baddreamfancydresser 過去ログ(2004-2007) このページをアンテナに追加

2008-07-01

このサイトについて(レビューの見方等)

baddreamfancydresser(閉鎖)の、2004年から2007年までのレビュー過去ログ)です。

<'04分>

<'05分>

<'06分>

<'07分>

2007-03-10

「リビドー・ガールズ 女子とエロ 」

リビドー・ガールズ―女子とエロ

リビドー・ガールズ―女子とエロ

<内容>

 禁断のエステサロン 辛酸なめ子

肉編

 座談会 文化系女子ヰタ・セクスアリス

 私のようなイタい女たちに贈るAVガイド 雨宮まみ

 女の子のためのロマンポルノ鑑賞ガイド 真魚八重子

 少女たちは欲情する――エッチ少女マンガ現在 堀越英美

 エロ小説 脳で感じるエクスタシー みくにまこと

 B系及びレゲエダンスの過剰なセクシーの行く先について 雨宮まみ

 おもしろエロサイト巡り 堀越英美

きのこ

 座談会 ガールズ・リビドー、道程と行方と

 この世に残された最後の楽園はボーイズラブだぜ、ベイベー 金巻ともこ

 やおいスラッシュが出会った時代にツカまって スラッシュ

 バカエロ ヌけない悦び みくにまこと

 一度お願いしたいと思う有名人アンケート baddreamfancydresser

お久しぶりです(って最近毎回この出だしだなあ)。「リビドー・ガールズ」という本に、昨年このサイトで行ったアンケートが掲載されております。今までも雑誌書籍で何回かサイトを紹介された事はあるんですが、ここまでがっつりとページを割いて頂いたり、表紙の帯にまで名前が入っていたり(見てびっくりしました)というのは初めてなので、なんだか申し訳ないような、恥ずかしいような。私自身は今回新たに原稿を書いたりはしていないんですが、他の錚々たるライターの皆様の文章がとても面白いので、是非皆様読んでみて下さいね。

*掲載されているのは、このアンケート結果発表!(2006年版) の中の、「単純に一度お願いしたいと思う有名人は?」「その際「せっかくだからこういう事をやってみたい!」ってのあります?」という項目の、女子部門(2票以上のもの)です。私のコメント含め、ほぼこのエントリのまま載っております。

2007-01-27

「拝啓、父上様」

拝啓、父上様 DVD-BOX

拝啓、父上様 DVD-BOX

久しぶりの更新です。今のところ見てるドラマは、これと「華麗なる一族」だけ…。「華麗」の方は「豪華な昼ドラ」として、半笑いで見てるって感じなんですが、「拝啓」はかなりお気に入りです。「優しい時間」は寺尾聡のお父さんや長澤まさみちゃんのキャラがいま一つで、倉本さんの説教臭さも鼻についたけど、ニノの拓郎にめっちゃ萌えてたんだよなあ。それまでは「演技は上手い」とは思ってたけど、ニノ萌えるって事なかったのに。やっぱ倉本脚本と相性いいんだろうか。「拝啓」は一平ももちろんむちゃくちゃかわいいんだけど、他のキャストもみんないい!特に八千草さんに毎週萌え萌えで大変ですよ。かわいいなー夢子さん。高島さんもちょっと肩の力抜けてる感じが色っぽくてかわいいし(「雪乃ちゃん」呼び最高)、梅宮さんや克実もめっちゃかっこいいじゃん。ヨコは思ってたより全然いい役でびっくり。かなりおいしいよ!個人的にお気に入りなのは、「撮影に見切れて入るのが趣味なマスター」ね。この人「優しい時間」にも出てたような。あ、仲居さんにも「森の時計」の従業員がいるよね。

 

一平の「○○なわけで」ってナレーションで、「北の国からみたい!」って思う人多いんだろうけど、ショーケンの「前略、おふくろ様」の方ですよね、これのオマージュは。私、「前略」は見てないんですが、このドラマ見てるととんねるずがやってた「火の用心」(だったと思う)ていうのを思い出すんです。もちろん倉本作品。ゴクミ高校生ぐらいで貴さんの妹役だったから、15年ぐらい前なのかなあ?あれは日本橋の老舗の蕎麦屋が舞台で、やっぱり地上げによる立ち退き問題とかやってたような。でね、そこでも長男の貴さんの事を、突然現れた父親の隠し子(だったと思う)の憲さんとその彼女桃井かおりが、「お兄ちゃん」て呼ぶわけ。もちろんキャラ的に時夫みたいな傍若無人タイプで、貴さん振り回されっぱなしという。「前略」でも桃井かおりは、ショーケンの事「お兄ちゃん」て呼んでたんじゃないかな。

 

まあそんな昔の話はどうでもいいんですが、周りの人に聞くと、このまったりしたテンポがいま一つダメって人も多くて。私は逆にドロドロ系がいま一つ苦手なので、こういうの好きです。倉本さん「優しい時間」の時にも言ってたけど、今のドラマって詰め込み過ぎなとこあるからなあ。これは世界観がしっかり貫かれてるし、ニノを初めとして役者が皆いいので、間が多くても大したエピソードがなくても気にならないです。

 

P.S.全然関係ないんだけど、トラックバックを整理してたら、なんだかごっそりと削除してしまったみたいで…。まあここのところほとんど貰ってないんで、あまり関係ないとは思うんですが。で、ここもちょっと容量がいっぱいになってきてしまったので、過去ログはてなの方に移す予定です。来期は楽しみなドラマがありそうなので、いくつかレビュー復活するかも。

2007-01-16

「アテンションプリーズSP〜洋子、ハワイに飛ぶ〜」

連ドラ見てた当時は、「なんでこれがこんなに視聴率いいんだろう…」って不思議でしょうがなかったんだけど、確かこの次のクールからですよね、全体的にドラマ視聴率がガクっと下がったの。これも夏にやってたら危なかったかも…。そんなラッキーのおかげで(?)、SPまでやっちゃいますか!まあ相変わらずと言えば相変わらずな感じで、ところどころ早送りながら見てました。原田夏希ちゃんのドーランはどうにかならなかったのかしら…。でもダンスは上手かったよね。経験者?上戸さんは相変わらず、極細なのに胸はあって、羨ましいっす。でもそんな細い彩ちゃんと並んでも、更に細い錦戸さん…。なんか久しぶりに動いてる姿じっくり見た気がするんだけど、顔の彫りがより一層深くなってますよ。うーん、もうちょっとお肉付けて欲しいなあ。翔太的には、洋子とまだまだ「友達以上恋人未満」っすか。あれ?25歳じゃなかったっけ?上戸さんはベッドシーンとかもやってるんだし、ボスもそろそろラブシーンぐらいやってもいいのにねー。まあこのドラマはこれで上がりって事で(是非そうしてくれ)、次回作期待してますよ!

2007-01-08

「白虎隊」

白虎隊 DVD-BOX

白虎隊 DVD-BOX

そういえば今年初のエントリでした。あけましておめでとうございます(遅いよ)。えー、もう今期連ドラも始まっていますが、全然事前のチェックもできていないし、レビューも書けないと思います。いくつか見たいと思っているものはあるんですけどね。そんなわけで、こちらはあまり更新ができないかもしれません。すいません。

では本題に入って。「白虎隊」ですが、そんなに悪くなかったと思います。つまりめちゃくちゃ良かったってわけでもないんですけどね…。「母と子」に焦点を当てたのは良いと思うんだけど、幕末歴史の描写はかなり端折っていたので、だったら二夜連続でやるにはちょっと長かったかなと。二日目だけ見ても充分でしたよね。不評そうな現代シーンは、内館先生がこのドラマで何を伝えたいか(だらしない現代の若者とその親に喝!)が、とってもわかりやすかったです。最後、家族が朝から赤ワインを飲み干すっていうのが、めちゃくちゃシュールで怖かったんですけど…あれは一体?あとやはり牧子だわーと思ったのが、「白虎隊」でありながら、どうしても女中心に描いてしまうとこですかね。私、二日間見てて一番かっこいいと思ったのが、峰治でも儀三郎でも容保様でもなく、八重子中越さん)と小夜子(メイサたん)なんだもん。二人とも立ち回り決まってたよねえ!もちろん母親達も強くて素敵。それなのに男達は、皆どこか情けなくてかわいいの。これ、内館ドラマの定番ですからね。

それからこっちは脚本というより演出家の色なんだろうけど、戦闘シーンは結構ハードでしたね。戦ものって割と他人事っぽく見てしまうけど、リアルに「うわ、この場にいたくない!!」って思うような感覚。ついこの間見た「硫黄島からの手紙」を思い出しました。血もドバドバ出てたし、女子供自決とか、頭が半分飛んじゃってお皿あてがってるとか、小夜子が撃たれた瞬間首を斬る母とか、子供が見てたらかなり怖かったのでは。あとやっぱ錦の御旗はトラウマだ!源さん思い出しちゃうよ…。その辺の描写がエグかったので、肝心な儀三郎達の自決シーンとかは、いま一つインパクト足りなかったかも?あと峰治はどうにもぬるかったね。切腹しようとしてから、生きようと考え改めるまでの課程、もうちょっとうまく見せられなかったのかな。それまであれだけ「立派に死ぬ」って言ってたのに、あまりに唐突すぎたような。

ていうかやっぱ山下さんは、ワイルドで迫力のある芝居は苦手だよね。本人の地なんだろうなあ。でも逆を言えば、どんなワルの役をやっても、優しさとかかわいらしさが滲み出て来ちゃうっていうのも、彼の味なわけで。決して上手いとは言えないかもしれないけど、私はリーダーの演技のそういうとこが好きなんだな。今回は実年齢より若い役だったし、そういう幼い子供達が巻き込まれる悲劇、という話なので、頼りなかったり儚げだったりするのは、それはそれでいいんじゃないでしょうか。え?甘いかな?何より見てて美しいもーん!やっぱり美形は、顔がちゃんと見える髪型がいいよ。日新館に入った頃は、まだ12歳とかなんだよね?そう言われてみると、喋り方とか意識して幼くしてたのかな。「峰治は〜」っていうのがむっちゃかわいくてもう。

とりあえず峰治、儀三郎、又八が三人でワキャワキャしてるシーンは、全て萌えでしたねー。蚊帳の中で「触らせろよー!」なんてやってるとこなんて、修学旅行みたいでほんっとかわいくて。だからこそ悲惨さが身にしみるんだよね。普通恋愛フラグ立つのって主人公のような気がするけど、敢えて儀三郎なのも良かった。藤ヶ谷君は時代劇セリフも、一番自然だったんじゃないですか?「下北サンデーズ」でも良かったし、今後ドラマいっぱい出そうですね。田中君は現代劇だとちょっと変な癖が付いて来ちゃってるかな?と最近思ってたけど、時代劇は合ってるかもしれない。ラップやってるだけあって、カツゼツもいいですし。リーダー日記読んでて、SPドラマなのに偉く時間かけて撮影してるなーと思ってたんだけど、実際見てみたら「これは大変だわ」と納得しました。凄く辛かったと思うけど、いい経験したんじゃないかなあ。