スマートフォン用の表示で見る

鍼灸

一般

鍼灸

しんきゅう

東洋医学の一種。

はり(鍼)治療ときゅう(灸)治療に分かれる。それぞれ「鍼を打つ」、「灸をすえる」という。

はり治療は、金属製の「鍼」で経絡を刺激することによって自然治癒力を促進させるもの。きゅう治療は、経穴(ツボ)にもぐさを置いて燃やすことによって熱刺激を加える。

日本では1993年より、はり師・きゅう師厚生労働大臣によって免許が与えられる国家資格になった。