Hatena::ブログ(Diary)

浅倉卓司(三日坊主) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016年6月12日 (日)

劇場版『ガルパン』をいろんな劇場で観てしまった。

 違いがあると聞くと気になってしまって……。


【通常】チネチッタ(川崎)

 チネチッタは音響に力を入れてたような気がして観に行ったんだけど、どうも音響に迫力がなくて残念な気分に。ほとんどの上映は気にならないんだけど、たまに音響に厚みのない上映があるのが不思議*1

 (『ガルパン』上映ではやってないけど)たまにやってるLIVE SOUND上映はいい感じなので常設になって欲しいところ。


【通常】ブルク13(桜木町)

 ブルク13は基本音量が大きいので、『ガルパン』上映に関しては満足度が高くてよかった。

(そのかわり一部の小さいスクリーンでは他スクリーンのサブウーハーの音が漏れてくるので、そういうのが気になる人は気をつけた方がいいかも)


【極上爆音】シネマシティ(立川)

 シネマシティの極上爆音上映はチケット争奪戦状態だったので行けないなあと思ってたけど、正月はちょっとだけ空いてたらしくチケットが取れて行くことに。

 重低音マシマシでいい感じでした。新しく入ったラインアレイスピーカーが気になるけど、もう一度観れる機会が来るかなぁ。


【4DX】イオンシネマみなとみらい(桜木町)

 『ガルパン』を4DXで観るのはかなり良さげ、ということで争奪戦になってるチケットをなんとか確保。

 4DXで観る『ガルパン』は予想以上にいい感じではあったのだけれど、最後列だったためにいろいろ物足りなくもあった。

(それはそれとして、4DXのシートはやたら滑ってずり落ちる感じがあったのだけれど、新しいシートは滑らなくていい感じだった)


【ULTIRA】イオンシネマ幕張(海浜幕張)

 平日に時間が空いたのでもっといい席で4DX観直すか――と思っていたときに偶々「ULTIRA上映がよかった!」と見かけて調べてみると、イオンシネマ幕張の上映がちょうどいい感じに席が空いてたので、試しに行ってみることに。

 ULTIRAってよー知らんかったけど、簡易IMAXみたいな感じ?なのかな。とにかくデカいスクリーンで、音響もいい感じ。

 「ガルパンをIMAXでやって欲しいけど、仕様的に無理だよなぁ…」と思ってたので、かなり満足度が高かったです(トータルでは一番よかったかも)。


【imm 3D sound】シネマサンシャイン平和島(平和島)

 「imm 3D soundってのもあるよ」と見かけて調べてみるとシネマサンシャイン平和島のみにある設備っぽい。

 割と変則的な上映時間で行くか悩んだけど、「ULTIRAなんてのも観たんだから!」と行くことに。

 (ULTIRAのあとなので余計に)スクリーンちっちゃい! オープニングデモの立体音響凄い! みたいな感じでしたが、『ガルパン』的にはやっぱラストの2対3のバトルっすかねぇ(頭上を通過するブツもいくつかあるし)。


【4DXエクストリーム】シネマサンシャイン平和島(平和島)

 imm 3D soundでシネマサンシャイン平和島のサイトを見てたら「4DXエクストリーム」という効果を最大にした上映もやってるらしいじゃないですか。チケット争奪戦が激しかったのですが、運良くゲット。

 効果最大というだけあって、振動や顔面への水の噴射はなかなか凄かったです。

(前述のように、シートが滑りやすくずり落ちそうになるのは相変わらずでちょっと残念)


【海老名】イオンシネマ海老名(海老名)

 再上映情報を見ていたら「THX」という文字が。「また別形態上映?」とか思ったけど、うっかり色々観ちゃったのでせっかくなので観に行くことに。

 重低音増加やら3Dサウンドやらのおかげでちょっと物足りない感じもあったけど、今まで気づいてなかった音を感じたりできたのはよかった。


【4DX効果マシマシ】イオンシネマみなとみらい(桜木町)

 効果マシマシも気になるし、前方の席で観たいなぁと思って再度4DXに行くことに。

 エクストリームほど極端な感じではなかったけど、メリハリが付いてていい感じでした。特に雨+強風での嵐の感じはエクストリームよりよかった印象(座席位置がよかったからかもだけど)。

 以前観た4DX(エクストリーム含む)上映の時と効果演出が微妙に変わって今回の効果マシマシ上映はよりいい感じになってた気がするんだけど、実際どうだったんだろう?

(なので、4DXと効果マシマシの両方観た人の感想がちょっと気になる)


 シネマシティとイオンシネマ幕張の上映が進化するらしく、これらも気になるとこですが。行けるかなぁ。


2016/06/16追記

b:id:jingi469

複数回鑑賞している人が当たり前のように居るのでガルパンは恐ろしい。空いてきたら立川には行ってみたいと思い続けているが、果たしてそんな日は来るのか。

2016/06/14 03:45

 まあ『ガルパン』に限らず複数鑑賞することはありますし、上映方式の違いが気になって行く事もあったりします(立体視とか。あれって劇場のサイトに方式書いてなくて困るんですよね…)。

 それにしても9回は(うち3回が4DXだとしても)ちょっと行き過ぎた気がします(苦笑)。


b:id:ckom

「4DXマシマシ」は「動き以外」の効果マシマシなのですよね。その意味で動きMAXの平和島EXは貴重でした。稲敷も凄かったそうですが。

2016/06/14 09:26

 b:id:ckomさんなら4DXの違いを詳しく書いてるに違いない!とブログを見にいったら書かれてないじゃないですか(苦笑)。そのうち詳しく解説して欲しいです。

 あと、4DXのシートの違いは導入時期の違いじゃないかと思ってます(イオンシネマみなとみらいは赤いシートです)。


b:id:kaitoster

イオンシネマ幕張のULTIRA上映が一番のオススメなのか。

2016/06/14 10:53

 やたらとシネマシティばかり取りあげられていますが(あれはあれでもちろん凄いですが)、スクリーンと音響のバランスだとULTIRAがよい気がしますので、機会があるなら是非に。

(極上爆音とULTIRAの更に強化版が上映されてますが、どちらか選べと言われたULTIRAにすると思います。――まあ、シネマシティは自分が行かなくても上映続きそうってのもなくはないですが)


b:id;maxk1

劇場ごとの違いを文章化できるってのもなんか凄いな。

2016/06/14 12:48

 半年前の事を思い出しながらざっくり書いただけなので、全然文章化できてなくてすみません。多分ckomさんの記事のほうが詳しいです。

 『ガルパン』に限らない話で劇場毎の違いならもうちょっと書けなくもないですが(例えばブルク13は肘掛けが左右にあっていい、とかね)。――そういや劇場(+スクリーン)の評価サイトってどっかにあるのかな。


b:id:cider_kondo

都会っていいなあ(徳島並感

2016/06/14 13:19

 地方出身者としては「全くもってその通り」と思うのですが、他方で都市圏にいても腰が重くて案外あちこちに行けな(行かな)かったりして、それはそれで「もったいないなあ」という反省から、近年は「行けそうなら行こう」と行動するようにしてるのですが……。それでも全然行けてないのはダメですね。


b:id:c_shiika

4DXとか爆音は前の方の席で見たほうが臨場感あって楽しめるなとは思った

2016/06/14 13:38

 4DXはおそらく前方を選ぶのが良いです(ただまあ、そもそも列が少なくて選べなかったりもしますが)。

 爆音は――シネマシティはスクリーン的には前方はややイマイチな気がするので、中央のほうがいんじゃないかな。取れないけど。

(劇場によってお薦めポイントが違うと思います。チネチッタは中央やや後方がよかったりしますし)

*1:それとは別に、輝度ムラを感じるスクリーンがあるのは残念。

2016年2月4日 (木)

艦これとスクストの似てる点・違う点

 長期間遊んでいるソシャゲーが艦これとスクストくらいなので、似てる点がそれなりに多いのかな?と思って振り返ってみた。

(そういや15年くらい前にやってた『The Tresure of Genum(以下、ToG)』も結構やってたんで、それについても触れます)


レスポンスが快適

 待たされるゲームはイライラするので続かない。

 僕がやってたタイミングだと艦これも以外と重くなかったですし(イベントやメンテ直後で一時的に重いことはあっても、ずっと重かったことはなかった)。

 スクストは超快適。他もこれくらい待たされないならもうちょっと続けるのに。

(ToGも雑誌に広告が載った時以外は快適だった)


中途半端なゲームをする必要がない

 ソシャゲーをいくつかやってみたけど、中途半端なゲームをやらされるくらいならそんな要素はないほうがいいと感じる。

 艦これはリソース管理ゲーという話があったけど、そのあたりはスクストも同じ。

 リソース管理ゲーをゲームと認めない人もいるだろうけど。時間回復やガチャ要素があるとリソース管理ゲーという面が出てくるし、それを他のゲームを混ぜてゲームバランスをとるのは難易度高い気がしてる。

(ToGはデッキ構築によるメタゲームを楽しむ感じだった記憶。ああいう感じのゲームもよいので、どっかにないかな)


難易度・報酬のバランスがよい

 このあたりは個人の趣味にもよるだろうけれど。

 「何も考えてないんじゃない?」「ちょっとは考えてるみたいだけど計算してないだろ」みたいなゲームもあるので、ちゃんと考えて計算してる(ように見える)のはポイントが高い。

(ToGもゲームバランスは大変優れていた記憶)


 ――あれ、似てるのはこんなもんかな。

 この辺を押さえてるゲームなら楽しめそうなので(上の方が優先度が高い)、そのうち見つかるといいのだけど。

 以下、違う点。


コレクション

 艦これは艦娘のコレクションが楽しい。

 スクストは衣装やカードを全部集めようって感じはない。推しキャラの衣装は欲しいけど。

(ToGはキャラカードのコレクションがあった)


キャラ

 艦これは1キャラ数枚のイラストで、キャラが沢山。

 スクストはキャラ少な目。ポリゴンキャラの着せ替えやモーションが楽しい。

(ToGは基本的にカードイラストのみ)


ストーリー

 艦これは明示的なストーリーはない。代わりにキャラの台詞が思わせぶりで、妄想が捗る。

 スクストはメインストーリーもそれなりに面白いけど、ちょいちょい入る寸劇が楽しい。オフィシャルが同人ネタっぽいので、そういう方面には向かない印象。

(ToGは物語ページの連載が更新されてた気がする)


イベント間隔/期間

 艦これは不定期にイベントが始まる感じで、3週間程度かな。

 スクストは月に3種類のイベントがあってループしている。各イベントの期間は1週間程度。

(ToGは毎月1イベントを切り替える感じだった気がする)


ランキング

 艦これのランキングは普通に遊んでいる分には関係ない。

 スクストのランキングは最低ランクの報酬は貰える感じで、遊んでいくとスコア/ランクが上がっていく実感がある。さすがにそろそろ打ち止めかもしれんけど。

(ToGはランキングが3種類あった。デッキ次第で上位も狙えた気がする)

2015年7月12日 (日)

スクストを楽しめているのは、

 スマホでゲームはやらないつもりだったけど、某ゲームのコラボが気になって遊んでみたらびっくりするほどイマイチな出来で「スマホゲーってこんなもんなの? これでみんな遊んでるの?*1」と思っていくつかやってみたのですが、なかなか「これだ!」と思えるゲームを見つけることができず。

 今のところ『スクールガールストライカーズ』だけが楽しめてるので、その理由を改めて考えてみました。


待たされない

 ほとんどのゲームで起動時や操作時にやたらと待たされて、本当にイライラするのですが、スクストでは待たされる事がほとんどないのが素晴らしい。おかげでちょっとした時間がある時にちょこまかと起動/プレイできてます。

 というか、他のゲームはなんであんなに待たされるの? 友人曰く「スクストはちゃんとイチから作ってて、他はUnityとか使ってるから…」との事だけど、Unity使ってるからってだけであんなにイマイチになるのかな?

 この点に関しては他とは比べものにならない印象です。

(そんなに多くのゲームはやってないので、同レベルで待たされないゲームがあるのなら教えて欲しいところです)


重くない

 使ってるスマホがあまり高スペックでないためか*2一部のゲームではやたらと動作が重かったりするのですが、スクストは軽快に動いてくれてストレスが溜まりません。

 これもUnityを使ってない独自開発だからなのかな?と思ったけれど、重くないゲームは他にもいくつかあったので、ゲームの作りによるのだとは思うけれど。

(重いゲームは続けるのがつらいので、割と早い段階でアンインストールしてしまってます。待たされる時間が短いならそっちの方がマシな印象)


初心者(途中参加者)にも優しい

 どのゲームでもイベントがあるけれど、スクストはイベントに強制(自然に)参加させられる点がよかったです。イベントをプレイヤーが選ばなくちゃいけないのはちょっと敷居が高いわけですよ。

 ほぼ強制参加ではあるけれど初心者(レベルが低い)だから歯が立たないってことはないし、参加賞的なアイテムもちゃんと貰えてたので「次のイベントはもうちょっと頑張ろう」って気になったのはポイント高いです。


ガチャの気前もそれなりによい

 スマホゲーと言えばガチャだけど、普通に遊んでてもそれなりにガチャが回せるしレアっぽいのが入手できるのはポイント高い。

 SRやURの入手はそれなりに難しいとはいえSRはボチボチ入手できるし*3、URも補助券を集めれば*4確実に入手できそうな点はポイントが高い。

(他のゲームは入手できそうな気があまりしないですから…)

 それなりに長期間遊んでいれば超レアなアイテム(カード)を入手できそうに見せるのは重要な気がするだけど、他でもそういう施策はやってるんでしょうかね?

(全くないとは思わないけど。どの辺のゲームでやってるのかはちょっと気になる)


お気に入りのキャラを使っててもなんとかなる

 他のゲームを遊んだ印象だと強キャラ(カード)を使わないと(鍛えないと)ゲームを進められない感じがするのだけれど、スクストはお気になキャラを適当に使っててもなんとかなりそうな感じがするのがポイント高い。SRを入手したキャラを優先したほうが有利なんだろうなーとは思うけれど、それ以外のキャラを使っててもゲームの進行には困ってないし。

 他プレイヤーとの競争部分があるので多少なりとも上位ランクを狙おうと思った時は宗旨替えをしてSR持ちのキャラでパーティ編成するかもしれませんが。それよりちびっ子戦隊を作りたい誘惑があるのであいつらのSRメモカが欲しいところ*5


細かい点で気が利いてる

 一部のゲームでは既に読んだインフォメーションを繰り返し表示して鬱陶しかったりするのですが、当然そんなこともないですし。

 初回起動時のダウンロードはどのゲームも長いのですが、スクストは割と早いタイミングでゲームの案内が始まるので*6待たされてる感がなかった気がしますし。

 メンテナンス中も更新時のデータが揃った時点でダウンロードが可能になっているらしく*7、メンテナンス開けですぐにゲームが再開できるのは結構珍しい気がします。

 コラボイベント用のシリアルコードもクリップボードへのコピーが1ボタンでできるようになってたり(コラボ相手のゲームは範囲指定でコピーする必要があって面倒だった)。

 他にも色々な点で気が利いていて*8、「こうなってればいいのに!」とイライラすることがほとんどないのが素晴らしい。


――とかまあそんな感じかな。

 なんというかまあ全体的に「よくできてるなあ」と感じることが多いし、遊んでてストレスをあまり感じないのが気に入ってるんだと思います。

(同じくらいストレス感じないゲームがあるならやりたいところ)

 あとはまあリアルタイムなゲームだと色々困る時が多いので、そうじゃない点がポイント高いんだとは思うけれど。

(ただ、リアルタイムゲームでここまで気が利いててストレスを感じないのに当たってないので、そこが重要なのかどうかはまだちょっと分からない)

*1:友人に聞いたら「たぶんどれもそんなもんだよ」と言ってたけど。

*2:どこかでKirin 910Tはゲーム向きじゃない的な話を見かけた気がするんだけど、実際どうなんだろ?

*3:確実にSRが入手できる確定チケットもそれなりに貰えるし。確定チケット以外でもたまに出てくる。

*4:どうやら1ヶ月1枚程度は入手できそうで、7枚集める必要がある=7ヶ月遊んでいれば1つは入手できそうな感じがする。

*5:今は初期パーティでどこまでやれるかなー?とか思ってるので、変えてないのです。サトカちんが可愛いので変えてないってものあるけど。

*6:その間にダウンロードが続く。

*7:というか、メンテナンスなのを忘れててアクセスすると、タイミングによっては更新データのダウンロードが始まる。

*8:たとえばメモカ強化の導線が複数用意されていたり、ちゃんとバックで元に戻ったり。

2015年4月3日 (金)

FlashAirとポメラで遊ぶのは面白そう

 FlashAirがLuaに対応したことで色々遊べる幅が広がるかなーと思って買ってきました。主にポメラで利用するために。


 ちょっと探してみたらポメラで書いたLuaを動かしてたりしてる人がいたので簡単に遊べるんだろうなーとか思ってポメラに差してアクセスしようとしてみたところ、全然アクセスできない。

 しばらく悩んでいたところ、ポメラのメニュー(ツール)に「FlashAir」の項目があることを発見――ちなみに買った当初はなく、いつぞやのアップデートで増えた項目らしいので、存在に気付いてなかったという……。

 メニューで「ファイル転送」を選ぶことでFlashAirのネットワークまわりが起動するっぽい。確かにそんな風にしないと電池食い過ぎるもんねぇ。デジカメだと画像ファイルの保護設定とかで制御できるらしいけど、ポメラだとそんな事できないし。


 その後はスマホでアクセスしてみたりしてたわけですが、Wi-Fiのアクセスポイントとして接続しなくちゃいけなくて、ちょっとめんどくさい。つか、その状態だとポメラ→スマホ→インターネットってうまく動かないんじゃね? とか思ってたところ、上級向け的な所に色々書いてあった。とりあえずステーション(ST)として動くモードにすれば自宅Wi-FiやスマホWi-Fi(テザリング)に接続できるっぽい。


 なるほどなーと思ったけど、自宅とスマホの切り替えのために毎回SSIDとパスワードを設定するのはさすがにちょっとめんどくさい。CONFIG書き換えればいいみたいだけど、直接ファイルを編集するにはPCにFlashAirを差す必要があって面倒。

 config.cgiを使うとそのへんを設定できそうなので、「自宅」「スマホ」の設定を書いたHTMLを用意しておけば

  • スマホからアクセスポイント(AP)としてFlashAirにつなぐ
  • 設定HTMLにアクセスし、切り替える(cgiを叩く)

――でいけそうな気がする。

(FlashAirはインターネット同時接続モードにする必要がある)


 ただHTMLに生でパスワード書くのはイケてない気がするので、Lua

  • 複数設定を書いたファイルを読み込んでそれを選択させ、
  • 設定に書かれてあるSSID+パスワードを設定する

――みたいなcgiを作ればいいんじゃないかな?

 いや、Luaを使うなら

  • ディレクトリにあるCONFIGファイル一覧を表示
  • 指定したCONFIGファイルを /SD_WLAN/CONFIG に上書きする

――にしたほうが応用が利くかなあ。

(たとえばhome.txtやandroid.txtを/SD_WLAN/CONFIGに上書きする感じ。これならポメラでも編集できるしね)


 ……つか、既に誰か作ってない ですかね?

2015年3月23日 (月)

漫画アプリを試してみた(コミックアーススター)

 延び延びになってたコミックアーススターのアプリがようやくリリースされたということで試してみました。小竹田貴弘さんの『ろくがく深海生物部』も読みたいし。

 インストール時に「決済設定しろ」的なアラートが出てたけど、あれは何故なんだろう?(他のアプリでは出ないので)

 最初はスキップできるのに気づかず、利用するのを諦めるとこでした。


印象

アプリのレスポンス悪い
ビュワーのレスポンス悪い
ボリュームによるページ送り不可
お気に入り作品の登録不可
漫画を選択してから読み始めるまで長い
ネット接続不可の環境での利用おそらく可能
作品数普通

 アプリの出来がイマイチで、リリースに手間取ったのは単に作れる人がいなかったからなのかもしれない、とか思ったり。

 ちなみにビュワーはモリサワのMCComic。他の出版社系(MangaONEを除く)はACCESSのPUBLUSだけど、どちらにしても既存のモノを使ってるのはだいたいアプリの出来が悪いんですよね。

 既存のモノを使う=開発者の確保ができないケースが多くて、インターフェイス部分もアプリで作り込まずにウェブビューでなんとかしようとしてるのが出来の悪さに繋がってるんじゃないかな?という気がしてます。

(それはそれとして、アプリの出来がウェブサイトよりも悪いケースがそれなりにあるのが気になってます。アプリでウェブビューを呼び出すと重くなるの?)


 作品的には今までアーススターがやってきた色々が詰まってる感じだし知ってる作家もいるので利用を継続したい気はするんだけど、経験則だとアプリが使いづらいとなかなか続かないんですよね。

(少なくとも「ちょっと気になる」作品だと続かない)

1994 | 12 |
2003 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 04 | 06 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 07 |
2016 | 02 | 06 |