Hatena::ブログ(Diary)

浅倉卓司(三日坊主) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016年11月10日 (木)

DM200のネットワーク機能を使ってみた

WiFi設定

 WPS等が使えないのはちょっと残念。

(まあ、キーボードで入力できるので多少マシではある)

 とりあえず自宅とスマホの設定をしておいた。


gmail設定

 設定マニュアルを読むと「アプリパスワードを使えばいい」とあったのでgoogleアカウントを確認してみたところ、特にそういう設定がない。なんで?と思ってgoogleアカウントのヘルプを確認してみたところ「2段階認証を有効にしないとアプリパスワードは使えない」とのこと。2段階認証はすでに有効にしてるつもりだった。うかつ。

 とりあえず2段階認証を有効にしアプリパスワードを生成して無事ポメラに設定したところ、無事ログイン可能になった。アップロード側の設定をした時点でアプリパスワードを閉じてしまったので、ポメラsync用に別途アプリパスワードを発行することになった。両方設定するまで閉じないほうがいいかもしれない(このあたりはアカウントの運用方針にもよるだろうけど)。

 2段階認証を有効にすると(googleのサイトに注意書きがあるけど)既存アプリのパスワード設定もアプリパスワードに変更する可能性があるので、googleアカウントを使っているものは念のためアクセスしてみたほうがよさげ。

(僕はいくつか設定しなおした)


IFTTTを使ってtwitterに投稿する

 DM200のネット機能で使いやすいのはメール送信なので、メール受信をベースにいろいろできるIFTTTのアカウントを作ることにする。

 アカウント作成はポメラ用のgmailアカウントで作ったほうが便利そう(違うアカウントだとメール設定をする必要がある)。

 メール送信でtwitterに投稿するものはレシピがあるのだけど、なぜかそれを有効にできなかったので、自分で適当に設定してみた(設定自体は簡単。需要があれば詳細に説明するけど、どーせ誰か書いてると思われるので、見つけたらそこにリンクを張る予定)。

 最初はメール送信してもtwitterに投稿されず「IFTTTの設定間違えた?」とか思ってたけど、これは単純にファイルのエンコディングがShift_JISになってたためだった(エンコディング変換するフィルタとかあればそれを使うとよさげ)。

 DM200ではファイルのエンコディングを変えることができないので、わざわざ別ファイルを作ることに。今回のような動作テスト的な時だけでなくエンコディングや改行を変えたい時は割とあるので、「ファイルのプロパティで変更できるようにする」「ファイルの保存時に変更できるようにする」あたりができるようになればいいのに。


ポメラsyncを使ってみる

 iOSMacOS端末は持ってないので、gmailで扱えそうな範囲でいろいろ試してみた。

 Androidアプリで同期できそうなものをいくつか試してみたけど、ちゃんと動くのははなさそう(探せばあるのかな…)。

 gmailのフィルタで<アカウント名>+pomera@gmail.comに送ったメールに対して「Notes/pomera_sync」ラベルを付加するようにしたところ、ちゃんとポメラsyncでポメラ側で受け取れるのを確認。ただしポメラ側でエンコディング変換などはしないため、一般的なISO-2022-JPで送ると文字化けしてしまう。このためメール送信時にUTF-8に設定して送信する必要がある。

(これは不便なので、IFTTTにエンコディング変換&メール送信があるなら使いたいところ)


ネットワーク接続には時間が掛かりすぎる

 他の検証記事でも触れているように、「WiFi接続」「ポメラsyncの同期」はそれぞれでかなり時間が掛かってしまう。

 せめて「WiFi接続」だけでも時間が短くなればいいのにと思う。アップロードでのメール送信はそんなに時間が掛かる印象はないので、ここが改善されればアップロードを使いやすくなるため。

 個人的にはbluetoothのPAN接続をよく使ってるので、WiFiだけじゃなくこちらにも対応して欲しいところ。今使っている端末だとbt接続のほうが接続待ちが短いし、bt接続なら繋ぎっぱなしでも消費電力が抑えられるのではないだろうか。

 現状の接続時間だと残念ながらあまり利用しない気がする。

(とはいえ、他端末とネットワークでやりとりできる方法があるのはいざという時に助かるけど)

2016年11月7日 (月)

DM200を軽く使ってみた感想

 結局今回も(5年振りにポメラの新モデル(DM200)を買ってしまったので、使ってみた感想を。

ネットワーク周りはまだ使ってないので、またあとで)

 なお、DM200関連については下記のサイトが充実してました:


禁則処理が一部改善されたけど、自分の望みとはちょっと違った

 僕は行頭に改行がきて欲しくなかったので、「句読点+改行」の時に改行が次の行に送られてしまうのが残念だった。

 改行が1文字だけはみ出る場合は句読点同様に行内に収まるようなので、改行と句読点が同じ処理になっているのかもしれない。

 「句読点+閉じ括弧」の時は句読点が次の行に送られるので、同じような扱いだとよかったのに。あるいは句読点の行頭禁則を(以前のような)閉じ括弧と同様の処理にして、改行だけ特別扱いにしてくれたほうがありがたい。


かな漢字変換はかなり改善されてるように感じる

 話し言葉変換も選べるようになったし、自動学習もするようになったあたりは嬉しいところ。括弧の使い分けに苦労することもなくなった。

(最初から入っている拡張辞書に「アニメ辞書」「エンタメ辞書」「スポーツ辞書」があったりもする。このあたりはアップデートの期待ができないのが残念ではある)

 DM100でATOKの変換に不満だった人にはかなりお薦め。

(ただ現行のATOKと同等ではないので、それを求めるなら厳しい)


画面表示は想像よりよかった

 液晶がちょっと心配だったけど、事前に心配されていたほど悪くはなかった。標準でノングレアのフィルム貼ってくれればよかったのにとは思う(貼るのに失敗したので……)。

 文字表示については明朝体が選べるようになったのがかなりいい。明朝体の場合は白地に黒だと細い線が痩せてしまうので、白黒反転したほうがより見やすい気がする(白地に黒でも細すぎるというほどではない)。

 DM100では視認性の悪かった16ドットや20ドットが結構見やすくなっていて、これなら利用するのも悪くないと思える。12ドットを残してもよかったかもしれない(さすがに厳しいかな)。


複数ファイルを操作する時はかなり便利になった

 以前要望を書いたけど、カーソル位置の記憶が直近30ファイルになったのはかなり良い。これで複数のファイルを切り替える時に非常に使いやすくなった。

 また2画面編集モードがかなり実用的になってて、これなら普通に使える(DM100の時は使う気になれなかった)。このとき参照側のフォントサイズを下げるといい感じ。

 欲を言えば2画面編集はデフォルトで右側を編集状態にしてほしかった(ファイル比較の時は左側に新しいファイルを開く)。アウトラインもそうなってるわけだし。設定で変えられないかなぁ。

 あとはウィンドウ毎のフォントサイズを記憶できたり、ウィンドウ幅を変えられるとさらによくなる気がするけど、さすがに望みすぎか。


その他DM100と変わった点

 ファイルの保存は圧倒的に早くなってる。

 全画面表示で画面を縦に広く使えるようになっているけど、全画面にしなくても1行分広くなっている(ファイル名+ステータス表示が2行だったのが1行になったため)。

 DM100よりDM200のほうが手垢とかが目立つ気がする。


気が向いたら改善して欲しい点

 前述の「禁則処理」「2画面編集」以外で改善して欲しいのは以下の点:

 DM100に比べて起動が遅く感じるのは起動画面がないためかもしれないので、起動画面を出すとよさげ。

(DM100も起動画面が出てから入力可能になるまでは多少待たされるし。DM200は「起動してるのかわからない」のがよくないと思う)

 閉じた状態でPCに接続した時にPCリンク状態になって欲しい気はする(PCリンクしない要望があったのなら、オプションで選択できればいいのだけど)。



 使っていくと気付いた点や要望がいろいろ出てくるかもしれませんが、ちょっと触った感じではこんな印象でした。

2016年6月12日 (日)

劇場版『ガルパン』をいろんな劇場で観てしまった。

 違いがあると聞くと気になってしまって……。


【通常】チネチッタ(川崎)

 チネチッタは音響に力を入れてたような気がして観に行ったんだけど、どうも音響に迫力がなくて残念な気分に。ほとんどの上映は気にならないんだけど、たまに音響に厚みのない上映があるのが不思議*1

 (『ガルパン』上映ではやってないけど)たまにやってるLIVE SOUND上映はいい感じなので常設になって欲しいところ。


【通常】ブルク13(桜木町)

 ブルク13は基本音量が大きいので、『ガルパン』上映に関しては満足度が高くてよかった。

(そのかわり一部の小さいスクリーンでは他スクリーンのサブウーハーの音が漏れてくるので、そういうのが気になる人は気をつけた方がいいかも)


【極上爆音】シネマシティ(立川)

 シネマシティの極上爆音上映はチケット争奪戦状態だったので行けないなあと思ってたけど、正月はちょっとだけ空いてたらしくチケットが取れて行くことに。

 重低音マシマシでいい感じでした。新しく入ったラインアレイスピーカーが気になるけど、もう一度観れる機会が来るかなぁ。


【4DX】イオンシネマみなとみらい(桜木町)

 『ガルパン』を4DXで観るのはかなり良さげ、ということで争奪戦になってるチケットをなんとか確保。

 4DXで観る『ガルパン』は予想以上にいい感じではあったのだけれど、最後列だったためにいろいろ物足りなくもあった。

(それはそれとして、4DXのシートはやたら滑ってずり落ちる感じがあったのだけれど、新しいシートは滑らなくていい感じだった)


【ULTIRA】イオンシネマ幕張(海浜幕張)

 平日に時間が空いたのでもっといい席で4DX観直すか――と思っていたときに偶々「ULTIRA上映がよかった!」と見かけて調べてみると、イオンシネマ幕張の上映がちょうどいい感じに席が空いてたので、試しに行ってみることに。

 ULTIRAってよー知らんかったけど、簡易IMAXみたいな感じ?なのかな。とにかくデカいスクリーンで、音響もいい感じ。

 「ガルパンをIMAXでやって欲しいけど、仕様的に無理だよなぁ…」と思ってたので、かなり満足度が高かったです(トータルでは一番よかったかも)。


【imm 3D sound】シネマサンシャイン平和島(平和島)

 「imm 3D soundってのもあるよ」と見かけて調べてみるとシネマサンシャイン平和島のみにある設備っぽい。

 割と変則的な上映時間で行くか悩んだけど、「ULTIRAなんてのも観たんだから!」と行くことに。

 (ULTIRAのあとなので余計に)スクリーンちっちゃい! オープニングデモの立体音響凄い! みたいな感じでしたが、『ガルパン』的にはやっぱラストの2対3のバトルっすかねぇ(頭上を通過するブツもいくつかあるし)。


【4DXエクストリーム】シネマサンシャイン平和島(平和島)

 imm 3D soundでシネマサンシャイン平和島のサイトを見てたら「4DXエクストリーム」という効果を最大にした上映もやってるらしいじゃないですか。チケット争奪戦が激しかったのですが、運良くゲット。

 効果最大というだけあって、振動や顔面への水の噴射はなかなか凄かったです。

(前述のように、シートが滑りやすくずり落ちそうになるのは相変わらずでちょっと残念)


【海老名】イオンシネマ海老名(海老名)

 再上映情報を見ていたら「THX」という文字が。「また別形態上映?」とか思ったけど、うっかり色々観ちゃったのでせっかくなので観に行くことに。

 重低音増加やら3Dサウンドやらのおかげでちょっと物足りない感じもあったけど、今まで気づいてなかった音を感じたりできたのはよかった。


【4DX効果マシマシ】イオンシネマみなとみらい(桜木町)

 効果マシマシも気になるし、前方の席で観たいなぁと思って再度4DXに行くことに。

 エクストリームほど極端な感じではなかったけど、メリハリが付いてていい感じでした。特に雨+強風での嵐の感じはエクストリームよりよかった印象(座席位置がよかったからかもだけど)。

 以前観た4DX(エクストリーム含む)上映の時と効果演出が微妙に変わって今回の効果マシマシ上映はよりいい感じになってた気がするんだけど、実際どうだったんだろう?

(なので、4DXと効果マシマシの両方観た人の感想がちょっと気になる)


 シネマシティとイオンシネマ幕張の上映が進化するらしく、これらも気になるとこですが。行けるかなぁ。


2016/06/16追記

b:id:jingi469

複数回鑑賞している人が当たり前のように居るのでガルパンは恐ろしい。空いてきたら立川には行ってみたいと思い続けているが、果たしてそんな日は来るのか。

2016/06/14 03:45

 まあ『ガルパン』に限らず複数鑑賞することはありますし、上映方式の違いが気になって行く事もあったりします(立体視とか。あれって劇場のサイトに方式書いてなくて困るんですよね…)。

 それにしても9回は(うち3回が4DXだとしても)ちょっと行き過ぎた気がします(苦笑)。


b:id:ckom

「4DXマシマシ」は「動き以外」の効果マシマシなのですよね。その意味で動きMAXの平和島EXは貴重でした。稲敷も凄かったそうですが。

2016/06/14 09:26

 b:id:ckomさんなら4DXの違いを詳しく書いてるに違いない!とブログを見にいったら書かれてないじゃないですか(苦笑)。そのうち詳しく解説して欲しいです。

 あと、4DXのシートの違いは導入時期の違いじゃないかと思ってます(イオンシネマみなとみらいは赤いシートです)。


b:id:kaitoster

イオンシネマ幕張のULTIRA上映が一番のオススメなのか。

2016/06/14 10:53

 やたらとシネマシティばかり取りあげられていますが(あれはあれでもちろん凄いですが)、スクリーンと音響のバランスだとULTIRAがよい気がしますので、機会があるなら是非に。

(極上爆音とULTIRAの更に強化版が上映されてますが、どちらか選べと言われたULTIRAにすると思います。――まあ、シネマシティは自分が行かなくても上映続きそうってのもなくはないですが)


b:id;maxk1

劇場ごとの違いを文章化できるってのもなんか凄いな。

2016/06/14 12:48

 半年前の事を思い出しながらざっくり書いただけなので、全然文章化できてなくてすみません。多分ckomさんの記事のほうが詳しいです。

 『ガルパン』に限らない話で劇場毎の違いならもうちょっと書けなくもないですが(例えばブルク13は肘掛けが左右にあっていい、とかね)。――そういや劇場(+スクリーン)の評価サイトってどっかにあるのかな。


b:id:cider_kondo

都会っていいなあ(徳島並感

2016/06/14 13:19

 地方出身者としては「全くもってその通り」と思うのですが、他方で都市圏にいても腰が重くて案外あちこちに行けな(行かな)かったりして、それはそれで「もったいないなあ」という反省から、近年は「行けそうなら行こう」と行動するようにしてるのですが……。それでも全然行けてないのはダメですね。


b:id:c_shiika

4DXとか爆音は前の方の席で見たほうが臨場感あって楽しめるなとは思った

2016/06/14 13:38

 4DXはおそらく前方を選ぶのが良いです(ただまあ、そもそも列が少なくて選べなかったりもしますが)。

 爆音は――シネマシティはスクリーン的には前方はややイマイチな気がするので、中央のほうがいんじゃないかな。取れないけど。

(劇場によってお薦めポイントが違うと思います。チネチッタは中央やや後方がよかったりしますし)

*1:それとは別に、輝度ムラを感じるスクリーンがあるのは残念。

2016年2月4日 (木)

艦これとスクストの似てる点・違う点

 長期間遊んでいるソシャゲーが艦これとスクストくらいなので、似てる点がそれなりに多いのかな?と思って振り返ってみた。

(そういや15年くらい前にやってた『The Tresure of Genum(以下、ToG)』も結構やってたんで、それについても触れます)


レスポンスが快適

 待たされるゲームはイライラするので続かない。

 僕がやってたタイミングだと艦これも以外と重くなかったですし(イベントやメンテ直後で一時的に重いことはあっても、ずっと重かったことはなかった)。

 スクストは超快適。他もこれくらい待たされないならもうちょっと続けるのに。

(ToGも雑誌に広告が載った時以外は快適だった)


中途半端なゲームをする必要がない

 ソシャゲーをいくつかやってみたけど、中途半端なゲームをやらされるくらいならそんな要素はないほうがいいと感じる。

 艦これはリソース管理ゲーという話があったけど、そのあたりはスクストも同じ。

 リソース管理ゲーをゲームと認めない人もいるだろうけど。時間回復やガチャ要素があるとリソース管理ゲーという面が出てくるし、それを他のゲームを混ぜてゲームバランスをとるのは難易度高い気がしてる。

(ToGはデッキ構築によるメタゲームを楽しむ感じだった記憶。ああいう感じのゲームもよいので、どっかにないかな)


難易度・報酬のバランスがよい

 このあたりは個人の趣味にもよるだろうけれど。

 「何も考えてないんじゃない?」「ちょっとは考えてるみたいだけど計算してないだろ」みたいなゲームもあるので、ちゃんと考えて計算してる(ように見える)のはポイントが高い。

(ToGもゲームバランスは大変優れていた記憶)


 ――あれ、似てるのはこんなもんかな。

 この辺を押さえてるゲームなら楽しめそうなので(上の方が優先度が高い)、そのうち見つかるといいのだけど。

 以下、違う点。


コレクション

 艦これは艦娘のコレクションが楽しい。

 スクストは衣装やカードを全部集めようって感じはない。推しキャラの衣装は欲しいけど。

(ToGはキャラカードのコレクションがあった)


キャラ

 艦これは1キャラ数枚のイラストで、キャラが沢山。

 スクストはキャラ少な目。ポリゴンキャラの着せ替えやモーションが楽しい。

(ToGは基本的にカードイラストのみ)


ストーリー

 艦これは明示的なストーリーはない。代わりにキャラの台詞が思わせぶりで、妄想が捗る。

 スクストはメインストーリーもそれなりに面白いけど、ちょいちょい入る寸劇が楽しい。オフィシャルが同人ネタっぽいので、そういう方面には向かない印象。

(ToGは物語ページの連載が更新されてた気がする)


イベント間隔/期間

 艦これは不定期にイベントが始まる感じで、3週間程度かな。

 スクストは月に3種類のイベントがあってループしている。各イベントの期間は1週間程度。

(ToGは毎月1イベントを切り替える感じだった気がする)


ランキング

 艦これのランキングは普通に遊んでいる分には関係ない。

 スクストのランキングは最低ランクの報酬は貰える感じで、遊んでいくとスコア/ランクが上がっていく実感がある。さすがにそろそろ打ち止めかもしれんけど。

(ToGはランキングが3種類あった。デッキ次第で上位も狙えた気がする)

2015年7月12日 (日)

スクストを楽しめているのは、

 スマホでゲームはやらないつもりだったけど、某ゲームのコラボが気になって遊んでみたらびっくりするほどイマイチな出来で「スマホゲーってこんなもんなの? これでみんな遊んでるの?*1」と思っていくつかやってみたのですが、なかなか「これだ!」と思えるゲームを見つけることができず。

 今のところ『スクールガールストライカーズ』だけが楽しめてるので、その理由を改めて考えてみました。


待たされない

 ほとんどのゲームで起動時や操作時にやたらと待たされて、本当にイライラするのですが、スクストでは待たされる事がほとんどないのが素晴らしい。おかげでちょっとした時間がある時にちょこまかと起動/プレイできてます。

 というか、他のゲームはなんであんなに待たされるの? 友人曰く「スクストはちゃんとイチから作ってて、他はUnityとか使ってるから…」との事だけど、Unity使ってるからってだけであんなにイマイチになるのかな?

 この点に関しては他とは比べものにならない印象です。

(そんなに多くのゲームはやってないので、同レベルで待たされないゲームがあるのなら教えて欲しいところです)


重くない

 使ってるスマホがあまり高スペックでないためか*2一部のゲームではやたらと動作が重かったりするのですが、スクストは軽快に動いてくれてストレスが溜まりません。

 これもUnityを使ってない独自開発だからなのかな?と思ったけれど、重くないゲームは他にもいくつかあったので、ゲームの作りによるのだとは思うけれど。

(重いゲームは続けるのがつらいので、割と早い段階でアンインストールしてしまってます。待たされる時間が短いならそっちの方がマシな印象)


初心者(途中参加者)にも優しい

 どのゲームでもイベントがあるけれど、スクストはイベントに強制(自然に)参加させられる点がよかったです。イベントをプレイヤーが選ばなくちゃいけないのはちょっと敷居が高いわけですよ。

 ほぼ強制参加ではあるけれど初心者(レベルが低い)だから歯が立たないってことはないし、参加賞的なアイテムもちゃんと貰えてたので「次のイベントはもうちょっと頑張ろう」って気になったのはポイント高いです。


ガチャの気前もそれなりによい

 スマホゲーと言えばガチャだけど、普通に遊んでてもそれなりにガチャが回せるしレアっぽいのが入手できるのはポイント高い。

 SRやURの入手はそれなりに難しいとはいえSRはボチボチ入手できるし*3、URも補助券を集めれば*4確実に入手できそうな点はポイントが高い。

(他のゲームは入手できそうな気があまりしないですから…)

 それなりに長期間遊んでいれば超レアなアイテム(カード)を入手できそうに見せるのは重要な気がするだけど、他でもそういう施策はやってるんでしょうかね?

(全くないとは思わないけど。どの辺のゲームでやってるのかはちょっと気になる)


お気に入りのキャラを使っててもなんとかなる

 他のゲームを遊んだ印象だと強キャラ(カード)を使わないと(鍛えないと)ゲームを進められない感じがするのだけれど、スクストはお気になキャラを適当に使っててもなんとかなりそうな感じがするのがポイント高い。SRを入手したキャラを優先したほうが有利なんだろうなーとは思うけれど、それ以外のキャラを使っててもゲームの進行には困ってないし。

 他プレイヤーとの競争部分があるので多少なりとも上位ランクを狙おうと思った時は宗旨替えをしてSR持ちのキャラでパーティ編成するかもしれませんが。それよりちびっ子戦隊を作りたい誘惑があるのであいつらのSRメモカが欲しいところ*5


細かい点で気が利いてる

 一部のゲームでは既に読んだインフォメーションを繰り返し表示して鬱陶しかったりするのですが、当然そんなこともないですし。

 初回起動時のダウンロードはどのゲームも長いのですが、スクストは割と早いタイミングでゲームの案内が始まるので*6待たされてる感がなかった気がしますし。

 メンテナンス中も更新時のデータが揃った時点でダウンロードが可能になっているらしく*7、メンテナンス開けですぐにゲームが再開できるのは結構珍しい気がします。

 コラボイベント用のシリアルコードもクリップボードへのコピーが1ボタンでできるようになってたり(コラボ相手のゲームは範囲指定でコピーする必要があって面倒だった)。

 他にも色々な点で気が利いていて*8、「こうなってればいいのに!」とイライラすることがほとんどないのが素晴らしい。


――とかまあそんな感じかな。

 なんというかまあ全体的に「よくできてるなあ」と感じることが多いし、遊んでてストレスをあまり感じないのが気に入ってるんだと思います。

(同じくらいストレス感じないゲームがあるならやりたいところ)

 あとはまあリアルタイムなゲームだと色々困る時が多いので、そうじゃない点がポイント高いんだとは思うけれど。

(ただ、リアルタイムゲームでここまで気が利いててストレスを感じないのに当たってないので、そこが重要なのかどうかはまだちょっと分からない)

*1:友人に聞いたら「たぶんどれもそんなもんだよ」と言ってたけど。

*2:どこかでKirin 910Tはゲーム向きじゃない的な話を見かけた気がするんだけど、実際どうなんだろ?

*3:確実にSRが入手できる確定チケットもそれなりに貰えるし。確定チケット以外でもたまに出てくる。

*4:どうやら1ヶ月1枚程度は入手できそうで、7枚集める必要がある=7ヶ月遊んでいれば1つは入手できそうな感じがする。

*5:今は初期パーティでどこまでやれるかなー?とか思ってるので、変えてないのです。サトカちんが可愛いので変えてないってものあるけど。

*6:その間にダウンロードが続く。

*7:というか、メンテナンスなのを忘れててアクセスすると、タイミングによっては更新データのダウンロードが始まる。

*8:たとえばメモカ強化の導線が複数用意されていたり、ちゃんとバックで元に戻ったり。

1994 | 12 |
2003 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 04 | 06 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 07 |
2016 | 02 | 06 | 11 |

【驚愕】9割パクられた記事をNAVERまとめに削除依頼したら送られてきたマニュアルはこれよ。。。 - KITAMOCCHI TIMES
【やじうまPC Watch】 Windows 10 Mobileでx86アプリが動くようになる可能性が浮上 - PC Watch
こういう観測があったのね。
キュレーションサイトの「闇」に既存メディアは打ち勝てるか|今週もナナメに考えた 鈴木貴博|ダイヤモンド・オンライン
コタツ記事推奨してた自称ジャーナリストもいたしなぁ。
『この世界の片隅に』監督が語る、映画に仕込んだ“パズル”(下) 片渕須直・『この世界の片隅に』監督インタビュー|情熱クロスロード〜プロフェッショナルの決断|ダイヤモンド・
『この世界の片隅に』監督が語る、映画に仕込んだ“パズル”(上) 片渕須直・『この世界の片隅に』監督インタビュー|情熱クロスロード〜プロフェッショナルの決断|ダイヤモンド・
ARM版Windows 10のメリットとは、そして「どんな製品に」搭載されるのか(笠原一輝) - Engadget 日本版
無印Surfaceに使わない理由はないからな/SoC云々あるけど、現状Qualcomm(Snapdragon)専用っぽいので、その辺は気にしてなさげ。
TVアニメ「ユーリ!!! on ICE」公式サイト
リクルート、「アニプラ」など4媒体の全記事を非公開に 「著作権侵害の可能性」 - ITmedia ニュース
炎上中のDeNAにサイバーエージェント、その根底に流れるモラル無きDNAとは(ヨッピー) - 個人 - Yahoo!ニュース
この手の事例って「プロバイダ責任法の悪用」って認識でいいのかな? だとすれば法改正の働きかけだけど、どう改正するのがいいのやら。
「MERY」記事量産の現場 「90分に1本のノルマ」インターンが証言 - withnews(ウィズニュース)