MSHIBATAの徒然に

2005 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2017-12-05 (火)

[][]花梨の実

f:id:MSHIBATA:20171205131722j:image

既報の通り、今年はたった一個しか実がなりませんでした。

収穫せずに今に至っています。

2017-11-30 (木)

[]山陽電車2018年カレンダー

f:id:MSHIBATA:20171130045835j:image

気が付けば2017年もあと一ヶ月です。

来る年のカレンダーが賑やかになる季節です。

いつもお世話になっている山陽電車のカレンダーをいただきました。

駅員さんに尋ねると出してくれました。

親切に対応してくれてありがとうございます

例年と違いヨコ型になっていて、いつもとは違った感じです。


2017-11-26 (日)

[]ハオルチヤ

f:id:MSHIBATA:20171126070006j:image

庭の目立たないところにサボテン以外の多肉植物があることがわかり、表に出しました。

調べてみるとハオルチヤ属の「キンビフォルミス」のようです。

間違っていたら教えてください。

この植物に「朧月」が共生してますね。


2017-11-19 (日)

[]竹内明久・モトコー切り絵展「犬の記憶。人の眼差し。」

f:id:MSHIBATA:20171119065231j:image

開催中の竹内明久「モトコー切り絵展」に行ってきました。

個展の度に腕をあげておられます

というより、もう独自世界を築いておられます。

お近くに行かれましたらぜひご覧ください。

モトコー切り絵展「犬の記憶。人の眼差し。」

モトコー(元町高架通商店街)をテーマに、個性的なお店、人物風景などを切り絵にしておられます。

日時:2017年11月14日(火)〜26日(日) *休/20日(月)

   12:00〜19:00(最終日〜17:00)

場所Pocket美術館モトコー(プラネットEartH内)050-3716-3540

   神戸市中央区元町高架通3-172(モトコー2)

2017-11-18 (土)

[]いっとかなあかん神戸

f:id:MSHIBATA:20171118060649j:image

9月に「いっとかなあかん神戸」を図書館に予約したのですが待ち行列で180番目くらいでした。

こりゃ半年覚悟と思っていたらお友達がもう読んだから無料で譲ってくれました。

ありがたいです。

すぐ読み終えたのですが筆者(私)が行く店とほとんど重なっていました(笑)

たぶん著者と私の店に対する思いに共通するものがあるからだと思います。

いい本です。

2017-11-15 (水)

[]上流階級富久百貨店外商部II

f:id:MSHIBATA:20171115085716j:image

高殿円さんの上流階級富久丸百貨店外商部IIを読了

この作家さんの文章は読みやすく、ぐいぐい引き込まれていきます

大変面白く読ませていただくことができました。

以前の記事は→こちら

2017-11-06 (月)

[]COFFEE SHOP LEEK(コーヒーショップリーキのこと)

f:id:MSHIBATA:20171106080620j:image

偶然、ある一軒の喫茶店のことだけを書いた冊子に遭遇した。

と言ってもネット上のことではある。

それも出版元の古書店が店じまいをする数日前のことだった。

さっそくホームページに行くと閉店後も通販で注文は受けつけるとのことだったが、すぐに申し込んだ。

やがて冊子が届いた。

なんと付録としてLEEKで収録した弾き語りDVD-Rつきだった。

f:id:MSHIBATA:20171106080525j:image

池間由布子さんの弾き語りDVD-R、ラベルなしだったので後で筆者(私)がラベルをつけた。

送料と銀行振り込み手数料がかかるのがネックだったのだが買ってよかった。

著者はいう。

昭和から残る喫茶店の中には、インターネットで調べても簡単に出てこない店がある。

それを見つけるのも楽しみのひとつで、喫茶店巡りをしていたぼくらは、もちろん予定変更。

吸い寄せられるように、建物のドアを開けて入りました。

フォトブックつくりの参考になればと思い注文したのだけれども、著者の店や店主に対する愛があふれた冊子になっている。

この冊子を作るために著者が足繁く店に通ったことがわかる。

周辺のマップもリーキにたどり着くまでの街歩きを楽しませてくれそうだ。

機会があればではなく、いっとかなあかん店がまたひとつ増えた。

冊子の詳しいことは「アオツキ書房」のサイトで→こちら