙に行かない理由のひとつとして、「最悪の事態が起きるなら全力で僕以外の国民が止めるのだろう」という点があるのだと思う。

ボロクソに叩かれるかもしれないが、選挙に行かない若者の多くはそうなんじゃないだろうか。

 確かに、最悪の事態はそう簡単に起こりません。朝、枕に髪の毛が数本ついていたところで、フサフサの僕はやっぱりフサフサです!

 しかし、そうした積み重ねが毎日毎月毎年続くことによって……。

 そういうわけなので、最悪の事態が起きるかどうかはわかりませんが、当たり前な話、君以外の人間が君と同じことを考えちゃうと誰も止めなくなってしまいます。

 また、世の中の物事において「俺以外の誰かがやってくれるだろう」というのは、だいたい一番楽な解決手段で僕もよく採用しているのですが、唯一のリスクとして「俺以外も誰もやってくれなかった」場合、高確率で最悪の事態を引き起こします。起きた。

 まあ、何もたった一人でダムをせき止めろと無茶振りしているわけではなく、ちょっと近所の投票所まで足を延ばすぐらいなので(もちろんそれこそが死ぬほど面倒くさいということは否定しませんが)、だったら投票して最悪が訪れる可能性を少しでも減らした方が良いでしょうという話です。

ネット上では、匿名だからなのか分からないが、とりあえず叩けば良いという風潮があるが、選挙に行かない若者をただ叩いたって何も起きない。

 というわけで、今回は僕なりに柔らかい言葉で説明してみたつもりですが、いかがでしたでしょうか?

 これ読んで、「いや、ハゲ頭のパラドックスとか言われても……」と返されたら、「そうだな俺が悪かったな」としか言いようがないのですが、もし、これを読んだ若者が「じゃあとりあえず次の選挙にでも行ってみるか」と考えてくれるようでしたら、僕もFGOの新イベントを放置してこんな文章を書いた甲斐があるというものです。僕はね、ガチャで源頼光を絶対に手に入れるんだ……世間の連中は馬鹿にしてるけどFGOのガチャにはね、必勝法があるんだよ……本当だよ……。

 それでは皆様また来週。

2016-03-24

[]自慰行為が制限される辛さを考える

 今年に入ってから不倫に関する騒動が相次いでおり、やれCM降板だの、やれ議員辞職だの不倫に対する世間の風向きの強まりを感じる今日この頃で、不倫週刊誌にすっぱ抜かれても動じることなく職務を全うした和田豊阪神タイガース監督のメンタルの強さを改めて思い知るわけですが、そんな最中にさらなる大物として出てきたのが、乙武洋匡氏。

 来る7月の参院選において自民党からの出馬も予定されており、東に裏切られたと嘆いている人がいれば、西ではここぞとばかりに不謹慎ジョークが爆発したりと、それぞれ色々と思うこと、言いたいことはあるのでしょうが、ここで普段ヤリチン野郎は殺せと主張してやまない私が少しためらってしまうのは、乙武氏の下半身事情がちょっと特殊というか、ストレートに言えば乙武氏ってオナニーができないじゃないですか。

 日本人男性の日々の楽しみの七割がオナニーで占められているというのはGHQの調査でも明らかですし、たとえば「もう明日のテストとかどうでもいいよ、日本史なんて赤点取らなけりゃ問題ないし…………シコるか」「ああ、もう会社辞めようかな…………よしっ、とりあえずシコろう!」みたいに気持ちを切り替えるために致したり、残業終わりの帰宅途中に夜食にコンビニ弁当を買おうとしたら、雑誌コーナーに快楽天の今月号が発売されているのを見て「よっしゃこれ買ってシコろう!」って明日への活力を得るために致したり、ダラダラ夜中までネットサーフィンやってたら、まとめサイトグラビアアイドルの画像がまとめられてるのを見ちゃって、時計の方見てから「まだ12時か……とりあえずシコろう」ってなんとなくと致したりと、マスターベーションなくして男子の生活は成り立たぬと古事記にも書いてあるわけですよ。

 だって神様に「明日からお前オナニー禁止な」とかって言われたら、ブラックジャックばりの勢いで「神さまとやら! あなたは残酷だぞ!」って絶叫するし、「ラブドールは? ラブドールはありだよね? あれ使うのはオナニーじゃないよね」とかなんとか妥協点を探ろうとするし、最終的には体育館で「藤沢先生……! セックスがしたいです……」って泣き崩れながら、さんざん小馬鹿にしていた恋愛工学の門を叩くしかないじゃないですか。それぐらいオナニーができないってのは辛いってことなんですよ。わかりますか? うん、わかった!(裏声)

 けれども、乙武氏は生まれた頃から我々が当たり前に持っている手淫自由を持っていないわけですよ。

 妻が妊娠したり、出産で子供の世話で精いっぱいになって夜の営みが遠ざかったことをきっかけに、他の女性に…………ってのは不倫でもっともありがちなパターンの一つで、先日辞職した宮崎議員も、今回の乙武氏もそうした流れから不倫が始まったわけですが、こういうケースに対しては「てめーが中出しキメたせいで人の親になるんだから、てめーの下半身の処理ぐらいてめーでどうにかしろよ」となるのが一般的な世間の見解と思われます。ですが、乙武氏の場合、それが自分ひとりではどうにもできないわけです。

 心無い一部の人は「手が使えないなら床オナをすればいいじゃない」とかどこぞのマリーみたいなことを言うわけですが、乙武氏があれをやってしまうと、その後のパンツの処理もままならず下半身をぐちゃぐちゃにしたままでいるしかないという不快かつ屈辱的な状況に追い込まれるわけですし、そもそも乙武氏のような人が床オナをする場合、手足に体重をかけられない分、体重が全て股間にかかって危険なのではないだろうかという識者の意見もあり、軽々しく床オナしろとはなかなか言い難い。

 このように、フルマラソンで例えると、お前だけ木靴はいて走れ、みたいなハンディキャップが課されている乙武氏ですが、そんな立場の彼が、金も得て社会的地位も得て、さらに有名人ということで女性もホイホイ近づいてくる。そんな状況になったら、そりゃあヤるだろう、と。少なくとも私が彼の立場に立った時、「そんな不誠実なことを自分はしない」と言い切る自信はちょっとありません。

 いや、そういうのはせめてプロ相手に任せようよという意見もありますが、乙武氏のような有名人、それも身体的にかなり目立ってしまう立場になると、軽い気持ちでピンサロとかに入れないわけです。この心無い世の中、隣の席に乙武氏が座ってるなんてことがあれば、退店後に、twitterとかに書かれてしまうのは間違いありません。あと、あの手の店ってバリアフリーとは縁遠いので入店のハードルが高いというのも考慮していきたい。

 しかし、それでも性欲は日々リローデッドされていくわけですが、そうした頻繁に訪れる下半身の危機を妊娠中や育児中の妻に毎度毎度頼るというのも、なかなかに負担がかかるわけで、そうなると他の女性に走ってしまうというのはわからなくもない。

 こういった具合にハンディキャップというのは目に見えるものばかりではないというのを、現在乙武氏を叩いている人にわかっていただきたい、そう思って今回筆を執った所存であります。

 それにたとえ手足がなくてもアグレッシブに女性にアプローチしてしまうというのは、彼が以前から主張していた「障碍者とは決して聖人君子ではない」という主張を裏付ける、ある意味、もっとも人間臭い過ちとも考えられるじゃないですか!

 まあ、それはそれとして、不倫を複数回重ねていたというのは、これまで彼がこれまで築き上げてきたイメージにとっては致命的で、お前どの面下げて教育者ヅラしてたんだよ、という批判は当然出てくるし、謝罪文に奥さんのコメントを合わせて掲載するという立ち振る舞いも、彼ならではのメディア戦略のいやらしさを感じ輪にかけて胸糞悪いし、今回の件に見られたガツガツした生臭い人間らしさというのは私人としてはともかく、公人の立場となる政治家にとってはこの上なく最悪なので、政界への進出は取りやめた方が関係者各位の幸せに繋がると思われます。

 これまでは多感な時期の子供がいらっしゃるということで下半身事情については色々語りづらいところもあったでしょうが、今回のようなことが周知されてしまうと、今更取り繕ってもかえって見苦しいだけなので、今後はなかなか語られづらかった障碍者の性事情なんかを当事者の視点からバンバンぶっこんだりすれば良いのではないでしょうか。

 こうした話題はホーキング青山氏とかも漫談のネタにはしていますが、知名度や発信力、社会的影響力でいうと、やはり乙武氏が頭一つ抜けていることは論を俟ちませんので、これからは『乙武 a.k.a. 純愛エロメガネ』としてより一層活動の場を広げ、今後益々ご活躍されることをお祈り申し上げます。

セックスボランティア (新潮文庫)

セックスボランティア (新潮文庫)

2015-12-19

[]『フォースの覚醒』と一時期流行った二世もの漫画について。

 『スター・ウォーズ』の新作が十年ぶりに登場で巷で話題っつーわけで観に行きました。別に僕は旧三部作からの大ファンとかいうわけではなく、というか旧3部作はテレビ放送でしか見た事がない。けれど新三部作は劇場で見たし、旧作ファンがとことんダメだししているエピソード1だってそんなにひどいと思わない。むしろ「ポッドレース結構面白くなかった?」「ダース・モールのデザインは今でも出色の出来だと思うよ」「なんでみんなジャージャーそんなに嫌いなの?」という気持ちがあるし、つまり、あまり一般的なスター・ウォーズファンの感想じゃないんですよ、これは。というエクスキューズを配置し終えたのというわけで、以下ネタバレ

続きを読む

2015-09-05

[]ネットとテレビが手を組むとヤバいとは思った

 先日の捕捉と言うか、この手の炎上沙汰は割と日常茶飯事じゃねみたいなこと書いてたんだけど、今回の件でこれまであんまりなかったなあって感じたのが、ネットで見つかった検証画像をテレビが次々と採用していったこと。

 バラエティじゃYouTubeなんかの面白動画を使うのは割と珍しいことじゃないけど、ニュース番組とかでここまで露骨にネットの情報をソースに番組が組み立てられたことって珍しいんじゃないかな。

 いつもだったら「ネットで見つかる情報丸パクリしてねえで、自分たちで仕事しろよテレビ局」みたいな論調も上がってきそうなんだけど、今回はそんなもんほとんどなく。

 テレビとネットが手を組んで特定の対象に攻撃姿勢を示すと情報の拡散スピードが本当凄いことになる。たまにまとめサイト匿名ダイアリーとか個人のtweetを取り上げて、さらにそれをニュースサイトが取り上げて大事に見せるっていうソースロンダリングをやってるけど、それの強化バージョンみたいな感じ。そうなると、まあ、通常以上に歯止めが利かなくなって、俺が記憶してるケースだと病院で暴言吐いた岩手県議の時がそんな感じだった。

 そんなわけでテレビの人たちとネットの人たち*1は「27時間テレビは本当につまらない。毎年見てる俺が言うんだから間違いない」みたいに仲良く言い争っている方が健全なのかもなあって思った。

*1:ネットの人たちという概念も怪しいもんだとは思うが

2015-09-03

[]ネットの力というかベルギーの力では?

 今日は皆大好きドラえもんの誕生日ということでドラえもんの話をしていこうと思うのですが、去年公開されて先日もテレビで放映された映画『STAND BY ME ドラえもん』、皆さん知ってましたか!? 実はあれのポスターをデザインしてたのって、今話題の佐野研二郎さんだったんですよ! というわけで今日は佐野さんの話をします(超自然な導入)。

 僕は幼稚園に通っていた頃、先生の「みんなの好きなものは何かな?」って質問に「調子乗ってた奴がネットで大炎上してるやつ!」って答えるぐらいインターネット炎上沙汰が大好きで、人生の絶頂を迎え我が世の春を満喫している人がちょっとしたやらかしで大炎上して奈落の底に落ちていく様子なんか見ると、福本漫画特有の異常に歯の本数が多い老人みたいな笑いを浮かべてしまうわけです(参考画像)。

 ちなみに二番目に好きなのがピーターラビットで、三番目に好きなのが六花亭のバターサンドです。怖いのはまんじゅうとキョンシー

 そんなわけで今回の件も終始笑顔で見守っており、疑惑の画像が一つまた一つ上がるたびにどんどん口元が緩んでしまい、ついにエンブレムの取り下げが決定したところで「いやあ東京オリンピックは楽しかったねえ。やってよかったねえ」と心地よい満足感に浸っていたわけです。

 まあ、それぐらい今回の一連のニュースにカブリつきだったので色々と思うところもあったわけですが、別にわざわざblogに書くことでもあるめえ。だってこんなblog誰も読んでないし……いまだにはてなブログじゃなくてはてなダイアリーだし……とか思ってたら、某シロクマ氏がこんなエントリを上げていたのを見て、色々ケチつけたくなったので今回更新しているわけですが、ここまで書いたところで、「えっ、この状況からシロクマ先生の暗い情念とかひっくり返すの厳しくない? ってかムリゲーでは?」と気づいたので、今までの展開は無しにしていきたい。これからの私の話はオリンピックにあまり興味のなかった一人の日本人の意見とかそういうニュアンスのものとして参考にしていただきたい。

 いや、で、まあ、暗い情念とかそういう情緒的な話は置いといて、俺ちゃんが特に気になったのは

私がおっかないと思うのは、そうしたメシウマ的なネット人民裁判が、とうとう国家レベルのプロジェクトをもひっくり返すようになった、という点だ。

 ってところで、確かに佐野氏も謝罪文で

もうこれ以上は、人間として耐えられない限界状況だと思うに至りました。

 とネットの炎上が原因で取り下げるみたいなこと書いてるけどさ、実際のところ、元々今回の件がこれほど燃え盛った決定打って、ベルギーIOCに対して訴訟を起こしちゃったことだよね。

 確かに、佐野さんがベルギーのエンブレムをパクったという決定的証拠はない。多くのデザイナーが言ってるようにシンプルなデザインなのだから、偶然似てしまうことは充分にありうる。

 佐野氏がネットにアップされている画像を無断に使用している案件が複数見つかっており、色々疑惑の目は向けられているが、現状オリンピックのエンブレムをパクった決定的証拠があるわけではない。そして疑わしきは罰せずという原則もある。

 さて、ところでこの画像を見て欲しい。

f:id:Lobotomy:20150904010901j:image

 この画期的なロゴは先ほど僕が天から授かったインスピレーションを5分かけて描いたものだが、この超クールで斬新なロゴをプロのデザイナーに清書してもらって、カバンやお財布や筆箱にくっつけて販売しようとすると、なんだか大変なことになるような気がする。

 なんだよぉ、丸三つなんていうシンプルなデザインなんだから被ることだってあるだろぉ、この俺が作ったミッキーは完全に俺のオリジナルなの、オ・リ・ジ・ナ・ル。と滝川クリステルっぽく言い張っても、ディズニー率いるドリームチームには到底勝てそうにないね……そりゃ著作権の保護期間も延長しちゃうよ……。

 というわけで、佐野氏が実際の裁判で負ける可能性も充分にあるわけだ。

 もし、そうなった場合、当然今よりさらに短い期間で新しいエンブレムを準備せねばならず、それまでに使用した分の賠償金を払う必要が出てくるかもしれない。

 だから、今回の件でまず最初に説得しなきゃいけないのってベルギーデザイナーだと思うわけですよ。確かにデザインに対して理解力の乏しい一般国民を説得するのは難しいかもしれない。いかなる分野であれ専門家の考えを素人に噛み砕いて説明するのは困難だ。けど、だったら同じデザインを生業にしている、ベルギーのオリビエ・ドビ氏は説得してくださいよ、と。

 そこで無事ベルギー方面の説得に成功しても世間での炎上が収まらなくて、エンブレムを取り下げるっていうなら「メシウマ的なネット人民裁判が、とうとう国家レベルのプロジェクトをもひっくり返すようになった」という意見もわかるのだけど、ドビ氏はエンブレムを取り下げた今でも訴訟を起こす気満々なわけで

 結局、一般国民ではなく、デザインに理解のあるベルギーデザイナーを説得できない限り、エンブレムは遅かれ早かれ取り下げることになったのではないだろうか。

 今回の炎上によって、家族へのプライバシー侵害があったことや、メールアドレスを悪用されたことについては、ネット特有のいやらしさであり、炎上案件の恐ろしさ、性質の悪さだと思うけれど、その件とエンブレムを取り下げることを一緒くたにしてネット凄い。ネットヤバいみたいに語ってる人達は何か違くね? あるいは佐野氏の言い分を額面通りに受け取りすぎでは? 大丈夫? 素直すぎない? ところで絶対儲かる話があるんだけど、今度通帳と印鑑持って新大久保ルノアールに来てくれない? って思いました。

 その後に、このようなエントリを書いて、今回の件を通して炎上とそれに絡んだ集団心理の危険性みたいなことを書いているのだけど、これに関しては、これまで炎上して悲惨な目にあってきた人を散々見続けてきたシロクマ先生が、昨日今日ネットを始めた中学生みたいなことを言わんといてくださいよ……。何? カマトトぶるのが流行ってるの? 「私……実は男の人と付き合ったことがなくて……」からのベッドの上で大股おっぴろげて大陰唇とクリトリスにピアスドーンって感じっすかね、ギャップ萌えってやつっすね。

 あとシロクマ先生、もうそろそろあの青いのに対する言及の解禁時期に入りますよ、この三年でめっちゃ熟成されてますよ、アレ!

 まあ、今回のエンブレムの件に関しては、他にも「多くのデザイナーがシンプルなデザインだったら被ることもあると言っていたが、どこら辺までが被りで、どこら辺からがパクリになるという明確な基準はあるのだろうか」とか「つっても上海万博のテーマソングの時、みんな岡本真夜のパクリだって言ってたじゃん!」とか「今回の一件みたいに誰も責任取ろうとしねえ世の中で、『少年サンデーの運命の責任は僕一人が背負う』って言ってのけるサンデーの新編集長ってマジやばくね?」とか「そもそも佐野氏も佐野氏を批判していた人も組織委員会の面々もマスコミデザイナーも一般国民もみんなインターネット使ってるんだからさぁ、今回の件みたいにネットの勝利とかネットが悪いとか言うのって何か違うのでは? 野球で例えると『試合の決定打となる一発をバットを使って打ったので今日の試合はバットの勝利です!』とか言うぐらい違くね?」とか「今回の炎上に関しては、デザイナー一人に責任を負わせて終わるのではなく、この調子で審査の不透明性とかにも切り込んでいくべきではないだろうか。いや、より公正な審査を望むとかじゃなくて、ぽっくんもっと色んなところに飛び火する光景が見たいの」とか色々思うことはあったのですが、私信を飛ばすという本来の目的が無事済んだので寝ます。