ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

みつどん曇天日記

2015-12-28

T-3don2015-12-28

ビール部

さらばガラケー

と、言うわけで何はともかくビール部投稿を試してみる。

ビール部

さらばガラケー

と、言うわけで何はともかくビール部投稿を試してみる。

2013-08-15

ウツクシイ国のパスタと夏向けレシピ

いや、毎日アチィですね。もう太陽爆発しろ。いやすんな。

……と、毎年恒例のつかみはこれくらいにして。この時期、夏向けのアッサリレシピで生まれてこの方した事もない夏バテ対策をしている当ブログですが、全然更新してなかったからいい加減忘れたふと思い立って過去記事を眺めていたところ、まあどの記事も大変面白くて為になる素晴らしいエントリーばかりできっとブログ主は知性と教養とお金にあふれ優しくて頼りになってイケメンで多分神でそのうちこの世に君臨する逸材だと思ったのですが、そんな事はさておきこんな記事を見つけました。

カップ麺から自転車泥棒まで - みつどん曇天日記

この無駄に長いエントリー*1中に、「親日系食い意地テロ」という一節がございます。いやぁ懐かしい。コレは食い意地テロの第一人者にして自他共に認めるはんにちブロガーである所の碧猫さん(こう書くとえらい人聞き悪いな)が、私の輝かしい栄光に包まれた全人類の道標つたないエントリー、

レシピはブログで - みつどん曇天日記

コチラに反応して頂いた

Gazing at the Celestial Blue 反日系食い意地テロへの誘い

コレに対する再反応ですね。

で。

私に対して過剰に期待をお寄せ頂いている一部読者の皆様には大変ショッキングな事実をお伝えしなければなりませんが、このメニュー「みつどん風ナポリタンうどん」。

あきらか手抜きジャね?

と言う訳で、イマココに、4年越しのリベンジを果たそうと思います。*2

 みつどん風ファッショ3兄弟三国パスタ

さて、前回はうどんケチャップで炒めて「日・伊」を表しましたが、まあ自分でやっててなんですがこう書いてても意味不明なほどに安直ですよね?それにドイツ独だけにハブるのは統一感という意味でやはりよろしくない。

そこで。

今回はちゃんとドイツ要素を追加致しました。

f:id:T-3don:20130726174604j:image:w300

……いやまあ、今回はソッチじゃなく。

f:id:T-3don:20130815084643j:image

ドイツと言えばジャガイモソーセージコレは安直ではないのかと批判されても真顔で反論できる様になればブロガーとしては一人前です。

さてさて。先ずはジャガイモソーセージを切ります。

f:id:T-3don:20130815084644j:image:w300

フライドポテト位でしょうかね。ソーセージは薄切りのが美味しいです。

切ったら軽く湯がいておきます。ジャガイモにちょっと芯が残る程度でOKです。湯がいたらざるに揚げて水気を切っておきましょう。

パスタ用のお鍋が沸く間にフライパンの準備をしておきますか。

フライパンにオリーブオイル「おいおい揚げモン作ってるんじゃねーぞゼイニィに脳味噌乗っ取られてないか?」という位たっぷし注いで、ニンニクの薄切りをじっくり炒め揚げます。鷹の爪パラパラ。刻んで常備しておくと便利です。焦げないように注意!

パスタなのでパスタをうでます。お塩たっぷり入れましょうね。マカロニでも結構です。

合間を見はからって、フライパンにジャガとソーセージをいん。

f:id:T-3don:20130815084654j:image:w300

焦げ付きやすいのでしゃもじを使うと楽に炒められます。

で、ゆで汁を追加。とろみを入れたり乳化させたりとワリに重要だったりします。

 

さて。

これで伊・独要素は揃いましたが肝心のが抜けていますね。

と言う訳で、和要素です。

f:id:T-3don:20130815084657j:image:w220:left f:id:T-3don:20130815084656j:image:w220

味噌と日本酒をいん。なお日本酒の銘柄は、たまたま台所に転がっていた

f:id:T-3don:20130815084655j:image:w300

 _人人 人人_

 >越乃寒梅 <

   ̄Y^Y^Y^Y ̄

まあこれで和要素に文句を言う人はいないでしょう。

フライパンにパスタをあげ軽くひと混ぜ、お皿に盛ったらここであまりにも地味な見た目に気が付きその辺にあった紫玉ねぎと粉チーズで誤魔化したら、

完 成 です。

f:id:T-3don:20130815084700j:image:w350

お味は滅茶苦茶にボリューミーなジャーマンポテト、と言った風情ですが、今回のようにジャガイモがホクホク系だったり火を入れすぎたりしたら全体がなんかマッシュ状になって余計な一体感が出てしまいます流石はファッショのでご注意下さいね。

 オマケ:ニセ科学対策対策丼

さて、さっきのは流石に夏向きとは言えないと言うかどこ向きとも言えないメニューなので、オマケとして夏向きアッサリヘルシー、野菜もたっぷり取れ、何故かあなたのブログの炎上リスクをも軽減してくれる*3嬉しいメニューをご紹介致します。

材料はコ・チ・ラ♡

f:id:T-3don:20130815084645j:image

おやぁ?どういう訳かある特定のクラスタに所属している紳士方の嫌いな食材が混じっているぞぉ?

モッタイつけましたけど、作るのは山形名物「だし」です。みつどん風にアレンジしてます。

先ずは材料をみじん切り。

キュウリのような細長いお野菜はいったんスライスしてから切るとやりやすいです。

f:id:T-3don:20130815084646j:image:w300

おナスはトゲに気を付けましょうね。

f:id:T-3don:20130815084647j:image:w300

ちょちょんま、ピーマンですが捨てる部分を最小にするやり方があるんですよ。

先ず頭をストンと落として種を刳り抜きます。

f:id:T-3don:20130815084648j:image:w300

指で挟み取ってしまえば良いので簡単です。種は辛み・苦味の元になるので洗っておきます。

で、ココがコツなんですが。

f:id:T-3don:20130815084649j:image:w230:left f:id:T-3don:20130815084650j:image:w200

頭の部分を指で押さえるとヘタのカタイ部分だけポロッと抜けるんですね。

捨てる部分はヘタと種だけ。

f:id:T-3don:20130815084651j:image:w300

この時期ピーマンは何かと重宝します。是非お試し下さい。

 

某所への嫌がらせメイン食材の他にも大根ゴーヤをカットします。ここは面白くないので割愛。他にもオクラや山芋を入れると美味しいらしいですね。

カットした野菜は塩水に漬けて水出しします。

f:id:T-3don:20130815084652j:image:w300

ボールの代わりにお鍋を使うとざるに空ける時やりやすいです。え?塩? 適当ですよ?

だってカンニング先に「適当」って書いてあるんだもの。↓

お野菜たっぷり!山形のだし - ソバニヰル

ま、この塩は調味目的ではないので軽めで良いんじゃ無いですかね?もう良いかな?と勘でそう思ったらザルに空けましょう。

で、茗荷・紫蘇・胡麻・葱なんかの香り担当をたっっっぷりと入れ、針生姜を山ほど入れたらなんか粘りけが欲しくなったんでメカブを入れ、そこに塩昆布と魚粉、めんつゆ等あり物で適当に味付けします。はい、アバウトです。適当って素敵。

完 成 です。

f:id:T-3don:20130815113313j:image:w300

これはおかずに良し、箸休めに良し、冷や奴にぶっかけてよし、納豆に入れて良し、サラダにめんつゆにと色々と万能な夏の常備菜です。火を使わずに簡単に残り物を処分できる作れてお野菜がとれるので、是非お試し下さい。

私は、まあ色々考えたんですが。

f:id:T-3don:20130815113314j:image

やっぱりご飯にぶっかけ、ですかね。

今年の夏も酷い有様ですが、コレを食べて乗り切りましょう!

*1:無駄に長くする事に挑戦したエントリーなので無駄ではないという異議がみつどん原理主義曇天派より出されています。

*2:残念ながら現在、碧猫さんは現在の科学では連絡がつかないところにお引っ越しされてしまわれましたがなにそのうちエジソンの遺志を受け継いでGEが便利な通信機を発明してくれますよ。

*3:材料に「無農薬」「無添加」「奇跡の」「EM」などの言葉が入った食品・調味料を使用致しますとより効果があります。

2013-07-10

灼熱ラーメン記

はじめに

皆様お久しぶりですしかしアッチイな毎日。特にパソコン使ってると暑さでいろいろとフットーしそうだよおっっ*1という今日この頃みなさまいかがお過ごしでしょうか?こまめに水分補給してね。

さて、久々の更新となりますが実はこのエントリー、メール投稿の不調で色々とやってるウチに何かしらん間に投稿されていたモノでわかり難いよはてな! まあせっかくなので、大幅に加筆して投稿しなおそうと思います。

いただきます

と言う訳でやって来ました川口の「麺屋 」。

ラーメンデータベース

http://ramendb.supleks.jp/s/5998.html

ここはどの駅からも遠いという素晴らしい立地条件ながら結構前からラーメン系のムック本に取り上げられているお店です。売りは、スープを直接バーナーで炙る炙り醤油。あと、今では定番な七輪炙りチャーシューをワリと早い段階で取り入れていました。

つまり。

35度越えの抜けるような炎天下でも、お店の中ではカンカンに熾った七輪とバーナーがお出迎え。

f:id:T-3don:20130710121741j:image:w250 f:id:T-3don:20130710121735j:image:w300

アッチイよ! というか、煙が漂ってるよ!

と、言うわけで以前より目を付けていたゆずそば(細麺)とお腹が空いていたからチャーシュー丼を。

券売機ですが、注文時に塩か醤油か聞かれます。最近 はまってる塩をオーダー。醤油だとバーナー出てくるし。

程なくしてやって来ました。

f:id:T-3don:20130710121738j:image:w600

f:id:T-3don:20130710121739j:image:w400

f:id:T-3don:20130710121740j:image:w400

トッピングの卵は丼用にオーダーしたので、割らないうちに移動。塩に煮卵はイマイチ合わないと思うんですよ。

柚子よりむしろ三つ葉が香るラーメンで、ほんのりした酸味がさらさらスープに合っています。ここんとこ魚介豚骨系濃厚どろっどろスープばかりすすっていたのでなかなか新鮮です。

炙ったチャーシューはトロトロとコンガリの中間でとても旨いラーメンのボリュームが少々物足りないですが、丼と一緒だと丁度良い量です(ゼイニィ的な意味で)。三つ葉を丼に乗せてかっ込んでも美味しいですね。

ゆずそば780円、チャーシュー丼350円とちょっとお高いお値段ですが、全体的に満足度の高い一杯でした。

 

ところで。

ワタシ的に、ラーメン屋で重視しているのは調味台だったりします。

f:id:T-3don:20130710121737j:image:w500

個人的な意見となりますが、お客様の好みに合わせ、お好きなようにお召し上がり下さい! と言うお店の方が高菜食べてしまったんですか系俺の味をストレートに味わえ店より好きなんですよ。

いや、こだわりもプライドもわかりますし、お店がお客をえり好みするなとまでは言わないですけどね。結局のところ、好みもあればその日その時の事情によっても美味しい食べ物は違いますので、そこはアレンジできる余地くらいは許容すべきではないでしょうかしら。

以上、気が付けばここ最近何故かラーメンばっか喰って毎回軽く水浴びしたみたいになってる みつどんがお送りしました。アッチイってばよ。

オマケ

から〜いよ?

f:id:T-3don:20130710121736j:image:w400

 

モスでリニューアル試しにいったら、テリヤキバーガーに威嚇された。

f:id:T-3don:20130710121817j:image

*1:と、このネタをツイートしたら冷たくスルーされて体感温度が若干下がりました。やったねたえちゃん! フォロワーが減ったよ!!

2013-07-07

T-3don2013-07-07

いただきます

加筆修正中 終了

と言う訳で詳細はコチラ。

http://d.hatena.ne.jp/T-3don/20130710/1373431001

以下原文。

このあちぃのに何故ラーメンか。ゆずそば細麺の塩。

ゆずよりむしろ三つ葉が香る一杯。チャーシュー丼はなかなかンマイ、けど七輪で盛大にあぶっててあちぃのあちくないのってもうね。

2013-01-11

おかしなダイエット〜正しいダイエット フィナーレ〜

おかしなダイエット シリーズ一覧はコチラ

 とある流行らない居酒屋の地下深く、人知れずひっそりと存在しているその名も「南千住研究所Z」。そこではキノコに目がない偏食猫と、日々リバウンドに怯える丼男が日夜おかしな食生活を研究しているという……。

 

みつどん(以下み)「と言う訳で、ついに最終回です!」

ポニョ子(以降ポ)「まだやってたの?」

み「当ブログを代表するキラー企画もついに終焉の刻を迎えました……。」

どらねこ(以後ど)美味しんぼ検証の方が人気あるよね」

み「思い浮かぶ数々の名シーン……今回、導入部は第1回のモノです。いやぁ、懐かしい!」

モニョ子(略称モ)「しちゃいましたね、リバウンド

み「構想3年!さぁ、見事ダイエットランチを作り上げる事が出来るのか!」

店長(これより店)「今回できなかったら、二人で資料用スケッチのモデルになってもらいます。モチロン絡みありで」

「…えっ?」

店「ポニョちゃんとモニョちゃんは夏と冬コスプレして売り子ね。時給は現物で」

モ「……えっ?」

ちょっと長めのシリーズあらすじ

奇跡の打たれ強さを発揮して外食冬の時代をなんとなく耐えきっている隠れ里的修羅場系居酒屋「夢衣民(むいたみ)」……その地下深く、謎の悲鳴がとどろく闇の中に「南千住研究所Z」はある。最終回を前にして、ここで改めて元ネタは渋谷研究所Xである事を明示しておかねばなるまい。すんません毎度ご迷惑おかけします。

高額報酬につられて応募した居酒屋にいつの間にか幽閉され、起死回生の爆発的人気メニュー開発を命じられたみつどんとどらねこ。それにはダイエットメニューだ! という思いつきから、誰でも手軽に本当にやせるメニューの開発に取り組むことになる。

リンゴ、納豆南極甲状腺ホルモン・・・内容が想像できるようで出来ないダイエットメニューが浮かんでは消えていく。響き渡るみつどんの悲鳴。自分たちだけではこのミッションの遂行は不可能だ――そう気がついた研究所メンバーはネットの集合知を結集する事を思い付く。ツイッターで大勢の方から寄せられた素晴らしいアイディアの数々。そして響き渡るみつどんの悲鳴。

3年間、健康的なダイエットを追い求めた彼らがついに到達した、究極のダイエットメニューとは?

 

登場人物

 * みつどん:月一更新もままならない位忙しいのにちっとも借金が減らない自営業から足を洗うべく居酒屋に応募、現在に至る。最近ほとぼりが冷めるまではここにいても良いかな?と思っている。時々ゼイニィに意識を乗っ取られるのが目下の悩み。被験者及びブログ主担当。

 

 * どらねこ:謎の宇宙動物。元スーパーの店員で、自称日本モフモフ療法学会会長。相も変わらず人気はうなぎ登り、最近は講演のお声も頂いているらしい。解せぬ。目下の悩みは愛車(アダムスキー型)の駐車場所。栄養部門担当。

 

 * ポニョ:流ちょうな肉体言語を操り、夢衣民に君臨する姐さん系ウェイトレス。座右の銘は右ストレート。衝撃吸収剤ゼイニィを透してみつどんにダメージを与える手段を模索中。無空波にするか伝統的に蹴りでめくるか決めかねているのが目下の悩み。突っ込み(物理)担当。

 

 * モニョ子:3姉妹の末っ子。フィクション作品の末っ子はしっかりしているの法則通り、大変優秀なよく出来た妹。何気に辛辣。合いの手・進行・常識担当。目下の悩みは、最近ちょっとダイエットに本気モードなところ。

 

 * 店長:夢衣民の店長にしておっとりのんびり屋な長女。「あらあら」と言わせたら負けだとブログ主的には思っている。なにかと常識外れのメンバーをその包容力と趣味の同人活動でまとめ上げている。ポニョ子が頭が上がらない数少ない一人。目下の悩みは、最終回なのにキャラが微妙に定まっていないこと。

ゼイニィを撃退せよ!

み「……こんな粗筋だったっけ? どらちゃん」

「物語最終盤の、魔王城を前にした回想シーンを意識してみたよ」

ポ「確かに、毎回悲鳴を聞いていた気はするわね」

モ「そして回を重ねるごとに大きくなっていくみつどんさん・・・」

み「思えば、いろいろあったねぇ、しみじみ」

ポ「なにがしみじみよ。アンタのせいでこのシリーズ、説得力ゼロじゃない!」

「ククク、そろそろ本気を出すときが来たようだな」

ポ「ということはアンタ、いままで本気出してなかったのね」

「ごめんモフ、単なる言葉のあやモフ。ゆるしてウルウル」

店「お目々うるうるお願いポーズに免じて、許してあげてね?」

ポ「ぐぬぬ

み「(こうやってツイッターネコかぶってフォロワーダマしているんだよなぁ)」

モ「さて前回の続きです。意志の力がどうとか話してましたね」

「うん、今回は『痩せたい!』と謂う強い意志があっても、ダイエットに成功できなかった理由を考えてみたいと思うんだ」

み「それはゼィニィに脳を乗っ取られているからでは」

ポ「そんなのアンタだけよ!」

「うふふ、実はそれってほぼ正解なんだよ。ゼイニィはともかく、脳が欲望を我慢できない事が、痩せない大きな理由なんだね」

店「でも、それは当たり前のことよね?」

「その当たり前が大切なんですよ。だって、必要以上に食べ過ぎるから太るのですから、必要以上にたべなければ良いんです。これも当たり前のことでしょ?」

み「うむむ、その当たり前がむずかしい、と」

モ「どらねこさんはそれを何とかできる秘策を持っているのですね」

え? 無いよ?

ポ「バルタン星人のパンチ!」

「みぎゃああ!」

モ「……欲望を我慢させるのは無理だから、別の方法を考えましょう、と言う事ですか?」

「うん、その通り」

み「復活はやっ」

「例えば目の前に大好物の美味しいケーキがあるとします。どんちゃんポニョ子さん、コレ我慢できますか?」

み「うん、それ無理♪」

ポ「我慢なんて言葉使う必要ねぇんだ!もう食べた、なら使ってもいいッ!」

「うん、うん、そうでしょうそうでしょう。じゃ、手が縛られていたら?」

み「手を使わずに食べる!

「そ、そうだね。食べるかどうか自分に選択権がある場合、特に減量の必要の無い人ならケーキを食べるのに心理的な抵抗は少ないだろうけど、痩せようと思っていたら手を伸ばすのに『ためらい』があると思うんです。でも、食べちゃう。更に手を縛られてればあきらめる人も出てくるけど、それでも我慢できない人は手を使わずでも食べちゃう。なんとかして」

み「ふむふむ」

「どうして我慢できないかと謂うと――人間って合理的な生き物だからだと思うんですよ」

ポ「え?痩せたいなら我慢するのが合理的な選択なんじゃないの?」

店「食べてから後悔することも多いわね」

「ある意味合理的、と謂った方が良いかも知れませんね。その場その場で合理的なんですよ。つまり、『そのケーキ食べたーい!』と謂う欲望が痩せてきれいになった自分の将来像に勝ってしまうのですね」

み「なるほど。痩せてスリムな自分を実現するというインセンティブ*1と目の前の美味しいモノを食べたいというインセンティブが戦って、食欲が勝ち越していると太ると言う話ですね」

ポ「なんだ、我慢できないのはアタシのせいじゃないのね。悩んで損したわ」

モ「お姉さん、ソレ違う」

「にゃはは。欲望のコントロールが得意な人もいれば不得意な人もいるわけで、それがダイエットの成功の鍵を握るワケね。そして、どうしても我慢できない人が何度も同じ事を繰り返しちゃうんだ」

ポ「食べちゃイケナイと思うと目の前のお菓子が10倍くらい美味しそうにみえるのよねぇ」

み「では、そんなゼィニィに寄生された人々はどうやって抜け出したらよいのでしょう?」

「ふふふ、それはね・・・選択の自由を奪えばいいんだよ!」

モ「どらねこさん、それは基本的人権をないがしろにする暴言です」

ポ「そうだ!そうだ!この邪狡猫めっ!!」

店「うんうん、基本よね」

「あの〜、本題入って良いモフか?奪うのは自分の選択肢であるところがポイントね」

モ「?」

「どんなに固く決心していても、いざ食べ物を目の前にするとついつい手が…って事よくあるじゃない? 逆に言うと、食べ物さえ無ければちゃんと決心できるのだから、いざ食べ物を目の当たりにしても食べちゃわないように『あらかじめ』自分を縛っておくんだよ。理性のあるうちにね」

店「縛られているウチに内なる欲望に気が付くのね?」

み「なにそれこわい

「自分だけでは難しいときには周囲の人に協力を頂くと良いですね。ほら、例えばこんな具合に!」

f:id:doramao:20120518193825j:image

f:id:doramao:20120518193824j:image

f:id:doramao:20120518193823j:image

講談社ちばてつや、高森朝雄著 あしたのジョー8巻p59より

店「あら。なつかしいわね〜」

モ「随分昔のマンガみたいですけど、有名なのですか?」

店「……いつ頃のマンガなのかしら〜。読んだ事無いからわからないわ〜。最近のマンガじゃ無いからわからないわ〜」

み「そこに突っ込むと危険そうだからスルーとして。冷静なうちに冷静じゃなくなる時の対応をしておくということですね。でなければ周囲の協力を仰ぐ、と」

「たとえば、甘い物が出てくるのがわかっていたら、その前に甘みを感じなくなるお茶を飲むとかは比較的ソフトな縛りだね。お金持ってたら買い食いしちゃう、だったらお金を持たないで外出する、とか。行動を束縛する方法は色々ありそうだよ」

ポ「食べても痩せる方法を提案してくれるのかと思ったら、とんだ期待はずれだわ、ケッ」

み「いや、それは無理だからと言う話、前回までしてたよね?」

ポ「『周囲の協力』の仕方にも依るわよ。例えばこんなのはどう?」

f:id:doramao:20120518193907j:image

f:id:doramao:20120518193906j:image

f:id:doramao:20120518193905j:image

講談社ちばてつや、高森朝雄著 あしたのジョー7巻p189-190より

ポ「ウドンの誘惑に負けたみつどんも、ホラこの通りカロリーリセット」

モ「みつどんさん、鼻からウドンが出てますね」

み「……君たち、どうしてマンモス西をみつどんと呼ぶのかな?」

「(似てる……)」

ポ「まあこんな感じで、お勘定のときお客様に一発ずつボディブローかましていけばお腹スッキリダイエットできるわ!」

店「だめよ、食べ物が勿体ないじゃない。却下」

み「却下するポイントそこですか…」

ポ「じゃあ、食べようと口を開けたところにアッパー?」

「それって、お客さんお金払ってるのに何も食べてないよね?純粋に殴られてるだけだよね?」

ポ「よくある事よ」

み「いや、よくあっちゃいけないんじゃ」

店「だめよポニョちゃん? ちゃんとオプション料金取らなきゃ」

「ご褒美!?」

店「お得意様には良いかもしれないけど、ご新規にそれはちょっと刺激が強すぎるかも知れないわね〜」

モ「そうですね、入院しちゃうからリピーターの獲得には繋がらないかも知れませんね。それに違法だし」

「あー。こうしてみると姉妹だなって気がするね」

新メニュー誕生!?

店「みつどん君でいつまでも遊んでないで、そろそろ新メニューを発表してもらおうかしら?一人一案ね」

ポ「う。え、えーと……そうだ!何もダイエットに拘る必要は無いわよね?

み「土壇場で全否定してきたよこの人!?」

ポ「先ずメニュー全品100円均一にします。そのままじゃ大赤字だから、注文を一回受ける度に100円ずつ加算されるようなシステムにするの。んで、どのオーダーを受けるかはその時にオーダー回数が多い順で決まるのよ!」

「……で、ボクとどんちゃんが客席でオーダーしまくると」

み「どう見てもベ●ーオークションです、本当にダンケシェーン」

店「芸能人に広告頼めるほど資金に余裕がないから却下です」

み「そんなんで良いなら、もっと良い案があるよ。先ずトレーディングカード要素を盛り込んだプロマイドを売ります。そしてスタミナドリンクを一本1,000円で…」

店「却下。それはフォロワーさんにシャレにならない人*2がいるから」

モ「だいたい、[キュート]みつどんSRとか需要無いにもほどがあります」

「(キュート?)まぁ、やっぱりここはダイエットで行こうよ。自由を縛るのが急所、って話をしたよね?こうゆうのはどうだろう――オーダーダイエットプログラム!」

ポ「なにそれ?ダイエット合宿みたいなモノ?」

「ふふふ、栄養バランスにこだわったオーダーメイドダイエットメニューを毎日提供するプログラムに加入して貰うんだ。前金制がポイント!」

モ「お客さんをお店に縛り付けるんですね」

「そう。前払いの金額をでかくすれば、一度始めてしまえば後戻りが難しいところがミソ。万が一離脱しても、店としては逆にオイシイわけ!」

ポ「おぬしも悪よのう」

モ「でも、お客さん一人一人にオーダーメイドで調整したメニューを提供するのは難しくないですか?給食や病院食と違って必ずウチで食べてくれるとは限りませんし」

み「試しにボクのオーダーメイドメニューを考えてよ」

「ハイ、煮干し一匹」

店「まあ、尾頭付きね」

ビタミンも必要だから丸ごと内臓を食べられる魚を選んだよ?」

み「いや、あの、どうみても小さすぎますよねコレ」

「ホント仕方の無いオッサンだなぁ、ほらよ!ドン」

ポ「活きがいい立派なカツオね」

「あ、頭の方から丸呑みしてね、鱗が引っかからないように」

み「わー、細かい所まで行き届いた配慮だなー。んがぐぐ」

モ「うわぁ、あのお魚さんを丸呑み・・・」

「はい出番!」

ポ「ほいさ」

ドムっ!

み「……逆流性食道炎になったらしゃれにならないので勘弁して下さい」

ダイエットに王道無し!

店「収拾もつかなくなってきたことだし、そろそろモニョ子ちゃんにまとめてもらいましょうか?」

モ「……いいですけど。どらねこさんの話を聞いて思い付いたんですが,カロリー・マイレージなんてどうでしょう?」

み「マイレージというと、移動距離に応じてポイントがたまるアレ?」

モ「はい。通常の日替わり定食と少しカロリーを抑えたダイエット定食を用意して、ダイエット定食を頼んだおかげで減ったカロリー分を記録するんです。グラフ表示してもいいかも」

「にゃるほど。『食べなかったカロリー』を数値化することで我慢を目に見える形に表すのね」

モ「はい。数字が積み重なっていけば、励みにもなるし…」

み「これだけ頑張ったんだから、と行動を「縛る」こともできるし、お店に「縛る」こともできる、と。よくできてるなぁ!」

「うん、いい案だね。摂取カロリーを意識できるし、しかもこれだとライフスタイルに合わせた減量計画を各自で工夫できる」

ポ「まるなげできるのは、面倒なくていいわね」

店「みんな、この案でいいかしら?」

ポ「さんせーい」

店「では、カロリーマイレージの導入と、ダイエット定食を何種類か開発するということで。足掛け4年、みんな、ご苦労さま!」

モ「お疲れ様でしたー!!!!」

 

 

次回予告

み「…え…なに次回? これで終わりでしょ。僕はもう帰ろうかと」

「そろそろニャントロ星で愛車の車検が…」

ポ「何言ってるの。足掛け4年の長期連載がこんなほんわかオチで終われるわけないじゃない」

モ「とりあえず、みつどんさんには何か酷い目に遭ってもらわないと」

み「なにそれスゴイ級こわい。慈悲はない」

店「まあ、それじゃ仕方ないわね」

み「なんでにこやかに荒縄構えてるの!?「縛り」がテーマだから!? イイじゃん、キレイに落ちてたじゃん!」

ポ「だってさ、こんなダイエットエントリー書いてるアナタの体型がそれじゃ説得力ないでしょ?醜い豚がなにを偉そうに、ってなもんよ」

モ「上から目線で言われたくない、とか、まずはお前の体脂肪に言って聞かせろ、とか書かれそうですよね。書かれてないけど」

「それで、なぜ荒縄?」

店「外見だけでもなんとかならないかと思って。ああ、ちゃんと湯通ししてロウソクでケバをとってありますからね?」

み「うわあ安心だ。でもそれ、見た目叉焼だよね?まんま豚だよね!?」

ポ「黙れ豚」

み「ぴぎぃ!」

店「楽しそうに啼いているとこ悪いですけど、とにかくダイエット企画の発案者が豚ちゃんでは困るのよね」

モ「なんとしても、痩せてもらいます!」

「そうゆうことなら、ボクも協力しようかな」

み「え?え?」

ポ「というわけで。次回からはリアルみつどん減量大作戦―早く人間になりたい―をお送りします。ていうか強制的にやらせます」

ダイエットに王道無し。びしびし行くからね」

み「き、聞いてないよ!?」

モ「みなさま、お楽しみに♪」

 

完…?

 

おかしなダイエット シリーズリンク

おかしなダイエット 〜食べ物はお薬じゃないよ編〜

おかしなダイエット〜ナットク?やれやれ大騒動編〜

おかしなダイエット 〜危ない!? 本当は怖かった危険なダイエット編〜

おかしなダイエット 〜正しいダイエット編 きのうなに食べた?〜

おかしなダイエット 〜正しいダイエット編 食べないばかりがダイエットじゃない!?〜

 

番外編

おかしなダイエット番外編 〜おせちなダイエット〜

おかしなダイエット番外編 〜ダイエットさせよう!〜

*1:誘因。経済学的なお話しによくでてくる用語

*2:シャレにならない人……一体なにz4さんなんだ……